伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

公務員への道標

司法書士試験科 講師ブログ

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月24日 (金)

来年度合格目標! 司法試験予備試験 入門講座 社会人20%OFFキャンペーン実施中!

働きながら司法試験合格を目指す方を応援! 申し込み後すぐに学習スタートできる講座がお得に受講いただけます。

司法試験 入門講座 司法試験(予備試験) 速修コース <2016年開講>(通信のみ)

本科生:1,028,000円→822,400円

本科生+リーガルトレーニング:1,215,200円→972,100円

司法試験 入門講座 呉・基礎本クラス 1年速修コース<2016年開講>(通信のみ)

本科生:1,000,700円→800,500円

本科生+短答演習・論文基礎答練:1,144,300円→915,400円

5/31(水)までです!お見逃しなく。

詳しくはWebで!

■ 司法試験予備試験 入門講座 18年予備短答合格!社会人20%OFFキャンペーン

https://www.itojuku.co.jp/apply/campaign/shihounyumon_syakaizin170531.html

ご不明な点がございましたら、伊藤塾在宅校まで メールかお電話にてお問い合わせください。

■お問い合わせ・受講相談

https://www.itojuku.co.jp/inquire/index.html

【御茶ノ水校】春になると何か始めたくなりますね。

もうそろそろ4月・・・春になると何か始めようという意欲がわいてきますよね。ただ、社会人になってしまうと何かしら理由をつけてしまい実際に行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

そこで、先日御茶ノ水校にご来校いただ社会人の方から頂戴したメールの一部をご紹介します。行動にうつす考え方や勢いを見習わなきゃ・・・などと考えさせられました。

***********************

息子の高校の勉強で学習塾の説明会へ一緒に行ったところ、ひょんなことから、私自身ももう一度チャレンジしようと考えました。

仕事もまだまで順風満帆には程遠く常に崖っぷちみたいなところもあるのですが、少し余裕があるとゴルフしたり、だらしない生活をしており、もっともっと自分を追い込みたいと常々考えておりました。

一日をめちゃくちゃ集中して過ごして、充実した一日をかさねていきたいと、、、。

合格も不合格も同価値と、伊藤塾長もおっしゃっておりますし。。。自分に対する投資として、どんどんチャレンジした方が、絶対にいいですよね。

Pose_genki09_businessman

***********************

この方は「始めなきゃ何も変わらない」と仰っていました。本当にその通りです!

何かしら理由をつけてしまい行動に移せない気持ち・・・すごくわかります。

でも「始めなきゃ何も変わ」りません。

学習を躊躇してしまっている方、第1歩としてまずは御茶ノ水校へいらっしゃってみてはいかがでしょうか。

「資料だけ」「現在の試験状況を聞くだけ」でも構いません。お気軽にご来校ください。

御茶ノ水校スタッフ T

2017年3月22日 (水)

【大阪梅田校】書籍のサイン

パクリではありません。

リスペクトです(笑)

Img_20170315_220356

2017年3月20日 (月)

【御茶ノ水校】公務員試験対策講座のご相談は御茶ノ水校まで!

御茶ノ水校は、伊藤塾各校舎の中で 唯一 国家総合職(法律区分・教養区分)試験対策講座のライブ講義を実施している校舎です

実際に講義を行い多くの受講生を見届けてきた御茶ノ水校だからこそ、お伝えできる情報や先輩受講生から聞いた経験談がたくさんあります!

将来の職業として「公務員」という選択肢がある方はもちろん、漠然と「公務員」をお考えの方も公務員試験対策講座に関するご相談はお気軽に御茶ノ水校までどうぞ!

お気軽にお電話・ご来校ください。お友達同士、保護者様のみも大歓迎です。

御茶ノ水校スタッフ一同、お待ちしております。

公務員試験関連 過去記事>>「公務員と民間の併願について(内定者より)」

Image1_2

「まずは私たちにご相談を!」

御茶ノ水校スタッフ T

2017年3月19日 (日)

国家総合職内定者[X]のコラム①説明会での質疑応答について

みなさんこんにちは

京都校スタッフ(た)です。

今月(3月)は、

京都校で国家総合職内定者の方がカウンセリングに入ってくださっています。

4/1から東京に行かれてしまうので、直接質問できる最後のチャンスですよ!!

受講生の方や、伊藤塾を受講していない方でも、

試験勉強や、官庁訪問面接対策

もっと突っ込んだ話を知りたい方は、

官庁訪問での回り方民間就職との併願の仕方

面接の手ごたえを感じた瞬間などなど、ぜひ質問に来てくださいね!

■今月の残りのカウンセリング日程(公務員)

3/28月 13:00-17:00(お一人30分)

お電話で受付けています!

