校舎おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。

大阪梅田校 Feed

2019年7月14日 (日)

日曜と雨と祇園祭とポケモンのコンボ

5dbb8bdbe1fa4d55aab04b1dbd0f5c8c E8fc26937a864931b2e763d4d1d68ec2

Kayaributa_2本日の予備試験論文式試験大阪会場(マイドームおおさか)では、佐藤康行講師と山本悠揮講師の揃い踏みで受験生を応援していました。少しでも受験生の励みになってくれたなら良かったです。

…とタイトルと関係ない(いやいや会社的にはこっちの方がむしろ大事)お話を挟みました。

続きを読む »

2019年5月19日 (日)

【大阪梅田校】ネモフィラ祭り

もう終わってしまいましたが、4/13-5/6まで大阪の舞洲で「ネモフィラ祭り」が開催されていました。

去年までゆり園だったのですが、今年からネモフィラに変わったようです。

見渡す限り青い花畑!!

後ろに見えるのは海!!

Img_20190428_192921_283_3  

 ↓ ネモニャンさんとネモフィラDsc_16013_2  

大賑わいの時期でしたが、お花畑は段々になっていて、

ちゃんと人が写らないように?なっていました。

どこを撮ってもインスタ映えでした。

 

来年もきっと開催されると思うので、ぜひ行ってみてくださいね!

2019年4月16日 (火)

【大阪梅田校】4/15(月)司法試験入門講座~山本&佐藤クラス開講しました!~

皆さん、こんにちは!

昨日、2019年春生・司法試験入門講座「「山本&佐藤クラス」が@大阪梅田校で開講しましたupupup
まずは5月20日(月)の本開講に向けたプレ講義「体系マスター」からのスタートとなります。

190415

体系マスターでは法律の全体像を学ぶ内容となっています。
「法とは何か」からスタートし各科目をまず一通り目を通す感じになります。。。

これから約2年間をかけての学習となりますが、この司法試験入門講座の受講を開始される方の大半が法律学習未経験者です。
そんな方々が2年後には司法試験予備試験、法科大学院まで受かってしまうレベルまで達しますdash
「体系マスター」はそのほんの第一歩footとなります。

昨日も受講生と無料体験受講者で教室もこの時期らしくいっぱいとなりました。
まだまだ定員に余裕もあり、今後も続々と入塾されてくることと思います。

これから法律家を目指そうとされている方、少しでも興味がある方、
まずは無料体験講義からでもいいので、最初の第一歩を踏み出してみませんか?

大阪梅田校tk

2019年3月21日 (木)

【大阪梅田校】桜

大阪の桜の開花予想日は、3/26だそうです。

ちなみに満開予想日は、4/4のようです。

待ちきれずお花屋さんで桜を買いました。

 

Sakura

 

開花が予想されているソメイヨシノではないと思います。

切り花の桜は12月ごろから出回り始めるので、もうわりと咲いているのが売っています。

枝物は長持ちするので、一足早く、そして長い間春気分になれますよcherryblossom

2019年3月14日 (木)

【大阪梅田校】18年度国家総合職内定者より~内定獲得までの振り返り「3月編」最終回~

皆さん、こんにちは!大阪梅田校の公務員試験担当のtkですcoldsweats01

早いもので今年も3月中旬となり、今年の公務員試験を目指される方にとってはいよいよ超直前期になってきました。
今月は各種採用イベント、あと民間企業の就職活動をされる方にとっては忙しい日々をお過ごしなのではないでしょうか?
まだまだ、寒暖の差もあり体調を崩しやすくなる時期でもございますので、
十分に注意してお過ごしください。

さて、こちらのブログも今回でついに最終回となりました。
昨年内定者の[I]さんはこの忙しい3月をどのように過ごされたのでしょう。

では、[I]さん、よろしくお願いします~note

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。国家総合職内定者の[I]ですhappy01
今回も10月11月12月1月2月に引き続き、昨年の3月に私がやっていた各種対策をご紹介したいと思います。
いよいよ「直前期」といわれる時期に差し掛かってきます。
これまで積み上げてきた勉強を再点検しつつ、単純記憶を詰め込むことを主な方針としていました。
適宜参考にしていただければ幸いですsign01

