伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 2020年8月 | メイン | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

2021年度司法書士試験合格戦略~未知の状況にどう立ち向かうか~

Yamamura_2

皆さんこんにちは。山村拓也です。

本試験、お疲れ様でした。今年は史上初の本試験延期や新型コロナウイルスの問題もあり、本当に大変な状況の中での受験だったと思います。そのような状況の中、最後まで諦めずに戦い抜かれた皆さんに心から敬意を表します。本試験まで張り詰めた身体と心には相当な疲労が蓄積していますので、まずはゆっくりと休息をとって下さい。そして、しばらくの休息の後は皆さんの状況に合わせて早めに次の一歩を踏み出しましょう。

さて、2020年度本試験はこれまでに例のない、延期という形になりました。2021年度本試験が例年通りの7月に実施されるとすると、来年度の本試験までの受験準備期間は例年と比べて約3か月短くなります。

しかし、試験範囲が変わるわけではない以上、受験生としてやるべきことは変わりません。準備期間が短くなるからといって、学習すべき範囲を従来よりも狭めると、本試験問題に対応できる幅も狭まってしまいます。かといって、むやみに広範囲にわたって学習するというのも、来年の本試験までに消化しきれない可能性があります。

以上を踏まえると、2021年度本試験では必要かつ十分な学習範囲を設定したうえで優先順位(メリハリ)を付けた学習をすることが例年以上に重要になります。 具体的には、学習項目の中でも基本的なところや自分の弱点となっているところを優先して取り組む必要があるでしょう。このように優先順位を付けた学習を行えば、少ない時間の中で効率的に実力を伸ばすことができるとともに、学習した知識の消化不良も防ぐことができます。

以上をまとめると、次の3点がポイントとなります。

❶ 可処分時間を踏まえた学習計画
❷ 優先順位を付けたメリハリのある学習
❸ 合格に必要十分な学習項目の網羅性

そこで、伊藤塾では上記のポイントを踏まえ、単にカリキュラムの短縮を行うのではなく、単元ごとの講義を行うことで自身の弱点となっている分野を優先的に学習できるようにする(単元制講義)、あるいは、基本的な内容を扱う講義と発展的な内容を扱う講義に分けて学習できるようにする(段階別講義)など、合格に必要かつ十分な分量を確保したうえで、優先順位をつけた学習を可能とする合理的なカリキュラムをご用意しています。2021年合格に向けて大幅にリニューアルした伊藤塾のカリキュラムで、是非合格を掴み取ってください。

また、10/3(土)には「2020年度司法書士試験本試験問題分会(YouTubeライブ)」を実施します。伊藤塾の総力を結集し、皆さんの自己分析に役立つ資料と講義を提供させて頂きますので、是非ご参加ください!

Img20200825184113973274

★10/3(土)実施!2020年度司法書士試験本試験問題分析会

2020年9月27日 (日)

2020年本試験を受験された皆様へ~伊藤塾司法書士試験科講師からのメッセージ~

2020年本試験を受験された皆様、本当にお疲れさまでした。

感触が良かったにしろ悪かったにしろ、本試験の日はすべての人にとって新たな一歩を踏み出す日でもあります。どのような結果にしろ、また新たな目標に向かって頑張っていきましょう!

皆様に向けて、伊藤塾司法書士試験科講師陣からメッセージが届いていますのでぜひご覧ください。


蛭町 浩 講師

Hirumati_3

法律家にとって最も求められていることは「タフ」であることです。試験ごときで「へばっている」場合ではないと自分を鼓舞し、できるだけ素早く次の一歩を踏み出しましょう。

試験に手応えを感じた人は、認定考査対策を視野に入れて下さい。今年度の試験をみる限り、認定考査は、明らかに難化の傾向をみせています。今までより早く勉強に着手し、内容を消化できるまでの時間を多くとることが必要となります。

いずれにせよ、「今ある力」は、勉強の継続で得られていることを忘れないで下さい。勉強から離れれば、確実に「ただの人」に戻ります。そうなってからの「後悔」は、余りに勿体ありません。皆さんのスタートダッシュを期待しています。


山村 拓也 講師

Yamamura_2

本試験、お疲れ様でした。今年は史上初の本試験延期や新型コロナウイルスの問題もあり、本当に大変な状況の中での受験だったと思います。そのような状況の中、最後まで諦めずに戦い抜かれた皆さんに心から敬意を表します。今日まで張り詰めた身体と心には相当な疲労が蓄積していますので、まずはゆっくりと休息をとって下さい。また、今日まで親身になって支えてくれた周りの方々へ感謝の気持ちを是非伝えて頂きたいと思います。

