伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 弱点強化のポイント~試験延期を受けて~ | メイン | 2020年司法書士試験合格戦略~延期日程発表を受けて~ »

2020年6月29日 (月)

緊急リリース!! 講座 「最後の記述式~“連想スキル”で枠ズレを防ぐ~」

Img20190703173341743906

皆さんこんにちは!伊藤塾の坂本龍治です。
この度、コロナ禍の影響を多分に受けている司法書士受験生の力になりたい!
ということで、記述式対策講座を緊急実施することになりました。

その名も「最後の記述式~“連想スキル”で枠ズレを防ぐ~」です。

不動産登記法5時間、商業登記法5時間の短い講義になりますが、
基本論点・重要論点を中心に、今ある知識をブラッシュアップすることで
より確実に点数につなげることを目指した講座となっています。

「効率的な学習戦略」を考えたときに重要なことは
多くの受験生が知らない知識を増やして点数を稼ぐことではなく
多くの受験生が知っている基本を他の誰よりも確実に点数に結びつけること
にあります。

一定のレベルに達すれば、試験で問われるほとんどの知識は
聞いたことのある知識、押さえたはずの知識となります。

ところが、
知っているはずなのに、押さえたはずなのに、
点数に結び付かない…
という現象が、平気で起こるのがこの試験の恐ろしいところです。

逆に言えば、多くの受験生が知っている知識であっても、
その一つ一つをミスなく処理し、着実に点数に結びつけていくことさえできれば、
それだけで差がつくのです。

特に、記述式は択一式と異なり、
一つの判断ミスが、多くの失点に繋がってしまう恐ろしさがあります。
「枠ズレ」ひとつが不合格判定に繋がる可能性があるのです。

だからこそ、
基本論点・重要論点を 「正確に」処理できるレベルに達することが極めて重要であり、
択一式対策以上に、今ある知識の「精度を高める」ことに重きをおくべきといえます。

こうした観点から「最後の記述式」は、
「今ある知識をブラッシュアップすることで」
「より確実に点数につなげることを目指した講座」となっているのです。

具体的には、
「連想スキル」を身に付けることでこれを実現します。
「連想スキル」とは、“あれを見たらこれを連想する”といった連想する力をいいます。
たとえば、「差押え」ときたら「元本確定?」、
「取締役会廃止」ときたら「代表権付与?」といった連想をするということです。

どんなに複雑に組み込まれた事案であっても、
ひとつひとつの論点から想起すべきことや、
検討のプロセスは変わりません。
いつもどおり、ひとつひとつの論点を紐解いたうえで分析することができれば
事案が複雑になっても安定して正解を導くことができるようになるのです。

でも、その「いつもどおりの分析」ってどういうこと??
「ひとつひとつの論点から想起すべきこと」ってなに???

これが分からないうちは、処理が安定しません。
この答えを提供するのが、
「最後の記述式~“連想スキル”で枠ズレを防ぐ~」です!

記述式の対策に悩んでいる方。
今ある知識に不安を抱えている方。
今ある知識をブラッシュアップする方向で合格を勝ち取りたい方。
ぜひ、本講座をご活用ください!!

★新リリース!坂本講師の「最後の記述式~“連想スキル”で枠ズレを防ぐ~」はこちら