まず、内容としては以下の2つです。

①これ完(択一過去問):1、2月を経て、科目ごとのばらつきに応じた最終調整。
・憲/行は3周目、刑法は2~3周を終え、安定していたので放置。(4月にもう1周しました)
・民法/労働法は、不安があったため、引き続き分野ごとにインプット。

②講座受講:経済事情/財政学/時事/自然・人文・社会科学に重点を置き、講座を利用して詰め込む作業。

③面接対策:1、2月と同様。

ここまで来ると、自分の得手不得手、足りない能力に応じた調整が必要になってきます。
これまでの進捗や模試の結果を分析し、一つひとつ苦手を潰していくイメージです。
完璧はありません「憲法、行政法は2ミスまで」「刑法、民法総則は落とさない」等の個人的な最高到達点を見定め、それを目指すことでモチベーションを保っていました。

また、採用イベントでは「個別相談会」や「少人数説明会」が多くなってきます。
私の経験上ではありますが、人事の方は大変親身に相談に乗ってくださいました。
その分、自分も希望省庁に対する熱意や興味を高め、「官庁訪問の予行演習」のような心構えで臨むことが、自分にとっても就活という側面においても必要だと感じました。
もちろん、気負いすぎる必要は全くなく、純粋に疑問や意見を伝えることができればいいと思います。
聞きたいことが特にない、と思っても、深く広く色々と考えを巡らせて質問抽出を行い、是非とも参加しましょう…!

ですので、もう十分に勉強できた、ゴールが見えてきて余裕ができたと思った人は、
2次試験、官庁訪問について考えはじめるのもいいかもしれません。

以上、「3月に私が行っていたこと」でした。

ここで体調を崩したり、気力を失ったりしないよう、というのはよく言われると思いますが、なにか不調があるのなら、とりあえずは落ち着いて1次試験に集中する方がいいと思います。

半年間にわたり、私の拙い振り返りにお付き合いいただきありがとうございました。
これから各種試験終了までの長丁場、思い悩むこともあると思いますが、
最後まで諦めないことに尽きます。

努力してきた自分を信じて、悔いの残らないよう頑張ってくださいup

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[I]さん、約半年に渡りブログの掲載をしていただきましてありがとうございましたshine
新たな旅立ちに向け、いろいろな想いがあるかとは思いますが是非とも頑張ってください!

さて、今年度の公務員内定者によるブログは一旦これにて終了いたしますが、
また今年の夏以降、新たな・直近の内定者によるブログ掲載を目論んでおります。

今年、受験される方は本当に悔いの残らないよう頑張ってください!
また、来年以降受験予定の方も引き続き頑張っていきましょう!

伊藤塾大阪梅田校tk

2019年2月 8日 (金)

そろそろ、法科大学院入学の季節

法科大学院入試も大方終わり、合格された皆様は4月の入学cherryblossomに向けて準備をされている方も多いかと思います。

さて、伊藤塾では毎年、「合格体験記」を編纂して発行し、またホームページ等で閲覧してもらえるようにしています。

合格者の皆さんには、ぜひ後輩受験生に向けて、ご自身の学習経験をご執筆いただければと思います。

★合格体験記執筆はこちらから(2月末まで)>>

これから受験の皆さんは、下記のホームページより閲覧が可能です。ぜひご覧ください。

★合格体験記、合格者からの声はこちらから>>

Img413093603

在宅校 T

2019年2月 7日 (木)

【大阪梅田校】18年度国家総合職内定者より~内定獲得までの振り返り「2月編」~

皆さん、こんにちは!大阪梅田校の公務員試験担当のtkですcoldsweats01

2月になり、今年の公務員試験を目指される皆さんにとっては大事な時期になってきましたが、
学習の進み具合はいかがですか?
定期試験も終わられた方も多いと思いますが、その期間中に進められなかった方は今からまたギアを上げて行きましょう!まだ時間はあります、焦らずしっかりとやるべきことをやって行きましょう。

