伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 合格に向けて②〜休息も戦略の一つである〜 | メイン | 弱点強化のポイント~試験延期を受けて~ »

2020年6月15日 (月)

どうする?認定考査対策

Img20190703173341743906

「司法書士試験」「認定考査」、
ともに実施日が発表されていない状況が続いていますが、
しっかりと勉強に取り組めていますか?

「認定考査」に関して言えば、本来の試験日を過ぎている状態にあります。
当初は、6月7日(日曜日)に学習の成果が最大限発揮されるよう
スケジュールを組んで学習してきたはずですが、日常が急変する中で、
予定通りにスケジュールを消化できなかった方も多いと思います。
しかし、試験日が延期されたことで、
立て直しをはかるだけの十分な時間が確保されたと言えますから
このチャンスを活かして、万全の対策を講じていきましょう。

出題のうち、要件事実に相当する部分への対策としては、
複数の論点が組み合わされた問題にも対応できるよう
一つ一つの論点への理解とスキル(解答としての文章を書く力)を
あげていくことが重要です。

近年の問題は、第1回認定考査問題とは比べ物にならないほど複雑化しています。
しかし、たとえば昨年の問題をみてみると、
分解して見てみれば「金銭消費貸借」「債権譲渡」「相殺」と
一つ一つは基本論点であるにも関わらず、
これがいっぺんに問われることで、一気に問題の難易度が上がっている
といったことがあります。
「売買」×「代理」×「相続」であるとか、
「金銭消費貸借」×「債権譲渡」×「相殺」であるとか、
3つの論点を組み合わされると、
処理能力の限界を超えないまでも、ミスやエラーが生じがちです。
こうした傾向に対応するためには、
一つ一つの精度を上げていくことがとても重要になります。
基本論点に対する理解・スキルが90%のところまで来ているからといって安心せず
100%に近づけることを考えてみましょう。

出題のうち、業務範囲・倫理への対策は、
とにかく基本を押さえよう!ということが重要です。
業務範囲・倫理は、焼き直しでの出題が非常に多いところですので
過去問ベースの問題を潰しておくことで相当点数を稼げます。
「認定司法書士への道【実践編】」の「第3部」の問題を繰り返し解き、
類似の問題に対応できる力を身につけていきましょう。
業務範囲・倫理の出題は、
「司法書士簡裁訴訟代理等関係業務の手引」(日本司法書士会連合会 編)
のレベルを超えるものではなく、同書を消化することも対策としては有益ですが、
まずは過去問ベースを潰すことが優先ですので
「道【実践編】」をご活用ください。
もっとも、未出の論点が積極的に出題されている傾向にありますので
余裕のある方は「手引」の「Q&A」の部分も消化していくと
より万全の対策となります。

「訴訟物」「請求の趣旨」「要件事実(請求原因事実・抗弁・再抗弁)」
「業務範囲問題」「倫理問題」をノーミスで処理できさえすれば、
合格ラインである40点はゆうに超えますので、
まずはここで着実に点数を稼ぐ対策をとりましょう。

今後の学習スケジュールは、
現段階においては立てづらいのが正直なところですが
司法試験が、本来の試験日のちょうど3ヶ月後に実施されることを参考にすれば
個人的には9月以降の日程になる可能性が高いと考えています。
ひとつは、「まだ3ヶ月以上あるかもしれない」といったところで、
気持ちを切らさないこと、中だるみしないことが重要になってきます。
試験日までの数か月は、学習ペースが崩れてしまった数ヶ月を
リカバリーするためにありますから、気を引き締めていきましょう。

「何か学習のペースを掴むための目標が欲しい」という方のために
私が担当させて頂いた「認定考査対策講座」をご受講いただいた方には
「模擬演習編」の「重要問題」の解説を新規に収録し配信させて頂く予定です。

例えば、
7月の日曜日のどこかで、「重要問題第1回」の問題を2時間測って解き、
8月の日曜日のどこかで、「重要問題第2回」の問題を2時間測って解く。
そして、それぞれ問題を解いた後に解説講義を聞き、
弱点を洗い出し、今後の学習計画を練り直す。
といった感じでご活用いただければと思っております。
もちろん、これまで講座をご活用頂いていない方も、
今からの受講でも「試験対策としての勉強」を実践できる
十分意義のあるものになりますから、是非ご活用ください。

最後に、暑い日が続いていますが、
引き続き健康に留意しながら頑張っていきましょう!!

★坂本龍治講師の担当する「2020年取得目標 認定考査対策講座」はこちら

 
YouTube: 「認定司法書士への道」3部作完成!坂本講師がポイントを解説します

坂本 龍治