法科大学院・司法試験・公務員試験・法律の資格の伊藤塾
法科大学院・司法試験・公務員試験・
司法書士・行政書士の資格の伊藤塾
株式会社 法学館

« 理想点は満点じゃない ~本試験と公開模試の心構え~ | 講師からのメッセージTOP | 記述式問題の回転速度を上げるコツ »

2019年4月17日 (水)

プレッシャーを力に変えて

Photo_15

 皆さん、こんにちは。伊藤塾司法書士試験科講師の関信敏です。

 2019年度筆記試験の本試験が近づいて参りました。受験生の皆さんの緊張の度合いも最高レベルに達しているのではないでしょうか。そりゃあ緊張しますよね。この1年間、最大限のエネルギーを費やして準備してきたことが、本試験の僅か5時間だけでほぼ決着してしまうわけですから‥。

 でも勘違いはしないでください本試験は決して嫌なもの、苦しいものではなく、皆さんに司法書士という魅力的な資格を与えてくれる年に1度のチャンスなのです。あと残り2か月半と本試験の5時間をしっかり乗り切れば、司法書士として活躍できるハッピーな未来を手に入れることができるのです。目の前にそんなチャンスがぶら下がっているんですから、ドキドキするのも当然です。ドキドキが大きければ大きいほど、チャンスを掴み取った時の喜びも大きいものになります。そう考えればこういうプレッシャーも悪くはないかも(もちろんあんまり何回も経験したくはないですが‥)と思えるはずです。

 さて、この緊張感を少しでも和らげる方法として2つのことをご提案したいと思います。1つは「本試験に慣れる」ということ。そして、もう1つは「本試験を楽しむ」ということです。

 「本試験に慣れる」という点については、過去の本試験の問題を単年度版で解いてみて、自信をつけるということがあります。過去の本試験の問題は、全くの初見ということはほとんどないでしょうから、ある程度割り引いて評価しなければなりませんが、過去の本試験の問題である程度良い点をとれば、「この年なら合格してた!」という感覚を持つことができ、自信に繋がります。もし、あまり良い点でなかったら、「この年でなくて良かった!」と思えば良いだけです。単年度版はお手持ちの問題で解いて頂くので全く構いませんが、合格者の解き方も合わせて実感できる講座として私の担当している『単年度版で解く!択一「本試験感覚」完成講座』というのもありますので、よろしければチェックしてみてください。

>>>関信敏講師による直前対策講座『単年度版で解く!択一「本試験感覚」完成講座』」はこちら


YouTube: 単年度版で解く!択一「本試験感覚」完成講座 ガイダンス

 次に、「本試験を楽しむ」という点については、私が年明け以降毎週1回YouTubeの伊藤塾チャンネルで無料で実施している「2019年に絶対合格するぞ!司法書士過去問向上委員会」という動画を是非お勧めしたいです。昨年の直前期に初めて実施したところ、大変ご好評を頂きましたので、全回分を新しい内容に変えて今年も実施することにしました。内容的には、過去問を素材にいろんなことを考えてみようというものですが、普段あまり気にしていないようなテーマを多く取り上げていますので、勉強の気分転換として聴いてください。気分転換をしながら結果的に点数アップに繋がれば一石二鳥ですよね!

>>>関信敏講師による公開講義動画シリーズ「2019司法書士 過去問向上委員会」はこちら

 
YouTube: 2019司法書士過去問向上委員会1「相続なのか?遺贈なのか?それが問題!」

 いずれにしてもこの緊張感が続くのは残りあと僅か。だったらこのプレッシャーをむしろ力に変えて、この期間を充実した日々にしていきたいものです。

 最後の最後まで応援しています!引き続き頑張っていきましょう!

伊藤塾司法書士試験科講師 関信敏

伊藤塾HOME 伊藤塾HOME プライバシーポリシー プライバシーポリシー サイトマップ サイトマップ 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル e-shop
Copyright © 伊藤塾/株式会社 法学館 All Rights Reserved since 1996.