さて、こちらのブログも今回で5回目となり、来月を含め残り2回となりました。
内定者の2月の学習ペースはどうだったのでしょうか。

では、[I]さん、よろしくお願いします~note

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。国家総合職内定者の[I]です。

今回も10月11月12月1月に引き続き、昨年の2月に私がやっていた各種対策をご紹介したいと思います。
私の中では直前期手前、3~4月の追い込みの下地を作るようなイメージの時期でした。
直前期に揺らぐことなく、無駄なく点数を伸ばせるようにと考えた私なりの工夫をご紹介しますので、適宜参考にしていただければ幸いです!

まず、内容としては以下の2つです。

①これ完(択一過去問)
・憲/民/行:1月のペースをそのままに3~4周目。よく間違える問題には付箋をしたり、別にファイリングしたりしていました(試験前にパッと見る用としても)。
・労働法や刑法等の専門選択科目:1月のペースをそのままに1日に10~15問。苦手な問題のみ2~3周。
※数的:(正直に書きますが)ここから数か月で更に伸びる気がせず、一旦休止しました。

②講座受講:日本史、世界史、財政学、時事、思想等、基礎能力試験の暗記科目で細々したものは、科目を絞り、講座を利用してひと通り頭に入れるようにしました。

③面接対策:1月と同様。

①の取り組み方には、この時期から以下のような独自の方法を取り入れていました。
よく間違える問題や覚えにくい分野について、これ完や問題集の余白部分に、テキストや条文、解説等を参考にしながら項目ごとの「まとめ」を作る。
表があれば書き写すなどする。

スマホのカメラで撮影し、わかりやすいようフォルダを分けておく。

電車に乗ってる時間や、「何もしたくない」時、ちょっとした空き時間に眺める。
いかがでしょうか?問題集○周というのは、形式上の目安にすぎません。
大事なことは、新たな問題に手を広げていくのではなく「反復演習」です。
この方法は書き出す過程で頭を整理できる上、直前期に時間をかけずに反復をする準備にもなるため、個人的には大変おすすめです!

また、基礎能力試験の細々した科目については、正直、大学入試等これまでの取り組みによる個人差が大きいので、あまり参考にはならないかもしれません。
しかし、この時期から1日に取り組む科目や量を決めるなど「コンスタントに手を付けていく」という点では、間違いはないかと思います。

以上、「2月に私が行っていたこと」でした。
なにか1つでも参考になり、試験対策、就活の一助となれば幸いですconfident

2019年1月14日 (月)

【大阪梅田校】司法書士・本年度合格者スタッフより②

11月に掲載した本年度合格者Fさんに引き続き、Rさんからも

今年受験のみなさんに向けてメッセージをいただきました。

----------------------------------------------------

はじめまして。大阪梅田校で司法書士カウンセリングを担当しているRです。
今年司法書士試験に合格することができました。

12月から司法書士新人研修が始まり、平日は仕事、週末は集合研修、
夜はe-learning研修や課題レポートに追われる慌しい毎日を過ごしています。


さて、現在司法書士入門講座を受講されている方は、商業登記法の講義が終わり、
商業登記法の演習が始まる頃だと思います。

年内は主要4科目と言われる民法・不登法・商法/会社法・商登法を学び、
その学習量の多さに圧倒された方も多くおらられるのではないでしょうか。

…私は圧倒された一人です。


3時間×週3日の講義の受講して、基礎ドリルや過去問を解いて、
雛形を覚えて、記述の演習問題も解いて…と、
司法書士試験の勉強を始める前には、ここまで覚えることが多い試験だとは思っていませんでした。

普段なかなか時間がとれずに、勉強が思うように進んでいない方もいらっしゃると思います。
でも、年末年始は入門講座の講義がお休みになったりもしたと思いますので、
これからをどう過ごすかで、巻き返しができると思います。

