伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

公務員への道標

司法書士試験科 講師ブログ

« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月24日 (土)

【大阪梅田校】行政書士合格講座・井内クラス絶賛進行中!

こんにちは。
本日はクリスマス・イヴですが、井内クラスはそんなことを忘れさせてくれるくらい熱い講義が展開されています!

Photo_2

井内講師熱いです!rock
受講生も熱いです!rock
部屋も暑いです!(暖房ききすぎ?coldsweats02
11月に開講した井内クラスは、現在基礎力完成マスターの憲法に入りました。
まだまだ序盤ですので、今からでも追いつくことは十分可能です!shine

あの人が京都校にっ。。。

こんにちは、伊藤塾京都校スタッフ[た]です!

12/24の、クリスマスイブですねxmasxmasxmasshine

京都の街はクリスマスソングでとても賑わっていますnote

本日、24日は京都校にて司法試験のガイダンスを行いました!

クリスマスイブにふさわしい、スペシャルなお方に来ていただきましたよsign01

京都校のブログに出演していただきますsign03sign03

続きを読む »

司法試験合格者スタッフ[As]のコラム~①長期休暇で勉強などとの兼ね合い

Photo
2016年もあと少しとなってきました。クリスマス,大掃除,大晦日,お正月と忙しい毎日が続くと思いますが,体調に気を付けてお過ごしください。
今回は,連載形式で3点書かせていただきたいと思います。ちなみに書いているのは以前に司法試験関連の記事を書いたスタッフ[As]です。

今回1点目は,春休み等の長期休みでの勉強とほかのことの兼ね合いについて,次回2点目は,大学の学部の試験の勉強との兼ね合いないし学部試験の対策,さいご3点目は,少し話が変わりますが,法律実務基礎科目の勉強のイメージです。3点目については,以前の「法科大学院入学前の過ごし方」にも一部関連した内容を書いているので,参考にしていただければ幸いです。

続きを読む »

国総内定者[Iy]のコラム③

こんにちは、国家総合職内定者[Iy]です。今回は、官庁訪問にあたっての準備についてお話をします。

前回:「気をつけろ!官庁訪問中の悲劇①」「気をつけろ!官庁訪問中の悲劇②

続きを読む »

2016年12月23日 (金)

【御茶ノ水校】年末 大掃除を着々と・・・

さて、早いもので2017年まであと10日を切りましたっ!皆さん、大掃除はやりましたか?

Img_1059_9

ご存知のとおり、各試験合格を目指すうえでは学習環境は重要です。

御茶ノ水校では来年も受講生により良い環境で学習に集中してもらいたく、ここ最近は大掃除に取り組んでいます。

先日は校舎長自ら重たい荷物を運んでくださいましたっ(写真)。

さすがに営業中はジャマになるので、営業が終了してから毎日少しずつスタッフが日替わりで着々と片付け、整理整頓をしてます。

各講師の方々は気付いてくれたようで、「あれ、きれいになったんじゃない?」と言ってくださいました♪

本当に少しずつなので、やはり気付いてくださると嬉しいものです。

今後もみなさまに快適に学習してもらえるよう努めてまいりますので、お気付きの点などありましたらお声掛けください。

まだまだ大掃除、頑張ります!

御茶ノ水校スタッフ T

2016年12月21日 (水)

【御茶ノ水校】司法書士 高城クラス決起集会

Img_0540こんにちは。御茶ノ水校です。

写真は、高城ライブクラス決起集会の様子です!

 

高城ライブクラスの皆さんは本試験に向け、日頃から頑張っています。 

その慰労も兼ねて、また、本試験まで「とことんやってやろうぜ」ということで日曜日の講義後に御茶ノ水校近くのタイ料理屋さんで行いました。

高城講師はもちろん宇津木講師、関講師、高橋講師まで参加してくださいました。

高城クラス出身 合格者の方々も駆けつけてくれました♪

 

高城講師の「とことんやってやろうぜ」という気持ちが、受講生のモチベーションを高めながらクラス全体を引っ張っていってます。

そこが多くの受講生に慕われる高城講師の魅力なのです。

写真ではお伝えできないことのほうが多くとても残念です。

ですので!

是非高城講師によるガイダンスに足をお運びください!!

