法科大学院・司法試験・公務員試験・法律の資格の伊藤塾
法科大学院・司法試験・公務員試験・
司法書士・行政書士の資格の伊藤塾
株式会社 法学館

« そもそも思考法~制度趣旨(そもそも)に立ち返り,未知の問題を撃破する~ | 講師からのメッセージTOP | プレ模試から直前期へ »

2019年3月11日 (月)

まだまだ,これから

Photo

烏兎怱怱と時間は流れ,もう3月に差し掛かりました。
厳しい寒さも和らいできて,春が近づいてきております。
入門講座を受講している方は、全講義の終了が見えてきました。
講義に追いつくことが大変なことも多々あったと思います。現段階で思うように復習ができていなかったとしても,ここまで頑張ってきたことを誇りに思ってください。もちろん、入門講座の終了は合格の通過点に過ぎないかもしれませんが,一つのカリキュラムを消化できたことは素晴らしいことです。
あと少し,頑張りましょう。
また,中上級講座を受講している方は、今年こそ!と覚悟を決め,日々を過ごしていると思います。演習コースを受講していただいている方も,択一式・記述式ともにあと3回で全ての演習が終了します。思うように得点が取れなかった方も多いと思いますが,一番重要なことは,結果を踏まえて今後どのように対策を立てるかです。現段階で落ち込む必要は一切ありません。むしろ、これは成長できるチャンスなのだと,前向きに解釈しましょう。

初めて本試験を受験する方も,そうでない方も,4月から本試験までの3か月の「直前期」が一番大事な時期になることは共通しており,「絞込みと繰り返し」が重要になっていきます。直前期になると,自分が行っている学習に対して不安になることが多く,その不安から「あれもやった方がいいのかな」と手を広げがちです。しかし,人間である以上は「量と正確性」は両立しません。
すなわち,直前期の学習は,自分が学習する量を絞り込み,決めた教材を繰り返し,本試験で使える知識まで昇華させていくことが何よりも大事です。
その絞り込みのツールとして最も適しているものが「出題予想」となります。
本試験問題を予想することによって学習をする分量を大胆に減らし,知識の正確性を高めることができます。

以前ご案内させていただきましたが,伊藤塾ではこの「予想」に特化した直前パックをご用意しています。直前パックは私が担当する択一式の予想講座「うかる!択一式」,蛭町浩講師が担当する「うかる!記述式」,本試験のシミュレーションを目的とした「全国公開模試」が含まれており,両講座も過去の本試験での出題サイクルを徹底的に洗い出し,出題予想をしています。

>>>直前学習の決定版!「直前パック」はこちら


YouTube: 2019年出題予想の決定版「直前パック」 ガイダンス

この直前パックの関連する無料公開講座として,「2019年度の出題論点を予想する講義」を実施します。本公開講座では、本試験の出題サイクルや実務の動向を踏まえ、本試験分析を行った上で,直前期に優先的に復習するべき分野の指摘をしていきます。更に直前期の学習でのポイントや学習スケジュールの組み立て方も具体的に伝授していきますので,是非ご参加ください。

>>>無料公開講座「平成31年度(2019年度)の出題論点を予想する講義」の詳細はこちら

まだまだ,これから実力は伸びていきます。
上手くいかないとき,「もう駄目だ」と感じたときが本当の勝負所です。
過去を振り返らず,未来を意識せず,目の前にあることを大事にしながら,一つ一つ丁寧にこなしていきましょう。
司法書士になって人生変えてやりましょうね。

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

伊藤塾HOME 伊藤塾HOME プライバシーポリシー プライバシーポリシー サイトマップ サイトマップ 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル e-shop
Copyright © 伊藤塾/株式会社 法学館 All Rights Reserved since 1996.