校舎おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。

« KARA-AGE | メイン | 司法試験合格懇親会(名古屋大学・名古屋大学法科大学院出身) »

2019年11月24日 (日)

1年前の自分

みなさんはじめまして。公務員試験内定者スタッフ[MK]です。今月からブログも執筆することになりました。

初回は「1年前の自分」というタイトルのもと、自身の就職活動を振り返り、昨年のこの時期に何を意識していたかを記載していきます。

まず、現時点で皆さんにやって欲しい事は「自己分析」です。
3回生のこの時期は筆記試験対策の勉強で手一杯であるということは重々承知しています。しかし、公務員試験は就職試験です。筆記試験に合格することよりも面接試験で自分の気持ちを語ることができる方が重要といっても過言ではありません。
また、実際に公務員試験が始まってから志望先に迷いが生じることも多々あります。そのような際に、気持ちの整理をするためには比較的余裕がある現時点での自己分析が重要となってきます。

では、どのように自己分析をすべきでしょうか。なかなか自己分析といっても難しいものです。具体的には2つです。
①官民問わず、説明会に参加して自分のやりたい仕事を見つける。②友人と話してそもそもなぜ公務員になりたいのか伝えられるようにする。私が行った自己分析はこの程度です。本格的な長所や短所などの自己分析はもう少し後に行いました。現時点での自己分析は公務員試験を乗り越える覚悟があるかどうかを確認するものです。

次に、「勉強方法の確定」です。期限は年内までを推奨します。
現代はインターネットの普及により、様々な情報があふれ、勉強方法もたくさんあります。その中から自分に合う勉強方法を年内に探し出してください。年明け後は勉強方法で迷っている暇はありません。
私が取った勉強方法は選択肢の間違い部分に下線を引き正しい答えを記入するという方法です。この作業をすべての科目の問題集に施しました。間違い探しである択一試験では「なぜ間違いなのか」を理解して勉強していくことが重要であると考えます。この勉強方法は作業に時間がかかりますが、効果は抜群でした。
私は年内までにはこの作業を終え、年明けからは合格に向けて一直線に走ることができました。先述のとおり、他にも様々な勉強方法があるので、私が紹介した勉強方法がすべてではありません。しかし、なんとなくの勉強では力は身につかないため、自分にあった勉強方法を見つけることが重要であると考えます。

最後に、私は第一志望に不合格でした。しかし、後悔は一切ありません。それぐらい情熱を持って取り組んできたと思っています。受験生の皆さんも自分の人生に後悔のない受験戦争に挑めるよう「今」頑張ってください。踏ん張り時です。

京都校公務員内定者スタッフ[MK]