京都校への電話番号telephoneこちらをご覧ください。

続きを読む »

2017年3月18日 (土)

カウンセリング制度ご利用ください

Mikudarihan

Kayaributa_2このポスターが目に入るたび、「三月度後半」という箇所をどうしても「三行半(みくだりはん)」に空見してしまいドキドキする既婚者です。

…というわけで、京都校カウンセリングは好評実施中です。みなさんどんどん使ってくださいね。

[祝]

【伊藤塾全国講演会(ビデオ)】IN 福岡(3/11[土]、3/12[日])開催されました!

伊藤塾講師による特別無料講演会(ビデオ)が開催されました!

〔法律学習者向け〕

日時:3/11(土)16:30~20:00    

       16:00~16:35 アナウンス     

       16:35~16:55 答案構成     

       16:55~17:55  本田講師による講演会(ビデオ)    

       18:00~18:30 スカイプを使っての本田講師との質疑応答    

       18:50~20:00 講座案内・個別相談・懇親会

場所:TKP博多駅前シティセンター〔カンファレンス6〕

テーマ:論文合格のコツ「合格答案の要件」      

          ~合格答案作成のために基礎知識はこう使う~

今回も、仙台と同様、予備試験の過去問を用いての演習・解説でした。

本田講師との質疑応答では、今回も受講生の方が、なるほど、というご質問をしてくださいました。

その後は、仙台に引き続き、福岡でも懇親会を行いました。今回は、スタッフが2名だったからか、いろいろとお話ができて、また、お話を聞けて、ざっくばらんに楽しんでしまいました。意外な事実も知ることができました(笑)。

本田先生が結婚なさっていたことを知り、ショックを受けてらっしゃる女性もいらっしゃいました…。

なお、この日は、いわゆる3・11の日でした。実は、前回、仙台講演会の後、女川、石巻に行ってきました。女川では、「全て片付けられている。」と観光協会の女性は話してくださいました。しかし、すぐそばにはまだ仮設住宅がありました。

石巻では、全て片付けられているように一見見えました。しかし、よく見ると、まだ瓦礫は残っています。てくてく歩いていたら、「『頑張ろう!石巻!』という看板見ませんでしたか?」と声を掛けられました。

東京では、すでに忘れ去りつつある人が少なくないというのが実情かと思いますが、行ってみて、改めて、記憶を風化させてはならないと思いました。

〔これから学習を始める方向け〕

日時:3/18(日)14:00~16:00     14:00~16:00 伊藤真塾長による講演会(ビデオ)    16:00~講座案内・個別相談

場所:TKP博多駅前シティセンター〔カンファレンスルーム2〕

テーマ:圧倒的実績の伊藤塾メソッドで法律家への一歩を踏み出そう!     

          ~大学・仕事とも両立できる「学習法」と「時間術」とは~

今回から、学習経験者向け・初学者向けを縦積みではなく、日にちを分けて、行いました。 今回は、ご両親といらしてくださった方もいらっしゃいました。また、講演会(DVD放映)後、さまざまな質問を真剣にしてくださった方もいらっしゃいました。

意外かもしれませんが、物知り博士は合格しにくいのです。伊藤塾にいらしていただければ、やるべきことは提示しますから、あとは、「やれば、できる。」です。1年でも早く合格していただき、社会に貢献していただければと思います。

次回は、

札幌(3/25[土]、26[日])

にて開催されます。

時間は数時間いただきますが、いらっしゃって損はないと思います。お待ちしております!

20170311

20170312

2017年3月17日 (金)

【御茶ノ水校】司法試験入門講座「呉・基礎本クラス」の魅力について(高橋クラマネ)

伊藤塾 各校では司法試験入門講座が次々に開講していっています。

そんな中、講師を決めかねている・・・という方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで迷われている方の一助になればということで、高橋クラマネに御茶ノ水校 呉 明植 講師の魅力について綴っていただきました。

****************************

まず、これは多くの方が言われている点なのですが、論文指導に関して業界屈指の講師だと思います。

司法試験・予備試験合格の鍵は何といっても論文で書き負けないことにありますが、授業では典型的な書き方(いわゆる三段論法)の指導にとどまらず、日本語の使い方、論文でいかに合格するか(点取り合戦で戦う術)について、熱心に指導してくださいます。

また、先生の書かれた著書(呉・基礎本シリーズ)は、他の基本書よりも内容量がコンパクトになっています。法律の勉強は、研究の対象になるほど、各科目毎に膨大な学説・判例が存在し、言うなれば終わりがありません。なかなか合格できない人の中に、これらの細かい点、学問としての法律にのめりこみすぎてしまって、試験合格のための勉強をおざなりにしてしまう人がでてきてしまいます。

先生の教材・講義はメリハリの付け方がはっきりしているため、どこを覚え、どこを覚える必要がないのかを明確にかつ適切に指摘してくださいます。はっきりと「ここは読まなくても良い」「マーク箇所を中心に」など方針を示してくださるので、受講生は法律学の迷路に迷わずに勉強する事ができます。

