校舎おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月25日 (日)

京都校】厚生労働省コラボ!テーマ別説明会

こんにちは、京都校スタッフ(た)です。

きたる27日、伊藤塾京都校で厚生労働省の方を招いて

説明会を行います!(拍手、拍手~papershine)

ポスターはコチラっ

Kouseiroudou

続きを読む »

2018年2月24日 (土)

【御茶ノ水校】お久しぶりのツーショット。からのイベント報告!

いいツーショットですね。

このあと、件のWライセンスのイベントを催しました!

Photo

締めるところはびしっと締める。なかなかできないと思います。

私は司会を務めましたが、緊張でイベント前に笑顔をみせる余裕はありませんでした(汗)。

こちらを収録したものをご覧いただけるガイダンスを3/19(月)に開きます!

当日来られなかった方、このブログをご覧になって興味を持たれた方、ぜひお越しください!

御茶ノ水校 teramoto

2018年2月23日 (金)

【御茶ノ水校】お久しぶりのツーショットです。

約1年ぶりの平林講師(左)と高城講師(右)のツーショットですっ!

このお二人が並んでいるのを見ると、Wライセンスの取得をオススメしなくてはと思ってしまいます。

Img_3539

それでは、早速、オススメさせてください。

司法書士と行政書士の両資格を持つことをWライセンスといいます。

行政書士は官公署に提出する各種書類作成や提出代理が主な業務となり、司法書士は主に不動産・商業登記関係の書類作成や申請代理を行っています。

中種企業支援や許認可申請、法人関連手続きなどで、一つのクライアント先がそれぞれ両方の業務を必要とする場面が多く出てきます。

そこで、Wライセンスを取得していると、ワンストップでサービスが提供できるため、業務の幅活躍の場が広がるということになります!

そして、試験においては、「憲法」「民法」「商法(会社法)」が重複しており、科目の重複があることでどちらか一方を取得した方は継続して効率的に学習ができちゃいます。

Wライセンス取得を検討されている方、まずは御茶ノ水校にご相談ください♪

御茶ノ水校スタッフ T

2018年2月18日 (日)

ニュー?カマー

37860914ca694d0d80874f69d0931768

Kayaributa_2ふだんは京都でうろうろしている[祝]ですが、本日は行政書士試験合格祝賀会の運営のため大阪梅田校に来ております。おはようございます。

エレベータから出るなり、窓口カウンターで既視感ダダもれで笑みを浮かべてるヒトがいました。しばらくぶりに梅田勤務復帰した[トク]さん、誰よりも関西人っぽい関東人?でしょうか。どうぞよろしくです。

[祝]

2018年2月17日 (土)

「第269回 明日の法律家講座」3/17(土)@東京校 開催されます!

日時:2018年3月17日(土)18:30~20:30
講師:鹿野 真美 氏(「うなての法律事務所」弁護士、元伊藤塾塾生)
タイトル:「先生」と呼ばないで~チームの一員としての弁護士~

【講師プロフィール】

<学歴と主な職歴>

1986年 千葉県立東葛飾高校卒業
1990年 上智大学外国語学部ロシア語学科卒業
同 年 株式会社山一證券入社
    山一証券経済研究所 経済調査部配属(マクロ経済分析担当)
1993年 同社退社
同 年 濱田松本法律事務所(現 森・濱田松本法律事務所)入所(事務員・秘書)
1996年 同所退所
1998年 司法試験最終合格
1999年 司法研修所入所(53期、実務修習地・横浜)
2000年 修習修了・弁護士登録(東京弁護士会)。
2011年 うなての法律事務所 開設


今回の講師は、鹿野 真美 氏です。

「講師からのメッセージ」によりますと、「上智大学外国語学部ロシア語学科卒業」だそうです。
「上智大学外国語学部」といえば、本田講師と同じですね。

卒業後は、「株式会社 山一證券」に入社されたそうです。
「山一證券」は、日本の「四大証券」のひとつであり、
当時は、就職希望・人気ランキングで上位にあったと記憶しています。

(ちなみに、「四大証券」と言われていたのは、①野村證券、②大和証券、③日興証券、④山一證券、
の4つでした。今は、①野村證券、②大和証券、③SMBC日興証券、④みずほ証券、
⑤三菱UFJモルガン・スタンレー証券が「五大証券」と言われております)

