伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 不動産登記法『総論』の学習戦略~2020年本試験に向けて~ | メイン | チャンスは作るもの・・予想論点による大胆な絞り込み »

2020年1月29日 (水)

実戦力養成期と直前期の学習法

Img20190703170250033312_2

演習コースが開講し,早いもので択一式では民法の演習が終了しました。

やはり民法では,改正についての問題が思うように正解できない方が多くいらっしゃいました。改正に対しての不安は大きいと思いますが,まず大事なことは「改正の要点」を押さえることです。換言すれば,細かいことは気にしないことが非常に重要となってきます。

民法の改正に対して学習時間をかけすぎてしまうと,他の科目の学習に影響が出てしまい,合格から遠ざかってしまいます。

年明けから3月までの実戦力養成期は,主要4科目を中心に,全体をバランス良く学習することが重要です。その上で,今ある基礎的な知識を完璧に記憶しつつ,本試験の現場で実際に使う戦術を確立する必要があります。そのペースメーカーとして演習コースを活用すると効果的です。 

★民法改正に完全対応した新作問題で合格を掴む!大人気の「演習コース」はこちら

なお,この時期は演習が本格的に始まるため,どうしてもインプットが疎かになりがちになります。何事もバランスが大事です。演習(アウトプット)をしながら,お手持ちのテキストに戻る作業を意識してみてください。

そして,実力養成期が過ぎると,4月から直前期に入っていきます。

直前期は入門講座を受講している方も中上級講座を受講している方も,「絞込みと繰り返し」を意識することが重要となっていきます。

直前期になると,不安になることが多く,その不安から「あれもこれもやった方がいいのかな」と手を広げがちです。しかし,人間である以上は「量と正確性」は両立しません。

すなわち,直前期の学習は,自分が学習できる量を見極め,やると決めた教材を繰り返し,本試験で使える知識まで昇華させていくことが大事であり,そのツールとして最も適しているものが「出題予想」となるので,「直前パック」を有効活用していただけると良いでしょう。

本試験問題を予想することによって学習をする分量を大胆に減らし,知識の正確性を高めることができます。

★直前対策の決定版!宇津木講師の講座を含む「直前パック」はこちら

このように実戦力養成期と直前期では学習方法が異なっていきますので,直前期に入る前のこの時期に,本試験に対応できる力を養成していきましょう!また,4月までの学習スケジュールを大まかで構わないので,逆算して考えておきましょう。

厳しい寒さが続いており,体調を崩しやすい時期です。疲れたら無理せず休みましょう。


YouTube: 宇津木卓磨の「うかる択一式」で合格するための学習戦略

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