そして、しばらくの休息の後は皆さんの状況に合わせて早めに次の一歩を踏み出しましょう。特に今年は本試験延期の影響により、来年の本試験までの準備期間が例年より約3か月短くなりますので、来年の受験を視野に入れる場合には早めに学習の再開をする必要があります。

本試験問題分析や今後の学習スケジュールに関する情報については、10/3(土)に実施する「2020年度司法書士試験 本試験問題分析会 (YouTubeライブ)」等各種イベントでお伝えしますので、是非ご参加下さい。また、10月は講師カウンセリングも増枠しますので、個別相談に活用して頂ければと思います。

これからの結果待ちの期間である「試験後」は、ある意味「試験前」よりも精神的に辛い状況になることも多々ありますが、それは先輩合格者も皆通ってきた道です。様々な不確定な情報に振り回されて大切な時間を浪費すること無く、一歩先を見据えて「今」を大切にして頂きたいと思います。あらためて、本試験、本当にお疲れ様でした。


高城 真之介 講師

Photo_3

本試験、お疲れ様でした。長くつらい戦いが終わり、今は何も手に付かないという方も多いかもしれません。そんな中でもまずは今までお世話になった家族や友人に感謝してください。結果はどうあれ本試験を無事に終えることができたのは自分一人の力ではないのですから。

そして、直前期の悲壮なまでの頑張り、そして、死に物狂いで戦った本試験を乗り越えた自分自身を褒めてください。本当によく頑張ったと…本当にお疲れ様でした。


小山 晃司 講師

Koyama_2

~『さらなる未来へ向かって...』~
☆ 少々の不安と大きな夢を抱いて歩み始めた司法書士への道.
☆ 刹那に頑張ったトレーニングの日々.
☆ 何度も折れた心.
☆ ふさぎ込む自分.
☆ それでも魂を奮わせ,また立ち上がる.
☆ たくさんの努力を重ねて挑んだ今日の本試験.
☆ 今,流している涙.
☆ その先にある未来.
☆ これからも人生は続きます.
☆ そして,貴方の前には,すでに次のステージが用意されています.
☆ しばしの休息をとったら,また人生を歩み始めましょう.
☆ 本試験,本当にお疲れ様でした!!

司法書士受験生応援団団長 小山晃司


福満 賢一 講師

Photo_10

本試験受験お疲れ様でした。皆様は、それぞれ自分の持てる力を出し切り、精一杯戦ってこられました。立派でしたね。今は、心と体の休養が必要です。まず、誠実に夢に向かって頑張ってこられた自分自身を褒め、誇りを持ってください。

そして、落ち着かれた頃に冷静に今年の試験を振り返り、分析し、これからのことをゆっくり考えてください。伊藤塾は、いつまでも皆様を応援しています。


北谷 馨 講師

Kitatani_4

本試験お疲れ様でした。
いつもより長丁場となった闘いを、最後までやり切ったことに自信と誇りを持ってください。目標に向かって困難なことに挑戦し、頑張り続けたことは、とても価値のあることです。試験勉強を通じて得た知力・勇気・根性は今後の皆さんの人生において大きな武器になります。その武器を携え、次のステージに向かって進んでいきましょう。

そして、次に進むべき道を見定めるためにも、まずは今年の本試験の分析をしっかりと行っておきましょう。伊藤塾では、本試験問題分析会をはじめ、個別カウンセリングや各種YouTubeライブガイダンスを実施しています。ぜひご活用ください。
これからも皆さんを応援しています。


関 信敏 講師

Img20190703165523173472_2

本試験を受験された皆さん、本当におつかれさまでした。今年は例年以上にどっと疲れが出たのではないでしょうか。これまでの受験生が経験したことのない長期戦を戦い抜いたのですから当然です。

今は何も考えず、ただただゆっくり休みましょう。美味しいものを食べ、たっぷり眠りましょう。「人生にはこんな楽しいこともあったんだな~」って思えることをしてください。今年の受験生にはそれだけの資格があります。