私の知人も、面接に行ったら、「山一が倒れる時は日本が倒れる時だ」
と面接官から、自信満々に言われたそうです。

今の学生の方は、記憶にはないかもしれませんが、その「山一證券」が、倒れてしまいました。
当時、日本社会に大きな衝撃を与えました。

前述の私の知人は、無事入社、しかし、それを見越していたのでしょうか、
その、少し前に、資格を取って、会社を辞めておりました。

鹿野氏も、 山一證券破綻の4年ほど前に辞められております。

そして、「四大法律事務所」のひとつであるところの、「森・濱田松本法律事務所」の前身である、
「濱田松本法律事務所」に、事務員・秘書として入所され、退所、その2年後に
司法試験に合格されています。

(ちなみに、「四大法律事務所」と言われていた(る)のは、西村あさひ法律事務所、
アンダーソン・毛利・友常法律事務所、森・濱田松本法律事務所、長島・大野・常松法律事務所の
4つです。今は、TMI総合法律事務所を加え、「五大法律事務所」と言われております)

修習終了後は伊藤塾でも仕事をなさったこともあり、
現在は、「弁護士会の活動(会務)にも積極的に取り組んで」らっしゃるそうです。

弁護士というと、組織に属さず独立して活動、というイメージが強いのですが、
鹿野氏はチームワーク的な活動も重視されているようです。

外国語→金融→法律事務所職員→弁護士、さらに、その中でもチームワーク的活動も、と
さまざまなバリエーションを持ってらっしゃるのですね。

「一般的な弁護士のイメージとは違うかもしれ」ない鹿野氏のお話を、
ぜひ、聴きにいらしていただければと思います。

それにしても、「うなての」とは、何でしょう…?「池溝の」でしょうか…?


■明日の法律家講座 東京校第269回

https://www.itojuku.co.jp/itojuku/afterpass/kouenkai/tomorrowlaw/bn/tokyo269_180317.html


【講師からのメッセージ】 (改行は在宅校)

「検事になる!」突如思い立って司法試験受験を決意しました。

司法試験に合格後、司法研修所の最初の面接で、
検察教官に「あなたは、検事に向いていない。」と断言されました。

この一言で発奮し、がんばってみたものの、検察実務修習中、
「ほんとだ、向いていない。」と納得しました。

しかし、実は、弁護士という職業に悪いイメージを持っており、
修習修了後の進路に悩みました。

法学館の出版編集部で働いていたこともありますが、「『弁護士』になるかどうか、
一度、弁護士業務に精一杯取り組んでから決めたらどうか。」
という先輩の言葉で、法学館を辞め、弁護士一本の生活に切り替えました。

最初の5年間は、少年事件も含む刑事事件に積極的に取り組みました。
昨年他界された庭山英雄先生と一緒に、死刑事件(最高裁)に取り組んだこともあります。
原爆症認定訴訟の弁護団にも加わりました。

こうした事件に取り組む人たちは、高尚な理想を掲げた、犠牲的精神の持ち主ばかりで、
さぞかしまじめで堅苦しい人たちだろうと思っていたところ、面白くて楽しい人たちばかりでした。
そのような誤解が、自分の思い上がりによるものだと気づかされ、恥ずかしく思いました。

弁護士業務のかたわら、というか、最近では、どちらが主かわからないくらいですが、
弁護士会の活動(会務)にも積極的に取り組んできました。
わたくしの中では、会務と業務は切っても切れない関係、車の両輪のような関係です。

現在、もっとも力を入れている、成年後見分野の業務も、会務も、チームで取り組むことが多く、
一般的な弁護士のイメージとは違うかもしれません。

「へえ、そんな仕事があるんだ。」と興味を持っていただき、
法曹を志すみなさんの将来像の参考になれば、幸いです。

Asuhou269

2018年2月16日 (金)

