伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 直前期における択一過去問活用法 | メイン | 直前期の過ごし方 目標設定編② »

2020年3月24日 (火)

直前期の過ごし方“目標設定編①”

Img20190703170250033312_2

3月も中旬となり,だいぶ暖かくなってきました。答練もクライマックスですが、学習ペースは掴めていますか?

今現在、コロナウイルスの影響が多岐にわたり,日々不安に思っている方も多いと思います。在宅で学習をする機会が増えた方も多いでしょう。講師ブログを読んだり,Yooutubeなどの動画を視聴する機会も増えるかもしれません。

こんなときだからこそ、これから迎える直前期の過ごし方を踏まえて,「学習の目標設定」や「休息」について,ブログを執筆しました。

直前期になると,まず焦ります。

その焦りから、勉強に集中できなくなり,何から手を付けていいのか迷ってしまう方が多くいらっしゃいます。

その結果,色々な教材に中途半端に手を付けてしまい,繰り返しができないため,知識の精度が上がらない。→いたずらに時間だけが過ぎていく…。→そんな自分が嫌になって自己嫌悪に陥る。これでは悪循環であり,決して思うような成長も望めないでしょう。

直前期の学習で一番重要なことは、「絞込みと繰り返し」です。

この絞込みと繰り返しによって,知識の精度を上げ,本試験現場で「使える知識」に昇華させていくのです。換言すれば、「やらないことを決める」ということに直結します。

やらないことを決めることにより,頭の中がすっきりしてクリアになります。頭がクリアになれば、自然とモチベーションも上がっていきます。

今あれもこれもと手を出してしまい、やることに追われてしまっている方は,目標設定をする際に思い切ってやらないことを決めてみてはいかがでしょうか?

きっと,前向きに学習をすることができますよ。ブログを最後までご覧いただきありがとうございました。次回は目標設定について、もう少し具体的に一緒に考えていきましょう。

 
YouTube:「宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさまでした”」のシリーズはこちら

宇津木卓磨