 坂本 龍治 講師

Img20190703173341743906

本試験、お疲れ様でした。経験したことの無い行動自粛を伴う国家緊急事態宣言の中、試験延期の中、最後まで頑張られた皆様に心より敬意を表します。

世の中が激変した春には心の平穏が奪われ、真夏の直前期に体力を奪われたことかと思います。これほどまでに体力、精神力を消費する年はありません。まずは、溜まった疲れを“全力で”外に流して頂きたいと思います。そして、休息のあとは新たな一歩に向けた気持ちづくりをしっかりと行いましょう。

合格後に続く研修・認定考査は、例年以上にタイトなスケジュールになる可能性があり、また、司法書士試験の再チャレンジとなる場合も同じです。厳しいですが、状況の変化に柔軟に対応する力が必要です。よく休み、そのための力を蓄えましょう!


 宇津木 卓磨 講師

Img20190703170250033312_2

受験を断念する理由が今年はいくらでもありました。
それでも、試験延期という誰も経験したことがない荒波を乗り越え、
本試験を最後まで戦い抜いたことは、誰にでも真似できることではありません。

誰よりも自分自身を誇りに思いましょう。
そして、心身ともに休めてあげてください。
本試験、本当にお疲れ様でした。これからもずっと応援しています。


髙橋 智宏 講師

Img20190703172658115904_2_2

本試験、そして試験延期という過酷な状況の中での勉強、本当にお疲れ様でした。試験の結果は人それぞれでも、最後まで諦めずに本試験に臨み、やり抜いた。それだけでも素晴らしく、そして価値のあることではないかと思います。

辛いことではありますが、来年の本試験の時期を7月だと想定すると、例年よりも準備期間が3か月分短くなるため、試験に「絶対」はない以上、合格可能性にかかわらず、なるべく早期に勉強を再開しなければなりません。

その際に重要なポイントとなるのが「基礎基本」です。仮に今回目標としていた点数まで届かなかった原因が,発展知識を問う問題の失点にあったとしても,今から発展知識だけを押さえればよいわけではありません。発展知識を定着させるには,「基礎基本」の磐石な土台の構築が前提となります。準備期間が短いからといって、焦って上辺だけの知識を固めても、大きな点数の伸びには繋がりません。焦らず年内は基礎固めに徹しましょう。ここでいかに確固たる基礎を築けたかが、年明け以降の点数の伸びを左右します。また、合格の先にある認定考査でもその姿勢は必ず役立ちます。
これからもずっと皆さんを応援しています。

2020年9月24日 (木)

試験は笑ったら勝ち

Img20190703172658115904_2_2

9月27日の本試験まであと3日となりました。今回は、本試験当日の心構えについて話したいと思います。

本試験には魔物が潜んでいます。

「択一式の第1問目に個数問題」
「記述式の問題形式がいままで見たこともないような形式」
「見たこともない論点が出てきて1肢も分からない」

本試験ではこのようなサプライズが必ず起きるといっても過言ではありません。そこで大きく動揺してしまい、そのまま後の問題を解くと解けるはずの問題も解けなくなってしまいます。

このようなサプライズがあった時の対処法として最後に伝えたいのが「笑うこと」です。

サプライズが起きたら、「そうきたか」と無理にでもいいので笑ってしまいましょう。動揺を隠せず表情が硬くなると肩に力が入り、緊張してしまい、柔軟な発想ができなくなってしまいます。そこで無理にでも笑えば表情・精神ともに余裕ができ、落ち着くことができます。そうすれば柔軟な発想もしやすくなります。

また、「サプライズが起きたら笑う」という手順を事前に決めておくことで、サプライズを予想の範囲『外』から、あらかじめ予想の範囲『内』にすることができるのでサプライズによる精神的ダメージも事前に緩和することができ、効果は絶大です。
 
 「試験は笑ったら勝ち」

ばからしいと思えるかもしれませんが、この言葉を忘れずに本試験に臨んでいただけると嬉しいです。

そして、試験終了の1秒前まで決してあきらめず、最後まで問題に喰らいついていってください。最後までみなさんのことを応援しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏


YouTube: 【2020年司法書士試験直前合格応援企画】髙橋智宏の最後のファイナルチェック

>>>髙橋智宏講師のTwitterアカウントはこちら

2020年9月22日 (火)