伊関クラス 中央大学附属高校出身者

今回は伊関クラスの中央大学附属高校出身の塾生を取り上げますshine

毎回講義に参加している3人にいろいろ聞いてみましたscissors

Img_0453_2

左から長内くん、福田くん、田中くんですsign03


伊関クラスの4割を占めている中央大学の学生ですが、
法学部が看板学部だけあって、中央大学には司法試験に関する学内講座が充実しています。

充実した学習環境があるにも関わらず、3人は伊藤塾の伊関クラスを選んでいただけました。
彼らに入塾した理由や伊関クラスの雰囲気について聞いてみました。


長内くん

Img_0456_2中央大学にも学内講座はありますが、司法試験の受験を考えた場合、大学3年くらいまで、基礎講座が続くので、時間がかかってしまいます。自分は少しでも早く予備試験に合格したいと考えていたので、評判の良かった伊藤塾の力を借りて、司法試験全科目を短期間で回そうと思いました。伊関クラスには、一橋や早慶の塾生も受講しているので、自分が周りと比較してどのくらいのレベルにいるのかを客観的に知ることができました。伊関クラスは、先生と塾生の距離が近くて、個別指導のような感じで講義を受けることができます。普段から先生とコミュニケーションを取ることができるので、わからないところも気軽に聞ける環境が良かったです。また塾生同士もとても仲が良いです。学年が異なっていたとしても、良い意味で対等に議論できるような環境になっていて、先輩から学ぶことも多く、伊関クラスを受講して良かったです。


福田くん

Img_0461伊関クラスに通っている高校の先輩から、最短最速で司法試験の合格を目指すなら伊藤塾がいいと聞いていました。実際に、学内だけで学習するより、伊藤塾に通った方が効率よい学習ができると感じたので、伊関クラスの受講を決めました。伊関クラスはとても教室の雰囲気が明るく、出席する人が非常に多いです。1年目の基礎マスターの段階から伊関先生は先を見据えて、論文を意識した講義をしてくれます。そのことにより、非常に効率が良い学習ができました。伊関クラスには、いろいろな大学の塾生がいて、みんなと切磋琢磨し合える環境です。講義の休憩時間に、隣の人とコミュニケーションを取りながら、講義内容の確認や議論などができて、理解が深まって、とても良いです。

田中くん

Img_0458僕は友人に法曹になりたいと相談したところ、伊藤塾を勧められ、伊関クラスの体験講義を受けてみました。伊関クラスの体験講義を受講してみて、教室の雰囲気がとても良く、ここで学びたいと感じました。伊関先生は基礎マスターの段階から、論文を意識した話をしてくれます。また、パワーポイントレジュメも論文においても役立ちそうな内容となっていて、とても良いです。休憩時間などは周りの人と講義内容について話す機会が多く設けられているおかげで、教室全体が明るく感じます。伊関クラスでは、普段から勉強の話が耳に入ってくるため、自分も刺激され、やる気が生まれるので、モチベーションの維持がしやすいです。


3人とも、伊関クラスに満足しているようでよかったですhappy02full
伊関クラスは、先生ともクラスの仲間とも距離が近く、高校の教室の雰囲気に近いかもしれませんschool
今まで一人で学習していて、思うように実力が伸びない方は、是非伊関クラスに体験受講してみてくださいsign01
違う世界が見えるかもしれませんgood


司法試験は難関試験なので、どのような学習方法をするかによって、合格までの期間が大きく変わってきます。
特に論文試験に関しては、正しい学習法をしないと、試験突破が非常に難しくなります。

今は、ただ司法試験に合格できればいいという時代ではありません。
どれだけ早く司法試験に合格できたかも、法律事務所の就職活動には大きく影響してきます。
他の人より早く合格することが、就職する上でも有利になりますので、できるだけ早い突破を目指しましょうpass

※中央大学や一橋大学の先輩に話を聞いてみたい新入生の方がいらっしゃいましたら、立川校までお問い合わせください。伊関クラスの先輩を紹介させていただきます。

立川校:042-525-5101

2018年2月15日 (木)

法科大学院 合格体験記 ご提出の方に2万円の受講割引クーポン進呈!

2018年度入学 法科大学院 合格体験記 提出締切日があと2週間に迫っています!(~2/28(水))
~提出してくださった方には、2万円の受講割引クーポンを謝礼として進呈!


法科大学院入試に合格された皆様

法科大学院入試合格おめでとうございます。
合格された塾生の皆様に「合格体験記」のご執筆とご提出をお願いしております!

