法科大学院・司法試験・公務員試験・法律の資格の伊藤塾
法科大学院・司法試験・公務員試験・
司法書士・行政書士の資格の伊藤塾
株式会社 法学館

« プレッシャーを力に変えて | 講師からのメッセージTOP | まだまだ、勝負はこれから »

2019年5月10日 (金)

記述式問題の回転速度を上げるコツ

Doc_054219dib

5月に入り、直前期もその半分を過ぎようとしています。焦る気持ちもあるかもしれませんが、日々淡々と、やると決めたことに集中して取り組んでいきましょう。直線期の過ごし方と学習のコツについては、次の動画で紹介しているので、ぜひ参考になってください。

YouTube:伊藤塾講師からの応援メッセージ-髙橋智宏講師

今回は、動画の中で触れられなかった記述式対策についてお話していきたいと思います。

直前期の最中であるこの時期は、記述式の問題を毎日解くことを自らに課している方も多いかと思いますが、働きながら勉強している兼業受験生にとっては、毎日記述式の問題を解くというのは大きな負担です。

かといって、記述式の問題に普段触れていないと勘が鈍ってしまうおそれもありますし、答練や模試で解いた問題は、3回程度繰り返し解かないとその問題の知識が定着しにくいです。そこで、記述式問題を繰り返し解くに当たっての回転速度を上げるためのコツを2点お伝えしたいと思います。

※本試験時の記述式の問題を解くスピードを上げるコツではなく、普段の学習で記述式の問題を限られた時間の中で繰り返し解くためのコツです。

〔1) 答案を略して書く

例えば、「○年○月○日就任 東京都渋谷区桜丘町17-5 代表取締役 A」など、記述式の答案の記載事項には時間がかかるものがあります。もちろん本試験では一言一句しっかり書かなければならないのですが、普段の学習においてはこれを一言一句書いていても知識が定着するわけではなく、あまり効果はありません。むしろ、その時間を削って択一式の学習時間に回したほうが効率的でしょうですから答案を書くとしても略して書くことがオススメです。

上記の例に対応した例でいえば、「○・○・○就任 東京~ 代取A」といった形です。特に商業登記法の問題で定款の記載をひたすら書き写さなければならないところは、このように省略すると、解答にかかる時間を大幅に節約することができます。

なお、「本試験でしっかりした書き方ができるか不安…」と懸念される方もいらっしゃるかと思いますが、公開模試の際に本試験同様に一言一句しっかり書く練習をしておけば大丈夫でしょう。

〔2〕 前回ほぼ答案が書けた問題は答案構成だけをする

先程申し上げたとおり、答練や模試で解いた問題は3回程度繰り返し解かないとその問題の知識が定着しにくいので、同じ問題を繰り返し解く必要があるわけですが、前回ほぼ(目安として8割以上)正解していた問題については、「答案構成だけをする」というのも時間短縮の策としては有効です。一部だけ不安なところがあるのであれば、不安な枠だけ答案を書くようにしましょう。この方法であれば、問題を解く時間は半分で済むので働きながら勉強している兼業受験生には特にオススメです。

直前期は受験生にとって重要な時期だからこそ学習の効率化が大事になるので、直前期の学習を少しでも効率的にする手段として参考にしていただければ幸いです。

>>>直前期でも登記法を伸ばせる!髙橋講師の「新・択一登記法集中演習講座」はこちら

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏

伊藤塾HOME 伊藤塾HOME プライバシーポリシー プライバシーポリシー サイトマップ サイトマップ 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル e-shop
Copyright © 伊藤塾/株式会社 法学館 All Rights Reserved since 1996.