超直前期について

皆さま、こんにちは。伊藤塾クラスマネージャーの黒澤と申します。

今回は、超直前期ですから、特に、受験歴が浅い方に向けて直前期の心理面等についてアドバイスや激励をさせていただきたいと思います。

受験歴が浅い方で今年が初受験の方や2回目くらいの方は今の時期、模試等の結果を振り返り、落胆ないし不安になっている方が多いのではないでしょうか。一部の天才的な方を除いて「あんな点数を模試でとっていたら自分は確実に落ちる」だとか「本試験が不安でしかたがない」と感じている方が大半なんじゃないかなと思われます。

ただ、落ち込んだり、過度に不安になる必要はありません。

私の合格者の同期や後輩を見ていると、1回目、2回目で短期合格をしている方というのは実は、模試等で「とても本試験において合格すると思えないような点数」をとっていたりします。ですが、そういう方であっても本試験では「模試のときよりもはるかに良い成績」で合格していきます。

では、そのような状態になり短期合格する方と残念な結果になる方の違いは何なのでしょうか。

私が合格者・受験生と接している中で短期合格する方に共通していると思う部分は、以下の2点です。

『①自分がやると考えている学習対象が1年を通して明確でブレがない』

『②模試や答練の点数が低くても絶対に諦めずに本番まで学習をし続けるという意思の持続力が強い。そして、気持ちの割り切りがうまい。』

【①について】

①は、例えば、本試験までの1年間でやるべき学習対象が決まっているので、徹底的に1つのテキストをつぶしているといった感じです。①に該当するような人は本試験までに一つの教材をこれでもかというくらい繰り返していますので、その繰り返した知識は本当の意味でご自身の血肉になっています。特に、これは「自分が知らないことを知らないと明確に判断できる能力」に直結します。「自分のテキストに載ってないから知らない」と判断できることは現場では力になります。なぜなら、迷う要素がないからです。学習経験の浅い方は、特に学習教材に関して他に色々手を伸ばしていたりしていないかとおもいます。ですから、今目の前にあるご自身の教材を本試験の開始までやり続けるのが一番合格に近いです。多くのことをやらずとも、ご自身の教材を信じてやっている方は自信を持ってください。あなたには本試験で振るうことができる武器がきちんとあります。

「武器を持っているだけの人」が強いわけではないです。「武器を使いこなせる人」が強いのです。

【②について】

これが最終的には一番重要です。この時期になると模試でひどい点数を取って心が折れてしまっていたり、自分の学習してきたことが間違っていたのではないか?と不安になる方が続出します。

ですが、模試ができなかったからといって本試験でもできないということはありません。模試はあくまで模試であって本番ではありません。また、模試ができないからといってその人が1年やってきた努力が本試験にも通用しないということにもなりません。あなたのこの1年の努力はあなたの中に必ず積もっています。模試の結果は必ずしも本試験であなたが合格する実力がないということを意味しません。

短期で合格する方はこのメンタルの操作がとてつもなく上手です。

レアなケースかと思いますが、私の同期の短期合格者で模試は結果が悪いものは全て忘れるためにその日に問答無用で捨てるという荒業をする方がいました。その方がいうには「自分にとってこの一年間合格するためにやると決めたことをやり遂げることのほうが大事だから、それをブレさせるようなものは自分の世界から物理的に消す」「自分が合格に必要だからやろうと決めたことを、自分が納得するまでやりきることのほうが大事」「自分の決めたことをやりきってさえいれば自分の世界では完璧」だそうです。割り切りと自分がポジティブでいる状態を自ら作る姿勢は学ぶべき部分は多いと思われます。最高だと思える状態の自分を本試験に連れて行くのも自分の気持ち次第だということです。

皆さまのご健闘をお祈りします。がんばって!!

★講師陣のメッセージも掲載!特集ページ「2020Final Check」はこちら

Img20200916162526966788

2020年9月20日 (日)

本試験当日をどう過ごすか

Img20190703172658115904_2_2

本試験日の9月27日まであと1週間となりました。泣いても笑ってもあと1週間、最後まで諦めず、全力で駆け抜けましょう!