期限は、2/28(水)です。あと2週間です。
提出してくださった方には20,000円分の受講割引クーポンを進呈いたします。

法科大学院入試に向けて努力したことを形として残しておけば、ご自身にとって記念になります。
この機会に一度振り返ってみることは、司法試験にも役立ちます。
冊子になれば、配ったりもできちゃいます(しかも、無料)。

いただいた合格体験記は、これから司法試験、予備試験、法科大学院入試等を目指す
皆様のために有効に活用させていただきます。

そもそも伊藤塾の合格実績は、塾生の皆様により支えられております。
伊藤塾が進化し続けるためには、皆様のご意見が必要不可欠となります。
先輩から後輩へのバトンパスに、参加していただけないでしょうか。

ご自身のため、後輩のため、そして、伊藤塾の法教育の深化のため、
ぜひ、合格体験記のご執筆をお願いします。

原稿用紙4枚程度ですし、執筆のガイドラインもありますので、
お時間は取らせません!!


マイページTOP
→メニュー「受験状況」をクリック
→「目指す試験一覧」に登録済の法科大学院より、
 合格された法科大学院について「結果待ち」から「合格」に修正
→「体験記を登録」をクリックするとエントリーフォームに遷移します

まずは、マイページの下記赤丸のところをポチッとお願いします!


■2018年入学 法科大学院入試 合格体験記 提出方法

https://www.itojuku.co.jp/shiken/shihou/feature/shiken/tekisei/taikenki_teishutsu.html

Img20170828162439052851

【御茶ノ水校】立派な雛人形を見かけたので

来る3月3日は桃の節句でございます。

立派な雛人形を見かけたので写真に収めてきました。

昨今のお家事情だとこんなに立派な雛人形を置くご家庭は珍しいのではないでしょうか。

Img_3350

お雛様を飾ると必ず聞くのが、「片づけが遅くなるとお嫁にいけなくなる」ということ。

なぜお嫁にいけなくなるというのかを調べてみました。理由は2つあるそうです。

+++

①片づけをきちんとできない人は家事もきちんとできるはずがないと見なされるから。

②雛人形は身代わりとなって厄を引き受けてもらうという意味があり、飾り続けているとその厄を再び拾ってしまうから。

+++

なるほど。

①は確かにその通りですね。結婚するかしないかを選択できる現代ではありますが、幼いころはその「早く片付けないとお嫁にいけない」のフレーズに焦らされたものです。。。

②については知りませんでした。でも、人から気持ちを込められて送られてきたお人形は大切にしないといけませんよね。

お雛様を飾るご家庭はお気をつけ下さい!

御茶ノ水校スタッフ T

2018年2月14日 (水)

2017 年司法試験合格者インタビュー動画 掲載中です!

大学在学中に司法試験に向け学習を開始し2017年司法試験合格を果たしたみなさまや、
就職後夢をあきらめられず学習を開始され合格された方へインタビューを行ないました。

法曹を目指したきっかけ、大学生活・アルバイトや仕事との両立、勉強仲間について、
実際の勉強時間は?通学派?ネット派?、又、就職についてなど、
これから司法試験に向けての学習開始を考えているみなさまにとって、有益な話が満載です。

現在、15名の方のインタビューの動画が掲載されております。

合格者のお話を聞いていると、やはり!と思うものがあったり、共通項があったり。
少しだけ、紹介させていただきます。


(1) 慶應義塾大学法学部3年生の時に予備試験に合格、
4年在学中に司法試験に合格された後藤さん。

基本書で勉強している人がいて、そのような勉強をしたほうが
法律に関しては絶対詳しくはれるのだけれど、
試験の合格という意味では別に必要ないのではないかな、と仰ってました。

まさしく、ゴールからの発想ですね。
合格という目標からぶれずに、手段を選んでらっしゃいます。
カリキュラムに沿って与えられたミッションをこなしていた、
という言葉が印象的でした。


(2) 大学は全国圏(東北)で首都圏とは異なりますが、
同じく、法学部3年時に予備試験に合格、4年在学中に司法試験に合格された浅井さん。

スケジュール管理法は?という問いに対して、紙に2週間単位くらいで書いて、
今日は何々、と計画を立てて、1個1個線で消していって、
線で消すことに快感を覚えるように自分をちょっと変えて、
基礎マスターの段階は地道にコツコツとやっていました、とのことです。

いわゆる、「To Do リスト」を作って、線で消していく。
この方法、実は、全国講演会でも紹介したことがあります。有効な方法なんですね。
赤い線で消していくと、さらに効果あり?かもしれません!

