法科大学院・司法試験・公務員試験・法律の資格の伊藤塾
法科大学院・司法試験・公務員試験・
司法書士・行政書士の資格の伊藤塾
株式会社 法学館

« テキスト読込みのコツ | 講師からのメッセージTOP | 記述式のミスをなくす~「間違いノート」作成のススメ~ »

2019年10月22日 (火)

今後の学習の指針

Img20190703170250033312_2

日を重ねるごとに寒さも厳しくなり本格的な冬が近づいてきています。学習の調子はいかがでしょうか。また,台風19号等の災害により被災された皆様には,謹んでお見舞い申し上げます。

司法書士試験では,10月・11月は,学習のモチベーションが低下しやすい時期となるため,この時期に今一度2020年度の合格に,何が必要なのかということを今まで以上に考えていく必要があります。

入門講座を受講中の方と,中上級講座を受講中の方に分けてお話をします。

2020年度合格目標を目指し,今現在入門講座を受講中の方は,会社法の分量に圧倒されてしまい途方に暮れてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。会社法と商業登記法は学習する上での鬼門になりますので,講義を完璧に理解しようとはせずに,「とりあえずはそんなものか。」と割切ることも重要になっていきます。

司法書士試験はボリュームがあるため,最初から全てをこなすことは非常に難しいです。知識は後から身に付いてきますので,少し肩の力を抜いて学習をしていただければと思います。

続いて,中上級講座等をご受講の方に対してですが,大事なことは,自身の弱点を知り,基本的な知識を年内に固めておくことです。特に主要4科目(民法・不動産登記法・会社法・商業登記法)については,どこを補強するのかをきちんと把握する必要があります。復習する科目も増えてくるからこそ,これだけは必ず復習を終わらせるという教材を決めておくと良いでしょう。

また,記述式についても年明けに入る前までに,本試験レベルの問題に触れていくと今後の学習がスムーズになります。あまり時間が取れない方も最低限の問題演習は時間をとって行うと良いでしょう。

そうはいっても,学習状況は人によって違うわけですから,思うように学習が進んでおらず,今自分が何をやるべきなのか,あるいは,自分の学習スタイルがこれで良いのかなど,それぞれの悩みがあると思います。

そこで是非,伊藤塾の講師カウンセリング制度をご利用いただければと思います。講師カウンセリングでは,現状をしっかりと把握した上で,今後の学習の指針となるべきことをお伝えしていきます。またモチベーションが上がらない方もご利用していただければと思います。

<<<宇津木卓磨講師も担当する講師カウンセリング制度「パーソナルカウンセリング」はこちら

「やるべきこと」「やらないこと」を明確にし,2020年の合格に共に邁進していきましょう。

 司法書士になって人生変えてやりましょうね。

<<<民法改正に完全対応した新作問題で合格を掴む!年明け開講の「演習コース」はこちら

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

伊藤塾HOME 伊藤塾HOME プライバシーポリシー プライバシーポリシー サイトマップ サイトマップ 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル e-shop
Copyright © 伊藤塾/株式会社 法学館 All Rights Reserved since 1996.