真の法律家・行政官を育成する 「伊藤塾」 株式会社 法学館

伊藤塾携帯サイトからでも
ご覧になれます!

2015年7月31日 (金)

第240回 畏れ

試験に向けて勉強をしていると自分の力ではどうしようもないことに遭遇することがあります。どれだけやっても勉強がうまくいかない。仕事が忙しくなって勉強時間がとれなくなってしまった。試験直前に大切な人を亡くしてしまう。事情は人それぞれですが、もうどうしようもないなと諦めてしまいたくなることが必ずあるものです。人の人生に不条理や理不尽は容赦なく襲ってきます。

70年前の夏、この国は悲惨な戦争にやっと終止符を打つことができました。ただ、それまでは理不尽の連続でした。日本に侵略されたアジアの民衆だけでなく、徴兵された市民、学徒動員され散っていった大学生、学問の自由を侵害された研究者、弾圧された宗教者、治安維持法で投獄された自由主義者、そして容赦なく降り注ぐ焼夷弾から逃げ惑う人々などが、権力者たちが始めたどうしようもなく理不尽な戦争に翻弄され痛め続けられました。

今でも社会は理不尽なものです。憲法があるのに、政府与党は戦争法の衆議院採決を強行しました。平和の党とは名ばかりの公明党もこれに反対することはできそうもありません。沖縄では圧倒的多数の民意を無視した基地負担の押しつけと辺野古の軍事要塞建設が、本土の国民が支持してできた中央政府によって強行されています。

天災など人智の及ばない出来事による不条理は受け入れるしかありません。しかし、人間が引き起こす理不尽は、単に黙ってそれを受け入れるだけが私たちの取るべき最善の方法とは思えません。「こんな理不尽を受け入れない」と訴え続けることは必要な対処方法です。理不尽を引き起こす人間においては、多くの場合、自らが理不尽なことをやっているという意識は極めて希薄です。人間である自分の無謬性を否定できず、自分は正しいことをしていると信じて突き進むのです。

人間は誰もが間違いを犯すことがあるというある種の弱さを抱えています。その弱さを隠して大きく強く見せようとするとどこかでほころびが出てしまいます。人間の弱さや愚かさと向き合い、それを受け入れることはとても難しいことです。ですが、自分の力ではどうしようもない不条理なことがあるという、ある意味での自分の無力さ、自分の弱さを知っているから、人は謙虚になれるし、他者への尊敬の念や自然への畏れの気持ちを持つことができるのだと思います。

最近、権力の座についた人々の発言であまりにも知性や品性に欠けるものが多くて残念な気持ちになります。そうした発言に接するたびに、本当の知性や品性そして人間としての強さとは何なのだろうかと考えさせられます。

どんなに優秀な人でも人間であり、間違いを犯すことがある。人は人間である以上、不完全で弱い生き物であることを自覚している人は、強い力を持ったり権力の座についたりしても謙虚でいられます。本当にすごい人は、自分を客観視することができるため、自分の無力さを知っているし、自分よりも優れた、かなわぬ存在がいる可能性を想像できる。何よりも自分の判断が間違っている危険性を想像できるから、その判断に謙虚でいることができます。そして自分の判断にある種の畏れを感じて、常にこれでよいのだろうかと自問自答しながら、その判断に磨きをかけ、ときに間違っていたと気づいたときにはそれを改める勇気を持っているのです。

私の勝手な願いですが、塾生の皆さんには、将来どんなに強い力を持ったとしても、低きに自分の身を置いてものを考えることができるようになってほしい。奢りではなく畏れの気持ちを持つ法律家や行政官でいてほしい。そしてそれ以前に、人として畏れの気持ちを持ち続けることができる謙虚さを持っていてほしいと願っています。

明治初めの台湾出兵から終戦まで、日本は71年間、戦争をし続けた国でした。その日本が戦後70年間、戦争をしない国であり続けました。将来、戦後100年を迎えられるかは、今の私たちにかかっています。今、法律家や行政官になることの意味をしっかりと自覚しながら勉強を続けてほしいと思っています。

伊藤塾ホームページ
Copyright © 伊藤塾/(株)法学館 1996 All Rights Reserved.