この、メリハリをしっかりとつけた指導は先生の大きな魅力であると思います。

また、授業では、パワーポイントや補充レジュメ、先生が受験生時代に編み出した図を駆使した簡潔かつ明確な説明がなされるので、小難しい法律学の理論的な部分も非常にわかりやすいです。

そして、法科大学院に通いながらクラマネをやっている私だからこそわかる点なのですが、呉講師の講義は、最新の判例・学説・基本書の知識や問題点を見事に講義に反映なさっています。

ですので、呉講師の講義のみをしっかりと吸収する事できっと合格に近づくことができます(私も常日頃から気をつけているのですが、むしろ、他の教材に手を広げる事が合格を遅くする原因にもなります)。

講義中には厳しい事をおっしゃることもあります。しかし、それは受講生に合格して欲しいとの一心からされているもので、私含め、その叱咤激励が刺激になるという受講生がたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

論文の力を付けたい、メリハリのある講義を受けたいという方はぜひ呉講師の講義を受けてみてはどうでしょうか。

Cimg0370_3

高橋クラマネの過去記事>>「ロースクールについて思う事」

****************************

御茶ノ水校では、日々受講相談を承っております。

呉講師の講義に興味がある方、まずは御茶ノ水校(03-5281-5377)にお気軽にご相談ください。

御茶ノ水校スタッフ T

2017年3月16日 (木)

『塾便り NO.259』 が出ました!

『A Letter From Makoto Ito 塾便り March 弥生 NO.259』 が出ました!

今回の塾長雑感のテーマは、「家族と立憲主義」です。

今回、塾長は、びっくりするような報道がいくつかあったと言います。その例としてふたつ。

ひとつは、幼稚園児に教育勅語を暗唱させ、運動会の選手宣誓で「安倍首相頑張れ、安保法制国会通過よかったです」といわせる森友学園の話題。もうひとつの驚いた報道は、アメリカでの司法の対応の速さ、だそうです。

教育勅語とは、「教育ニ関スル勅語」の略であり、1890年(明治23年)に天皇から発表された、第二次世界大戦前の日本の教育の根幹となった勅語(意思表示)のことです。 内容を知らないとピンと来ないでしょう。内容は、詳しくは、以下のサイトをご覧いただければと思いますが、要するに、臣民は忠義と孝行を尽くし、立派な行い(=公への奉仕)をしなさい、それによって永遠に続く皇運を助けなさい、教育の淵源はそこにある、というものです。意外にも、憲法を尊重せよ、とも言っています。

http://chusan.info/kobore8/4132chokugo.htm

アメリカの司法の対応の速さ、は説明するまでもないでしょう。民主的に選ばれたトランプ大統領の、イスラム7カ国の市民などのアメリカへの入国を一時禁止した命令を、連邦地裁が執行停止とした例などです。

「家族と立憲主義」と聞いて、何を思い出すでしょうか? 「立憲主義」とは、政治は憲法に従ってなされなければならないという思想のことです。 ただし、立憲主義でいうところの「憲法」は、いかなる内容の憲法でもよいのではありません。人権保障と権力分立の原理に支えられたものでなければならないと考えられていました。国家権力(国王の権力)を制限して国民の自由を保障することを狙って、立憲主義という概念が考え出されたのです。

当初、そこでいう「自由」は貴族に認められていた特権を意味していました。しかし、自然権思想により、人は生まれながらにして、自由かつ平等である、人であるということだけで当然に自由・平等を享有する、と解されるようになりました。これを成文化したのが憲法の人権規定であり、これを支える核心的価値が個人の尊厳の原理なのです。

そういうわけで、日本国憲法は、24条2項で、「…家族に関する…事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。 」としているのです。

家族を大切に、という規範を全ての場合に適用して、個人の尊厳が失われることになってはいけません。また、今の世の中でさえ、例えば、アメリカでも少し田舎に行けば、白人のみが尊重されるべきだというという主張がまかり通りそうになっていると聞いています。

まさしく、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない」(憲法12条前段)が来ているのだ、と言わねばならないでしょう。

http://blogs.itojuku.com/jukucho_zakkan/

http://www.magazine9.jp/article/juku/31888/

Photo

2017年3月15日 (水)

【御茶ノ水校】適性試験願書配付&法科大学院カウンセリング

御茶ノ水校では「2017年 法科大学院 全国統一適性試験」の願書を配布しています。

数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにご来校ください♪

Img_1750

適性試験に関する詳細は「日弁連法務研究財団」のHPをご参照ください。

+++++++++++++++++++++

また、法科大学院に特化したカウンセリングも行っています。

★実施日★

毎週月曜16:00-19:00 (お一人様30分程度、予約制)

★実施形態★

対面、お電話

★予約方法★

御茶ノ水校窓口へ直接お申し出いただくか、お電話(03-5281-5377)にてお問い合わせください。

法科大学院へ進学するにあたって生じた疑問・お悩みは是非このカウンセリングで解決してください!

御茶ノ水校スタッフ T