伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 民法改正は重要だけれど‥ | メイン | 実戦力養成期と直前期の学習法 »

2020年1月24日 (金)

不動産登記法『総論』の学習戦略~2020年本試験に向けて~

Doc_054219dib

不動産登記法に関して多くの受験生が抱いている悩みが「総論」の対策ですが,不動産登記法における「総論」という言葉は次の3つの意味で使われます。一言で「総論の問題が苦手」といっても,その意味によって対策が異なります。

総論登記手続を問う問題(例:登記官による本人確認,電子申請)
横断整理的に知識を問う問題(例:印鑑証明書に関する問題,承諾証明情報に関する問題)
登記申請の形式が通常と異なる登記を問う問題(例:処分制限の登記,仮登記)

下記の表で昨年(令和元年度)の本試験を振り返ると、例年に比べてこれら総論分野の出題が総じて少なかったことが挙げられます(もちろん問題の見方によっては分類も変わりますが)。特に横断整理問題はその前の年(平成30年度)に比べて大きく減少していることが分かります。

Photo_2

昨年(令和元年度)の本試験の難しさは「各論知識の中で難しい知識が問われた」ことによるところが大きかったといえますが、これを受けて各論知識の強化ばかりを図っていると、総論分野の対策がおろそかになり、失点を招く原因になりかねません。

そういった意味で、今年は「総論分野対策」の意識が例年以上に必要になる年といえるでしょう。

そこで今回は、「不動産登記法『総論』の学習戦略」と題して、上記①~③の対策について詳細にお話していきたいと思います。

① 総論登記手続を問う問題【例年2問程度出題】

総論登記手続を問う問題に苦手意識を感じてしまう原因の1点目としては,「総論登記手続を問う問題の過去問が少ないこと」が挙げられます。過去問として触れる機会があまりないので,その対策がしづらいのです。総論登記手続は,過去問をこなすだけでは対策が不十分なので,答練で出題された総論登記手続を問う問題も,過去問代わりとして繰り返し解くようにしましょう

また,総論登記手続を問う問題に苦手意識を感じてしまう原因の2点目として,「総論登記手続を集中的に学習する機会が少なく,学習が手薄になりやすいこと」が挙げられます。この対策としては,総論登記手続を集中的に学習する機会を普段の学習の中に盛り込むとよいでしょう。具体的には,「テキストの読み込みにおいて,総論部分を各論よりウエイトを高めにして取り組む」といった勉強法がオススメです。

② 横断整理的に知識を問う問題 【例年5問程度出題】

横断整理的に知識を問う問題に苦手意識を感じてしまう原因としては,「どこから知識を引っ張り出せばいいのか分からなくなること」が挙げられます。したがって,横断整理的に知識を問う問題の対策としては,「知識の引っ張る先を明確にすること」が重要です。要するに,テキストのどこに何が書いてあるのかをしっかり把握することが大切なのです。

その具体的な学習法としては,普段の問題演習の際にテキストに逐一戻ることを徹底することがオススメです。普段,問題演習の際に正解した場合にはテキストに戻らないという方も,横断整理的に知識を問う問題においては,逐一テキストに戻るようにしましょう。これにより,テキストの記載箇所を意識しやすくなり,横断整理的にあちこちから知識を問われても,知識を想起しやすくなります。単純な方法ではありますが,効果的な対策となりますので,横断整理的に知識を問う問題を解いた場合は,逐一テキストに戻る癖をつけましょう。

③ 登記申請の形式が通常と異なる登記を問う問題【例年3問程度出題】

処分制限の登記,仮登記,区分建物の登記などの登記申請の形式が通常と異なる登記は多くの受験生が苦手とするところですが,これは登記申請の形式が通常と異なる登記は理解するのが比較的難しく,「よく分からない」という状況に陥っているからです。したがって,登記申請の形式が通常と異なる登記の対策としては,その分野に対する理解度を引き上げることが必要です。しかし,自分でテキストを読み込んだり過去問を解いたりしても,理解度を上げることは難しいでしょう。かといって色々な文献に当たるのは時間のロスに繋がり,逆効果です。

そこで,お勧めしたいのが「ピンポイントの講義の再視聴」です。インプット講義を受講していた方は,理解できていない分野についてピンポイントでその箇所の講義を再視聴するとよいでしょう。講義を聴き直すことによって,一回聴いても分からなかったところが分かるようになり,理解が深まります。なお、質問制度を活用し、質問を通して理解を深めるのも得策です。

最後に,私の担当する直前対策講座「択一登記法集中演習講座」は,上記のような不動産登記法『総論』の対策にも長けた講座となっていますので,もしよろしければご検討ください。

★2/8(土)開講!髙橋講師担当の直前講座「択一登記法集中演習講座」はこちら

また、現在無料公開講座「押さえておきたい民法改正・登記法重要問題20選」を配信しています。私が担当する直前対策講座「民法改正集中演習講座」「択一登記法集中演習講座」の体験講義として、押さえておきたい重要問題の演習を行い、解説していくものとなっています。単に問題を解いて解説するだけではなく、民法改正と択一登記法の学習の方向性も示していますので、ぜひご視聴ください。

Photo_2

★講義テキストのダウンロードはこちら

★無料ストリーミングの講義の視聴ページはこちら

一緒に2020年の絶対合格に向けて、頑張っていきましょう!

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