伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 令和2年度司法書士試験の実施時期の延期を受けて | メイン | どうする?認定考査対策 »

2020年6月 8日 (月)

合格に向けて②〜休息も戦略の一つである〜

Img20190703170250033312_2

みなさん、こんにちは。

前回のブログでは、時間がない方におススメの具体的な学習方法をお話ししましたが、今回は『休息』についてアドバイスさせてください。

いきなりですが、みなさん休んでいますか?新型コロナウイルスの影響により、世の中は凄まじい勢いで変化をしています。人によって影響の大小はあると思いますが、みなさんにも何かしらの影響は出たはずです。
そして、試験も延期され、何もかもが初体験のことばかりです。
いろいろなことが立て続けに起き、疲れを感じている方もいるでしょう。
今回、お伝えしたいことは、『疲れたら、休みましょう。』ということです。

当たり前だと思うかもしれませんが、意識して休むことができている方は意外に少なく感じます。ここでいう「休む」とは、勉強をせずにダラダラして一日を過ごすということではありません。意識して脳を休ませることです。

私たちは、このSNSが発達した社会において、日々膨大な情報量に触れています。この講師ブログもそうです。そのことの良し悪しは横におきつつも、ネガティブなニュースなどに毎日触れていれば、自然と気分もネガティブになっていきます。
人は一日に六万回思考しており、その9割が同じ内容の繰り返しであり、かつネガティブなものが多いとされています。

そこで簡単なアクションプランですが、『何も考えない』時間を意識して作ると良いでしょう。例えば、家を掃除しているとき、掃除機をかけているときは何も考えないようにする。洗い物をしているときは何も考えないようにするなどです。
この際、「今、ここ」に自分はあると意識することがポイントです。

瞑想などもお勧めですが、まずは簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか。
なかなか試験に対するモチベーションが上がらない方は、是非取り入れてみてください。
自然と心と脳が整い、すっきりすることにより、モチベーションの維持がしやすくなると思います。

休むことに抵抗がある方は非常に多いですが、適度な休息は合格に必要不可欠なものであると私は思います。バランスをとりながら、前に、合格に向かっていきましょう。


YouTube:「宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさまでした”」のシリーズはこちら

試験実施延期を受けて増枠!「司法書士パーソナルカウンセリング制度」はこちら

宇津木 卓磨