法科大学院・司法試験・公務員試験・法律の資格の伊藤塾
法科大学院・司法試験・公務員試験・
司法書士・行政書士の資格の伊藤塾
株式会社 法学館

« 物権法改正の動向 | 講師からのメッセージTOP | 年末年始の学習方法&押さえておきたい民法改正・登記法重要問題20選 »

2019年12月11日 (水)

『“択一クイックマスター総整理講座”はじめました』

Koyama_3

直前期は「勝てる自分」を作り上げる必要があります。
どんな実力者でも不安いっぱいでは,勝負に勝てません。
「あれもやった,これもやった,それもやった,だから自分は大丈夫!」
直前期ではそんなトレーニングをする必要があります。
知識の有無が問われる択一式では,ややもすると物量主義に走りがちですが,本試験の現場で威力を発揮するのは知識の量ではありません。「質の高い知識」です。「100の不確かな知識より,10の確実な知識」が貴方を合格に誘ってくれるのです。
その理想を実現してくれる講座が,“択一クイックマスター総整理講座”!
過去多くの合格者を輩出しているこの講座で「勝てる自分」を作り上げて下さい。

以下,講座の特徴を記します。

【特徴①】核となる知識を効率よく総整理

直前期では、いかに効率よくスピード感を持って、総復習することができるかがポイントになります。本講座は、極限まで情報を絞り込み、重要で密度の濃い知識を短時間で繰り返し復習できるように構成されています。
テキストは、左のページに過去問ベースの一問一答式問題、右のページに図表を中心とした知識整理、という構成になっています。これにより、「テキストと過去問集の行き来」という時間をカットでき、かつ、スムーズにインプットとアウトプットを行うことができます。またテキストは約900頁で,これは、試験範囲全体が「手のひらに乗る感覚」の分量です。このテキストを徹底攻略することで、高速で全科目を総整理することができます。
このテキストの反復学習により、問題に対する判断速度が上がり、解答時間の短縮を図ることが可能となります。
なお、民法改正及びそれに伴う他科目の改正点並びに最新の重要判例・先例も、すべて本編テキストに反映させておりますので、改正論点等を含め、より短時間で効果的に学習できるよう、昨年にも増して,さらなる効率化を図っております。

【特徴②】知識の「質」を高め,点数を安定化させる

効果的に点数をアップさせるには、出題可能性の高い部分を学習し、出題可能性の低い部分には時間をかけないことが重要です。本講座では,過去の出題データや合格者の正答率を解析し、①過去に繰り返し出題され今後も出題される可能性が高い知識、②正答率が高く合格者なら押さえておくべき知識、③出題の予想される知識を中心として学習していきます。短期間に詰め込める知識量には限度がありますから、その分、知識の質を高めることが得点の上昇・安定を図る上では大切です。

他にも,もっともっと言いたいことがあるのですが,このブログでは言いきれないので,ご興味のある方,受講を検討されている方につきましては,下記より,無料公開講座のストリーミングで,講座の趣旨・目的を確認してみて下さい。

<<<無料公開講座「択一式対策のスピードを上げる講義 」はこちら

今年のクイックマスターは,Web講義一本勝負(12月2日より配信開始)ですが,収録に際しては,魂を込めて講義をしております。そして,この講座を通じて,一人でも多くの方に,2020年の栄冠を勝ち取ってもらいたいと思っております。

Photo

<<<小山晃司講師による「択一クイックマスター総整理講座」はこちら


YouTube: 2019年司法書士試験合格者メッセージ~択一クイックマスター総整理講座が私の合格の原動力~

司法書士受験生応援団団長
小山晃司

伊藤塾HOME 伊藤塾HOME プライバシーポリシー プライバシーポリシー サイトマップ サイトマップ 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル 伊藤塾モバイル e-shop
Copyright © 伊藤塾/株式会社 法学館 All Rights Reserved since 1996.