校舎おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。

« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

【御茶ノ水校】法科大学院生も予備試験を受験(高橋クラマネ)

「予備試験は受けずに法科大学院に入って2年ないし3年間そこで勉強して司法試験を受けようと思う」という方(特に社会人の方)が結構いらっしゃいます。

法科大学院への進学を決断することは、人生の岐路でもあるのでみなさん覚悟を決めてらっしゃるのだととても感心してしまいます。

そんな皆様に「法科大学院生も予備試験を受験している」ということをお伝えしたいです。「予備試験の学習は司法試験にも通じる」「司法試験を目指してるのであれば予備試験は受けてほしい」とお伝えしていますが、現状はどうなのか・・・

現役法科大学生(御茶ノ水校クラスマネージャー)に綴ってもらいました。

++++++++++++++++++++++

法科大学院に通いながら予備試験を受ける方は非常に多いです。その理由はいくつかあります。

当然、勉強のペースをつかんだり、司法試験の予行演習的な目的で予備試験を受験している方もいますが、最大の理由は予備試験合格が、就活において不利に働くことがないという点にあります。

大手事務所の中には、予備試験合格者を露骨に多く採用しているところなどもあり、それゆえに、法科大学院3年生(予備試験に合格してもしなくても司法試験受験資格を得られる学年)であっても多くの方が受験しているのが現実です。

 この現象は、現在の法律事務所のパートナー弁護士(経営者)の大半が、旧司法試験合格者であることに起因するものだと考えられます。予備試験は問題文やその難易度から、旧司法試験に近い部分があり、予備試験の合格が一種のステータスだったり、優秀であることの裏づけになっている面があります。

 ここで、念頭に置かなければならないのは、予備試験合格者の中には多くの法科大学院 現役生が含まれているということです。予備試験合格を目指す、学部生や社会人の方々のライバルは法科大学院 現役生ということになります。

 法科大学院制度や予備試験の制度趣旨と完全に矛盾するものではありますが、制度改革に関しては受験生としては受け入れるしかありません。

 となると、圧倒的に勉強時間が必要な法科大学院生と勉強時間の総量で勝負するには分が悪く、知識に頼らない現場思考力、条文操作力、三段論法の死守、割り切りの良さ、などで勝負することになります。ロースクール生は細かい知識を知っていますが、それゆえにどつぼに嵌るということが多々あります(論理的整合性を意識しすぎて時間切れになったり、学説知識が逆に三段論法的答案を阻害する等)。

また、細かい知識を知っているとはいえ、限界はあり、現場では、受験生が誰も知らないような非常に細かいマイナーな論点が現場思考力を試すために必ずといって良いほど出題されます。差がつくのはまさにこのような問題にどう向き合うかです。

逆に言えば、受験生が誰でも知っているような論点を素直に三段論法で処理し、現場思考問題をパニックにならずに、条文を見つけ処理することができれば、大きな差をつけることができ、早期合格が可能になります。学部在学中合格などの早期合格者はこのような能力に長けている人が多いです。

法科大学院生の中には、予備試験を受けないという選択をする人もいます。たしかに、司法試験の短答が3科目になったのに対して、予備試験では8科目であったり、論文に置いても法律実務科目、一般教養科目など、予備試験と司法試験には範囲のズレがあります。

ですが、現役の大学院生は予備試験を受けるべきです。本番の論文試験独特の緊張感やそれに対する対処法を身につける機会は非常に貴重だと考えるからです。

++++++++++++++++++++++

参考になりましたでしょうか。個々によって環境はさまざまですので、一概にこの通りというわけではありません。今後のスケジュールや目標立てに役立てていただければ幸いです。

現在学習している人の生の声が聴きたいという方、クラスマネージャーとのカウンセリングをセッティングしますので御茶ノ水校までお気軽にお問い合わせください!

御茶ノ水校スタッフ T

2017年8月30日 (水)

ロースクールでの活動のバランス

今日は京都でひさびさのオンナノコ女性合格者カウンセリングスタッフとして来てくれた[tt]さんによる寄稿です。いままでヤロウばかり相手にしてきたのでちょっとほっこりしています。[tt]さんは大学3回生から今年度京大LSに飛び入学した方、今日は19時までの相談対応となってますが、関心などあればまた機会をみつけて声を掛けてみてください。

Tt

こんにちは!

ロースクールに行きたいと思っている方は、ロースクール生活について、どんなイメージを持っていますか?

続きを読む »

きょうの御薗橋>8/30

File_000_2

Kayaributa_2本日お昼ごろの(新)御薗橋の様子です。まもなくです。

[祝]

【大阪梅田校】リフレッシュ

長野県安曇野の風景です。

涼しい気がして行ってきました。

普通に暑かったです。。

でも、人がいっぱいの梅田と違って、のどかな田園が広がっていました。

20170817130145_img_1871

緑も水もキレイ。

気分爽快。

Img_20170817_171413_044

レンタサイクルで颯爽と走りました。

田園風景を自転車で、駆け抜けるのはとても気持ちよかったです。

 

ちなみに京都校のブログには、

よく京都やら滋賀やらをかけぬているスタッフが登場していますが、

特に関係ありません。あしからず。

2017年8月29日 (火)

御薗橋がアツい!