浅井さんは、一日一日のノルマは少なめに設定して、
しかし、そのノルマは果たすようにしていらっしゃったそうです。

真面目すぎて、無理な計画を立てて、こなせなくなって、
あ~、俺(私)ってダメなヤツ(人)、と思い込んでしまう…。結構やりがちです。
自分を責める前に、計画に無理がないか、振り返ってみましょう。

大学生活と試験勉強との両立は?という質問に対する答えは、驚きでした。
ぜひご覧いただければと思います。

「受けている時は一番嫌いだったのですが、終わってみて、
一番役に立ったのは基礎マスターでした。」と仰る浅井さん。
言葉の端々に出るユーモアさにも惹かれます。


(3) 同じ全国圏ではありますが、今度は、福岡、しかも、働きながら予備ルートで
司法試験に合格された塚田さん。さらにさらに、非法学部卒です。

勉強の中盤では結婚もされたという塚田さん。
ご家族の方に、自分が本気であることと、こういう風にしようと思っている、
ということを説明することを心がけたそうです。

内容については動画をご視聴いただくとして、
別の、ある合格者の方が、以前仰っていた話を思い出しました。

2歳くらいの娘さんがいらっしゃる男性で、昼間は仕事で自宅にはいませんから、
帰宅すると遊んでほしがる。自分も遊んであげたいから、一緒に遊ぶ。

しかし、勉強することを決意し、奥さんにも言ってあったので、時間になると、
奥さんが、「パパは勉強だから。」と引き剥がしてくれて、
娘さんは泣くのだけれど、そして、ご自身も泣きたいほどつらいのだけれど、
ふすまを閉めて勉強し、合格された、というお話です。

ご自身が決意し、周りの人に応援され、それによりご自身も鼓舞され、
頑張っている姿を見た人がさらに応援してくれるようになれば、
成功のための良循環に入ったといえるでしょう。

仕事がある以上、やはり、学生さんよりは勉強時間の融通は利かなくなります。
業務量が多いなど、様々な困難もあったそうです。

しかし、どんなに忙しくても、必ず、毎日勉強することだけは心がけてらっしゃったそうです。
最低限果たすノルマは決めておき、それだけは死守する、という方法論は、浅井さんと同じですね。

そして、時間がなくても作る、1日4時間と決めると意外と作れた、のだそうです。
家に帰ってしまったら寝てしまうから、深夜までやっているファーストフード店で勉強、
などの工夫もされたそうです。

在宅校では、校長を始め、スタッフがフォローの電話掛けをしておるのですが、その電話もありがたかった、と仰っていました。


動画は随時掲載を行ないます。
書かれた文章を読むのとは、また、違った新鮮さがあり、ニュアンスも伝わってきます。
合格者の話を聴けば、方法論を学べることはもちろん、モチベーションも高まります。

ぜひ、ご視聴いただければと思います。
ちなみに、右クリックで早聴きも可能なようです。

■2017年司法試験合格者 インタビュー

https://www.itojuku.co.jp/shiken/shihou/feature/shihonyumon_movie.html

Shihomovie_asai

Shihomovie_tsukada

Shihomovie_goto

幸せのおすそわけ

Img_1294

Kayaributa_2今日は泣く子もだまるヴァレンタイン・デー。

受講生のおひとりからほかのみなさんへとわざわざ大層なお菓子を頂戴いたしました。お気遣いありがとうございます。ブース前に置いて来校するみなでいただくことにします。

なおご存知かどうか分かりませんが、みなさん奥ゆかしく考えずもっと盛大に「生誕祭」として上納してくださっていいんですよ?ぼくにもね…。

[祝]

仕事終わりに、寂しい者同士?、[Nm]くんとラーメン屋へ…。
修習で疲れてたろうに理不尽な呼び出しにも応じてくれ、誕生日プレゼントまでくれるなんて。(TωT)

82910ed5cfd640f6972de598400226b0