伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 本試験への心構え~「公務員」を目指すみなさんへ~ | メイン | 『読むだけで勉強になる!』メールマガジン »

2020年6月30日 (火)

来年受験のみなさんへ―勉強する科目の選択について―

Event001l


 来年受験予定のみなさんのうち、1年コースのみなさんは、この4月前後から学習が始まっています。複数年コースのみなさんは、憲法・民法・行政法・数的処理などの基幹科目については、昨年以前から学習をスタートさせてきました。いずれのコースのみなさんにおいても、これからは伊藤塾で勉強する科目が本格的に増えていきます。そこで、この時期に一言アドバイスしておきたいと思います。

 カウンセリング等でみなさんから結構聞かれることとして、「どの科目を勉強したら良いのか?」というものがあります。これに関連して、みなさんに大前提として言っておきたいのは、公務員試験は「満点を取る必要がない」ということです(1次試験は、7割程度取れればまず大丈夫)。これが意味しているのは、「伊藤塾が提供しているすべての科目を勉強しなければならないということはない」ということであり、また「試験で課される科目すべてを勉強しなければならないということはない」ということです。

 伊藤塾から続々とテキストや『これ完』が届くと、「こんなに大量の勉強が必要なのか」と思ってしまい、気後れすることもあるかもしれません。しかし、そのように感じる必要は、まったくありません。結局、「科目(あるいは科目の中の範囲)をある程度チョイスして、それを勉強すればよい」ということなのです。多大なエネルギーを割いてなんでもかんでも勉強しなければならないということは、まったくないのです。

 基本的には、チョイス候補は、冒頭で挙げた基幹科目や受験予定先で問題数が多い科目、大学受験等で勉強したことのある科目などになります。ただ、実際には、みなさんの併願戦略等によって、科目のチョイスの組み合わせは様々なものになりえます。もし、自分で科目選択に迷いが出たり、併願先の組み合わせによってどの科目を勉強していったらよいのか分からなくなったりしたら、ぜひカウンセリングを利用してください。私たち講師・スタッフが、みなさん一人一人の状況に即しながら、アドバイスしていきます。

担当:松田圭介講師(行政系担当)