熱い高城講師が直接「司法書士資格とは」や「学習方法」などをはじめ、「実務」についてもお話しますっ。

 

御茶ノ水校スタッフ T

司法修習生に対する給費が復活?!

第1 司法修習って?

 法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)になるには、司法試験に合格した後、1年間の司法修習を終えることが必要です。

 70期生の場合、以下のようになります(その後、11月下旬にいわゆる「二回試験」と呼ばれる試験(「司法修習生考試」)が待っております。)。

・2016/12/2(金)~12/22(木):司法修習所(埼玉)での「導入修習」

・2017/1/4(水)~8/10(木):全国の配属地での「分野別実務修習」

(A班、B班に分かれ、A班の場合)

・8/14(月)~9/25(月):司法修習所での「集合修習」

・9/29(金)~11/15(水):原則として「分野別実務修習」地での、「選択型実務修習」    

  「導入修習」は、前年まで実務修習中のカリキュラムに組み込まれていた講義や起案を、まとめて1ヶ月集中的に実施するものです。  

  「分野別実務修習」は、「民事裁判」「刑事裁判」「検察」「弁護」の4科目について、2ヶ月を1クールとして行われます。  

  「選択型実務修習」は、「分野別実務修習」の深化と補完という趣旨から2ヶ月間行われるものです。弁護修習先の事務所を拠点(ホームグラウンド)とした上で、用意されているプログラムから選択して行います。

第2 司法修習における給費制って?

 さて、以上からしますと、修習生は12月から翌年の11月まで丸1年、修習をしなければならないということになります。修習生はその間、無収入となります。

 2010年11月より以前に採用された修習生は、国家公務員に準ずる身分を与えられ、裁判所法に基づき、国家公務員一種採用者と同等額(本俸20万4200円に各種手当)が支払われていました(給与)。

 しかし、2011年11月からは給与制は廃止、貸与制(18万円〜28万円。無利子。)となりました。理由は、法曹は歯向かってくるばかりでうるさいから、ではなく、ただでさえの財政難、そこへ司法制度改革による司法試験合格者の増加となれば、財政難にますます拍車がかかるからです。  

 しかし、しかし、です。この給費制が、復活しそうであることが明らかとなりました(給費制と貸与制との併用)。来年の通常国会に、給費制度の創設に必要な裁判所法の改正案を提出することが、法務省、最高裁および日本弁護士連合会の3者で合意されたのです。支給額は月13万5,000円。住居費が必要な場合は月3万5,000円を追加し、司法修習に伴う引っ越し代も国が負担するそうです。

 法案が反対に遭い、廃案となる可能性もありますが、給費制に反対する人は大局が見えていないな、と思います。

 確かに、司法試験合格者の多くは弁護士になるのであり、一民間人の育成のために税金を使うのはおかしい、という主張も、一見成り立ちます。

 しかし、弁護士は純粋な一民間人ではありません。ロースクール卒業(あるいは予備試験合格)と司法修習はワンセットで、国が課した義務なのです(「懲役刑3年、罰金刑300万円」なんて揶揄されてます。)。もし、純粋な一民間人なら、ロースクール・修習なんてなくせばいいのです。

  (なお、ロースクールで学ぶ内容は、以前は修習で(従って、給費により)行われていました。今は逆に、学生・親等がロースクールに給付しているのです。)。

 実質的に考えても、ロースクール時の学費および修習時の無収入並びに経過する時間を考えれば、また、(弁護士は儲かるから払わせればいいのだ、と言う人もいますが)今は昔と異なり弁護士になれば左団扇(うちわ)、というわけにはいかないことを考えれば、弁護士になろうなんて人は確実に減ります。

 それは、社会人・他学部生等多様な人物を法曹に、という司法制度改革の理念からは外れるでしょう。また、弁護士がいなくなったら、裁判制度は成り立ちません(従って、憲法違反の可能性も出てきます。無給なら、労働法違反の可能性もあるでしょう。)。

 借金を背負って弁護士デビュー、しかも、左団扇とはいかない、となったら、誰も公益的なことはしなくなります。というより、できなくなります。弁護士会に約50万円の登録料を払い、最低でも月4万円の会費を払わねばならないのは、そのような公益活動が弁護士(会)によって行われているからなのです。払わずに済めばそれに越したことはないでしょうけれど、司法修習への感謝、公益を思いつつ、払っているのです。