今のうちに
テキストを読み直したり講義を聴き直したりして苦手分野を克服するもよし、

アウトプット学習に時間がとれていなかった方は基礎ドリルや過去問をひたすら解くもよし、

記述に不安がある方は、問題集を1冊決めて徹底的にやりこむもよし。


直前期を迎える前に、"自分は何をすべきなのか"を把握した上で学習計画を立て、
それを実践してみてくださいね。


これからどう過ごせば良いか、また学習計画はどのように立てたらいいか、
そういった不安がある方は、講師やスタッフの方が相談に乗ってくれると思います。

私が受講生だった頃は、福満講師に質問や相談をしまくっていました笑。
「こんなこと、相談してもいいのかな?」と思わず、不安なことや気になることは
どんどん質問や相談をしたら良いと思います。

また、伊藤塾のホームページでは、「司法書士試験受験生のための冬の学習方法」
というページも公開していますので、参考にしてみてくださいね。
https://www.itojuku.co.jp/shiken/shihoshoshi/feature/season/fuyukikaku.html


段々と寒さが厳しくなってきました。
勉強を続けるには健康が第一ですので、体調管理はしっかりとしてくださいね。
皆様の合格をお祈りしています!

2019年1月 7日 (月)

【大阪梅田校】18年度国家総合職内定者より~内定獲得までの振り返り「1月編」~

皆さん、こんにちは!大阪梅田校の公務員試験担当のtkですhappy01

年も明けましたが、皆さん学習の進み具合はいかがですか?

こちらのブログも第4回目となり、残り何回かとなりましたが、受験中の皆さんに勉強中の息抜きとしてや、少しでも有益な情報提供の場となればと思っておりますので引き続きお付き合いいただければと思います。

今回も主に今年の合格・内定目標に向けて学習をされている方を対象にちょうど一年前の今頃、
どのように学習を進めていたかなどについてお伝えしていきます。
来年以降受験予定の方も、来年受験するイメージを持ちながら読んでいただけると良いかと思います。

では[I]さん、よろしくお願いします~note

------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。国家総合職内定者の[I]です。

今回も10月11月12月に引き続き、昨年の1月に私がやっていた各種対策をご紹介したいと思います。
いよいよ年も明け、「年明けからでいい」と言われていた科目が一気に目に入ってきて、ゴールが遠のくような気がする時期かもしれません。
何から手を付けようか迷う人も多いかと思いますが、適宜参考にしていただければ幸いです!

まず、内容としては以下の3つです。

①これ完(択一過去問)

・憲/民/行:3周目に差し掛かるところ、20~30問を目安に、分野を細かく分けて一気に仕上げていくイメージ。
  →まだ時間はあるので、完璧を意識しすぎる必要はないと思います。

・労働法や刑法等の専門選択科目:ほぼ知識が抜け落ちていた科目もあったので、「インプットの仕上げ」という気持ちで1日に10~15問。

・数的:苦手意識が拭えず、毎日5問をノルマとしました。

②面接対策

③模試の受験:択一2回、論述1回を受験しました。

上記②の面接対策は新出ですが、気になる人が多いのではないでしょうか。

私は伊藤塾からアナウンスもあった「面接カードのメールでの添削」を利用し始めました。
これは体験記などでも言及しましたが、とても心強かったです!
12月編で紹介した箇条書きノートからざっと文章にして送ると、きれいで説得力ある文章になるような細かいアドバイスをいただけました。
本番まで3~4回繰り返して練り上げていきます。
私はアナウンスがある度、自分なりに2~3日推敲して取り組んでいました。

前回までは、説明会について記述していましたが、参加する省庁を絞り、「行けるものには全部行く」以外に新しいことはないので、今回は息抜きについてお話したいと思います。(本当なら年末年始の前に紹介するべきだったかもしれませんが…coldsweats01
私は、年末年始は1週間ほど完全休暇としました。
さらに、年が明けてからも毎日ある程度歩くよう心掛け、月に1~2回は遠出をしたり、夜に友達とご飯に行ったりしていました。
これは煮詰まらないためであると共に、色々な進路に向けて頑張っている人と意見交換、愚痴交換、助言をし合うという面もあり、自分の考えを客観化するために大切にしていました。
自分なりのON/OFFペースをつかめるといいですね!工夫するのも楽しみの1つにしてみてはいかがでしょうか。