Kayaributa_2と、かってに独りで盛り上がっている[祝]です。諸君ら同調せよ。

Np

過去「みその橋現場新聞」を小学校で見つけたエントリーを紹介しました。
勢い昂じ、子どもの連絡帳に付箋を貼って小学校にバックナンバー有無を問い合わせたところ、しばらく経っての夏休み明けに、先生からコピーをいただいてしまいました!第1号から最新第8号まで全号!ありがとうございます!ご面倒をおかけしました!へんな親ですいません!
ということでさっそくPDF化して自分閲覧用としました。もし頒布希望の方がいれば声を掛けてください。身近な土木工事がディープに語られていてとにかくおもしろいです。

8/21発行の第8号で今月のマシンとして「アスファルトフィニッシャ」が紹介されていますが、注釈に「8/25昼間1日限定で現場に登場します」とあり。もう過ぎてるやん!あかんやん!ってことで、新聞によれば新橋は来月中旬以降から通れるようになるかも、だそうです(旧橋は通行止めに)。
楽しみですね。

[祝]

追伸:
イカゲーを毎夜けっこうがんばっているのに、ガチマッチでC-ランク(最低)から一向に浮上しません。単刀直入にヘタってことですか?ピーチ姫を助けられないとダメなんですか?こないだのゼルダすらまだクリアしてませんがやっぱりダメですか?!
かたやぼくよりもプレイ時間が短い息子は早々にBランクへ(ゼルダもクリア)。ジェラシーを感じます。

2017年8月28日 (月)

続々と実っています!!

こんにちは!伊藤塾東京校です。

先日ご紹介させて頂いた「3色朝顔」が実をつけ始めました。

まだまだ青々しいですが、この先次第に茶色に変わり種らしくなっていくそうです。

また、種を植えるまでに少し『コツ』がいるらしいので気になる方は東京校窓口までお尋ねください(笑)

Img_20170828_102005_resized_2017082

2017年8月27日 (日)

【御茶ノ水校】新国立競技場の建設進捗

2020年オリンピック「新国立競技場」』、また工事現場を見てきました。

プレハブ小屋が建ったり、クレーン車が増えてたり・・着々と工事が進んでいます。20日程度しか経過していないのにスピードが早いですね。2020年が楽しみです。

Img_2741

オリンピック実施後には本当にさまざまな課題が残ることでしょう。

その課題を解決するのが「国家公務員」です。

御茶ノ水校に通ってくれてた今年の国家総合職 内々定の方に聞くと、最終合格後の「官庁訪問」においては「入省したいという熱意・志をどれだけ伝えられるか」がポイントのようです。

これからの日本を築き上げていきたいという志の強い方、国家公務員になりたいという方、まずは御茶ノ水校(03-5281-5377)にご相談ください。

講師への取次ぎも行っていますのでお気軽にどうぞ♪

御茶ノ水校スタッフ T

2017年8月26日 (土)

知っていますか??

こんにちは、京都校スタッフの[た]です。

今日は、伊藤塾とはあまり関わりのない個人的な最近知った「へぇ」なことをお届けします!

(なんとも自己満な内容になりそう。。。)

続きを読む »

御茶ノ水校司法書士担当事務方、teramotoです!

このブログをご覧のみなさま、はじめまして! teramotoと申します。

先月より、御茶ノ水校にて司法書士試験課担当を務めてさせていいただいております。

社歴は6年、司法書士入門講座の高城講師は高田馬場校時代からのお付き合いで、

日々講義が滞りなく進められるよう運営に携わっております。

Img_2706

写真は、前部署・東京校の校長が異動の際、寄せ書きにお書きいただいたteramoto像です。

どこかで見たような絵柄で、私の特徴をとてもよく捉えています。

司法書士講座・試験についてご相談がございましたら、ぜひ御茶ノ水校・teramotoをお訪ねください。

もちろん、司法試験講座・公務員講座・行政書士講座のご相談でも、お電話でもウェルカムです!

ほぼ上の絵のおっさんが出てきます。よろしくお待ち申し上げます!

御茶ノ水校スタッフ・teramoto

2017年8月25日 (金)

予備試験ゼミ(前期)!

File_001

受講生の実力を一気に引き上げる、毎年恒例の無料・選抜制の「予備試験ゼミ」(京都校山本悠揮クラス)が本日から始まりました。
今回の「前期」は学習2年目で論文マスターに入りたての「42期生」を対象としたもので、約3ヶ月みっちり力をつけて後期ゼミ(40期・42期対象)に臨んでもらおうというものです。定員15名に対し今日は事前に欠席連絡あった2名を除く13名でスタート、なんだかはじめからみなさん打ち解けて休憩中はずいぶんと賑やかで良い雰囲気でした。写真手前に見慣れた後頭部と予備論文試験でもらえる法文がおかれていますが、「オブザーバー(アシスタント・無報酬)」参加の[Sy]くん(司法合格者)です。それを入れたら14名ですね。このゼミでは、講師から直接答案指導をしてもらう機会を多く得られえたり、同じレベルのゼミ生同士で意識しあったり、時には仲間として交流・投合することで、モチベーションを高く保つことができるメリットがあります。

今回選抜試験で涙を呑んだ方、また都合あわず受験できなかった方、過度にシンパイしないでくださいね。ゼミ生以外でもけして見放したりしません。勉強でぶつかったことに対してどんどん先生や合格者、スタッフを頼ってきてください。そして後期試験で捲土重来?を期待しています。とくに受験して残念だった子には、今回特別に先生がそれぞれの答案に対し講評をつけてくれました。ぜひ参考にして、また励みにして次に臨んでくださいね。

後期選抜試験の詳細が決まれば改めて告知してまいります。受け控えしてしまうと数少ないチャンスを逸するだけでもったいないですよ。