伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

公務員への道標

司法書士試験科 講師ブログ

« そうだ 会津、行こう | メイン | 【大阪梅田校】スタッフが好きな本 #12 『しろしろじろ』 »

2017年12月 6日 (水)

そうだ 東京駅、上から見よう

Qn20171205180636qc050188

Kayaributa_2東京訪問の最後の目的が、とある人と会う約束。
同志社大学卒業後、今は長島大野・常松法律事務所で活躍する小松隼也弁護士です。過去に伊藤塾で取材もしており、他にも多岐な活躍を紹介する記事やご趣味の現代アート収集がネット番組や雑誌に紹介されるなど多方面のメディアにも露出が多い小松さん。チョー多忙にも拘らずわざわざ時間作って事務所に招いてくれました。

実は当初訪問予定の1830に別予定が繰り上がってしまい早く来れないかと打診されたのが、先のとおり「選択肢が他にない」帰路の猪苗代駅。東京駅到着後に事務所あるビル(丸の内南口すぐですが)までダッシュしました。そんな状況にもかかわらず笑顔全開で事務所に迎えてくれた小松さん。邂逅できてほんとうれしかったです。

Img_0178

立派な受付ですね。アルファベットを見て自分の誤りに気づいたりも(ずっと「とこまつ」だと思ってた)。実際に受講生さんの合格後に働くところへお邪魔したのは悠揮センセの事務所に押しかけたくらいしかありません。来てもやっぱりなかなかイメージが沸かないものです。

Img_1158

「これを[祝]さんに見せたかった」といって東京駅を見下ろせる窓まで案内してくれた小松さん。ほんとだ、きれいでおもしろい。そして東海道新幹線や東北新幹線の車輌もちっちゃく見える。まるで○○のようだ(※あくまで[祝]の感想)。お許しがでるならずっと居座ってミニチュア風のタイムラプス写真を撮ってみたいと思いましたが叶わぬ夢。

せっかく久しぶりに会えたんだし、お仕事のことやニューヨーク留学の話やカメラ談義(Canonを売ってシステムをFujiに統一した、ということは聞けた)に花を咲かせたかったのですが、次の予定時間が刻々と迫っており断念。京都にきたらぜひ顔を出してください。

Image_20171206_211218514

お土産に事務所オリジナルのお水をいただきました。机に置くとなんだか「デキる」感じ。いやうそです。

小松先生には改めて(僕じゃないけど)取材させていただき、然る媒体にて紹介させていただけるはずです。お楽しみにしていてください。

[祝]