以上、「1月に私が行っていたこと」でした。
なにか1つでも参考になり、試験対策、就活の一助となれば幸いですconfident

2018年12月 9日 (日)

【大阪梅田校】今年度国家総合職内定者より~内定獲得までの振り返り「12月編」~

皆さん、こんにちは!大阪梅田校の公務員試験担当のtkですcoldsweats01

12月になり、こちらのブログも早いもので第3回目となります。
学習の進み具合はいかがですか?
遅れ気味の方で、来年公務員試験を受験予定の方はそろそろ本気で学習のペースを上げていかないといけない時期になってきましたね。

今回も主に来年の合格・内定目標に向けて学習をされている方を対象にちょうど一年前の今頃、
どのように学習を進めていたかなどについてお伝えしていきます。
来年以降受験予定の方も、来年受験するイメージを持ちながら読んでいただけると良いかと思います。

では[I]さん、よろしくお願いします~note

-----------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。国家総合職内定者の[I]です。

今回も10月11月に引き続き、昨年の12月に私がやっていた各種対策をご紹介したいと思います。
10、11月に比べ、説明会参加の回数も増え、それに向けた準備に割く時間も多くなってきた時期です。
「年末」「年内に」というワードに気圧されがちかと思いますが、適宜参考にしていただければ幸いです!

まず、内容としては以下の2つです。

①これ完(択一過去問)2周目:民法/行政法を日替わりで10~20問、数的を5~10問
(※憲法に余裕がある一方、民法が苦手だったため、民法に傾斜して時間配分していました。)

②講座受講:刑法択一過去問演習、行政法記述過去問演習、面接対策
(※受講予定表を参考に、適宜優先順位を変えながら。刑法はノータッチであるのが不安だったため繰上げました。)

「11月に主要科目のこれ完1周」の目標を達成し、ミクロ・マクロもそれぞれ1周できたところで、
「主要科目(憲・民・行)については、年内になんとなく基礎を固める」ことを新たな目標として設定しました。
他の内定者の話を聞いていると、私のように過去問を解きながら知識を定着させていく方法をとった人の他、
年内は過去問に手を出さず、基礎マスター等を利用してひたすらインプットをしていたという人も多いようでした。
いずれにしても大切なことは、択一のみならず記述試験のためにも基礎的な論点と知識を固める必要があるということです。
どちらの方法でも間に合わない量ではないので、諦めずに自分に合う方法を探してみてください。

上記②の面接対策講義の受講についてですが、本格的に面接カードを書き始めたわけではありません。
小さなノートを1冊用意し、サークル、ゼミ、バイト等の活動についてそれぞれ・・・

(1)大学で何を頑張ったか
(2)なぜ始めたか
(3)課題・困難
(4)工夫・克服
(5)その理由
(6)結果・得られたもの
(7)公務員として活かせるか

という項目を埋めるような下準備を始めました。
やり方はこれも人それぞれかと思いますが、この書き出したノートのおかげで面接カードの作成、質問への受け答えに滞りなく進むことができたと感じます。勉強の息抜きにもなっておすすめです。
このノートは説明会等のメモにも使い、官庁訪問にも持って行きました!
一元化の良さを再認識できると思います。

また、11月から各種採用イベントに参加していたと前回書きましたが、
12月からは説明会等の雰囲気が分かってきたというのもあり、準備をして向かうようになりました。
自分なりに省庁の政策や理念について調べ、質問を抽出し、その答えを得ることを目的に参加するように心がけていました。
「質問をする」ことは得意でないので良いアドバイスはできませんが、ある程度準備をしていくのは一手ではないかと思います!

以上、「12月に私が行っていたこと」でした。
なにか1つでも参考になり、試験対策、就活の一助となれば幸いですconfident