伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

公務員への道標

司法書士試験科 講師ブログ

« 京都校■2017年2月のカウンセリング日程 | メイン | 山本悠揮講師■基礎マスター刑法「過失傷害」 »

2017年1月29日 (日)

予備試験合格者スタッフ[Nm]のコラム~④まとめ

こんにちは、予備試験合格者スタッフ[Nm]です。今回はコラム連載4回目、お話しをまとめていきたいと思います。

前回:「③伊藤塾に入ってからの学習

四、総括

どんな試験もそうだと思いますが、合格するためには基本を理解することに尽きると思います。
細かい知識・応用知識は合格のための必須要件ではありません。そして、理解するということは暗記ではありません。あたかも自分の体の一部であるかのように知る・説明できる・使えることが理解するということだと思います。
まだ自分も法律をそこまで理解していない部分は多々あります。しかし、理解すればするほど法律の勉強が楽しくて、日々の勉強は苦ではありません。つまり、理解しよう・していこうとする学習であればきっと乗り越えていけると思います。そうやって僕は毎日の学習をしています。

法曹になると決めた以上、当然ながら一生法律を向き合っていかなければなりません。そして、法律を自分の武器にしなければなりなせん。法律を理解すればするほど自分は強くなります。法律家にとって法律の学習は良い食事をするのと同じです。食事を楽しむのと同様に日々の勉強を楽しむ。そうするためにはどうしたらよいか。
これを考えていけば、予備試験合格まで楽しめるのではないでしょうか。

予備試験合格者スタッフ[Nm]

#合格者