 これを機に、法曹一元制を採用して、弁護士等から裁判官を選任したらどうでしょう?そうすれば、給費制への理解が得られやすくなると思います。

 ちなみに、海外で教授や学生に、日本では法学部の上にロースクールがあり、ロースクール卒業が司法試験受験の要件、合格後も修習を受けなければ法曹三者になれない、という話をすると、決まって驚かれました。日本の制度は、かなり珍しい制度なのかもしれません。

 いずれにせよ、給費制が復活することを切に願ってやみません。

1280pxlegal_training_and_research_i

国総内定者[Iy]のコラム②

気を付けろ!官庁訪問中の悲劇②

こんにちは、国家総合職内定者[Iy]です。前回に引き続き官庁訪問中の悲劇についてお話したいと思います。

前回:「気をつけろ!官庁訪問中の悲劇①

続きを読む »

2016年12月20日 (火)

許認可業務(古物商許可を例に) ~行政書士実務開業講座講師によるおはなし~

今回は、古物商の許可申請を例に少しみていきたいと思います。

 

行政書士の許認可業務はたくさんありますが、その中でもこの古物商許可申請は比較的取り組みやすいといわれています。

 

申請先は各都道府県の公安委員会ですが、窓口はお客様の事務所所在地を管轄する所轄署の生活安全課(処により呼び名が異なります)になります。

 

ご参考までに警視庁HPを貼付します。

≪警視庁古物商許可申請≫

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/kobutsu/kobutsu/kyoka.html

 

いかがでしょうか。

例えば建設業許可申請などと比較すると、添付書類や証明すべき事項などは少ないことが分かると思われます。

 

そもそも、各種許認可におきましては、それぞれツボというものがあります。

 

許認可におけるキーワード「ヒト」「モノ」「カネ」につきましては、過日お伝えしましたが、古物商に関しては主に「ヒト」「モノ」の確認になります。

 

「ヒト」については、「管理者」を設置しなければならないのですが、欠格要件に該当しないことが必須であるものの、例えば建設業許可における「専任技術者」のように、実務経験等が要件になっていることはないです。

 

もちろん、経験等があるのに越したことはないですが、実務経験とそれを疎明する資料がなければ許可が下りないということではないのです。

 

一方、「モノ」ですが、事務所要件はより確認が必要になります。

最近多くみられる、バーチャルオフィスやレンタルオフィスは良いのかどうか…

 

また、賃貸の場合には賃貸借契約書の写しなどを添付するのですが、それが都道府県によって異なったりします。

では使用承諾書はどうか…

 

比較をするため建設業許可について少し触れましたが、難易度がそれほど高くないのであれば、依頼者本人が申請するのでは?つまり、我々の業務とはなり得にくいのでは?と思われることでしょう。

 

確かに、ご自身で申請されるケースも一定数あるようですが、前述の通り申請窓口が管轄警察署の生活安全課であり、担当官が良くて数名、場合によっては1名だったりします。

 

そのため、予約が中々取れなかったり、急遽時間がずれたり等々、その面での大変さがあります。よって、そういう煩わしさも込みで我々に依頼していただくメリットを上手にお伝えするのがよろしいかと思います。

 

是非、取り組んでみてください。

315pxkobutsu_kyoka

【大阪梅田校】山本悠揮講師の新作!

こんにちは。

大阪梅田校、京都校で司法試験入門講座を担当している山本悠揮講師の著書が弘文堂より出版されました!

 

『刑事実務基礎の定石』 (伊藤塾予備試験論文・口述対策シリーズ)

 伊藤塾 監修・山本悠揮 著

 

Img_20161207_153234 (写真は本文と関係ありませんsweat01

これまで各種論文答練や合格答案分析講義等において、刑法・刑事訴訟法を担当してきた山本講師入魂の一冊です。予備試験の法律実務基礎科目(刑事訴訟実務)に苦手意識を持たれている方、必見です!

 

(弘文堂ホームページ) http://www.koubundou.co.jp/book/b272798.html

なお、伊藤塾校舎でのサイン会、握手会の実施は未定です笑coldsweats01