伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 決意新たに | メイン | 不動産登記法『総論』の学習戦略~2020年本試験に向けて~ »

2020年1月20日 (月)

民法改正は重要だけれど‥

Photo_15

皆さん、こんにちは。伊藤塾司法書士試験科講師の関信敏です。

年が明けて、受験生の皆さんにとっては「2020年の合格へ向けての折り返し地点を回って少し進んだあたり」ということになるでしょうか。

既に一定の方向性で歩みを進めていらっしゃるとは思いますが、今一度強調しておきたいことがあります。それは、年明け以降は「バランス最優先」ということです

年が明けると多くの皆さんが答練を受講されると思いますが、答練を受け始めるとどうしても答練の点数が気になりだして、答練の該当科目ばかりに偏った勉強になりがちです。しかし、特定の科目だけをたくさん勉強してその科目で良い点を取っても、全く本試験の参考にはならないのであって、本試験と同じ11科目を併行して勉強しつつ個々の科目で良い点を取れる力を身に付けなければなりません。

この点、2020年の合格ということを考えた場合、年内の間は「民法改正」に相当時間を割いて勉強してきたと思いますが、年明け以降についてはやはり「民法改正」に偏った勉強をするべきではないということになります。

但し、「民法改正」が他の科目・分野と異なる点として、まだ勉強を始めて半年程度しか経っておらす、定着の度合いが弱いということがあります。そこで絶対的な勉強量としてはバランスを最優先にしつつも、コンスタントに「民法改正」に触れる勉強をすることが望まれます

そんなニーズにお応えする企画として、私が担当してYouTubeの伊藤塾チャンネルで配信している司法書士「民法改正」向上委員会をお勧めしたいです。毎週金曜配信で一話につきだいたい30分程度、「民法改正」に関連する択一の肢を2~3個解説しています。一話完結方式なので、勉強の気分転換として気軽に視聴して頂ければと思います。気分転換がそのままコンスタントに「民法改正」に触れる機会となっていれば、勉強全体のバランスにも影響がなく、最良の「民法改正」対策になる筈です

勝負はこれからです。引き続き頑張っていきましょう!

★関信敏講師による「司法書士『民法改正』向上委員会」特集ページはこちら

★関信敏講師の担当する直前対策講座「択一過去問直前総仕上げ講座」はこちら

伊藤塾司法書士試験科講師 関信敏