今回は、本試験直前のカウンセリングで聞かれることの多い、本試験当日の過ごし方と本試験時の気の持ち方についてお話ししたいと思います。

まずは大前提として、本試験当日の過ごし方は人それぞれです。絶対こうすべきというものがあるわけではなく、本試験当日に最大限のパフォーマンスが発揮できるならば、それぞれ好みによって当日の過ごし方は違ってよいと思います。

ただ、当日の過ごし方を決めずに本試験に臨むと、落ち着かず浮足立ってしまうので、どのように過ごすかは決めておきましょう。これから紹介していく本試験当日の過ごし方は、あくまで1つの例であり、まだご自身で決めかねているところ、不安なところについて参考にしていただければ幸いです。すでに当日の過ごし方を決めているのであれば、無理に変える必要はありません。

【1】試験開始までの過ごし方

本試験会場に向かう途中の電車やバスに乗っている間、あるいは試験会場入室後の試験開始までの間は、じっとしていても気持ちが焦るので、気持ちを落ち着かせる意味でも、教材を持って行き、軽く最終確認をするとよいでしょう。

ここでのポイントは、取り組む範囲を試験開始前に軽く終わる分量に調整しておくことです。何冊ものテキストを持って行っても、到底終わるわけもありません。試験開始前に確認する教材は苦手科目の1冊に絞って、かつその中でも覚えきれなかった箇所を眺める程度にしましょう。そこで確認した科目から優先して本試験問題を解くようにすると、直前に見た知識なので超短期記憶として対応できます。

なお、ここで体力を削られてしまうと、かえって本試験でのパフォーマンスが落ちてしまうので、ここでの教材の確認は流す程度にしておきましょう。

【2】昼休みの過ごし方

午前の部が終了した後の昼休みですが、ここで大事なのが「午前の部の結果を引きずらない」ことです。終わったことをあれこれ考えても意味がありません。ここで次の午後の部に頭を切り替えましょう。具体的には「午前の部の得点は基準点ぴったり」と思い込むことがお勧めです。そう思い込めば、「勝負は午後の部だ」と思えるようになり、午後の部に向けたモチベーションにも繋がりやすいです。どうしても午前の部を引きずってしまうという方は、音楽を聴いて気持ちを切り替えるというのも有効です。

また、この昼休みの時間に、午後の部に向けて教材の最終確認を行うのも有効です。ただ、昼休みも食事の時間を除けば、それほど時間は長くないので、ここでも軽く終わる分量に調整しておくことが必要です。具体的には、司法書士法を一通り復習する(範囲が狭いので昼休み中でもざっと確認できる)、あるいは記述式の間違いノートをチェックするのがお勧めです

【3】本試験時の気の持ち方

(1) 周りの受験生と比べない

本試験会場では周りの受験生が優秀に思えて萎縮してしまいがちですが、それはみんな同じです。周りの受験生から見てあなたもそう見えているはずです。

司法書士試験は相対評価なので、この試験は己との闘いかというと、試験の仕組み上はそうとも言い切れませんが、あくまで競うのは受験生全体という抽象的な相手であり、隣にいる受験生個人ではありません。周りは気にせず目の前の問題に集中しましょう。

(2) 理想点は満点じゃない

本試験になると実力を十分に発揮できず、普段は確実に正解できているようなAランクに位置付けられる問題を間違えてしまった、というのは受験生によく見られる現象です。その原因の多くが、他の受験生も間違って当然のような難しい問題(肢)に引っ張られてしまったり、問題文を深読みしすぎて単純な問題を落としてしまうといったものです。本試験になると確実に正解しようという意識が普段以上に働いてしまい、本来は解けなくてよい難しい問題(肢)を正解しようとするがゆえに、そちらに意識が行き過ぎて確実に正解できるはずの問題を落としてしまうのです。

すなわち、(無意識ながら)「満点が理想点である」という思い込みがあるわけです。実際に満点を狙っているわけではなくとも、すべての問題を(できれば)落とせないという意識が本試験ではより強く働き、無理をしてしまうわけです。

ここで強調したいのが、「理想点は満点じゃない」ということです。すべての問題を落とせない、すなわち満点を理想点と捉えると、前述の通り、本来正解できるはずの問題を落としてしまうおそれがあるため、まずは「満点が理想点である」という(無意識のうちの)思い込みを外して、自分の気を楽にしてあげることが大事です。

それでは、自分にとっての理想点とは何か。それは、「自分にとっての満点」ですすなわち、自分の学習してきた範囲(=テキストに記載のある知識)で解答できる問題は落とせないと考えるのです。それは裏を返せば、自分の学習してきた範囲で解答できない問題は落としてもよいということです。そもそも自分が本試験に合格が可能な実力を持ち合わせて臨んだのであれば、「自分の分からない問題=多くの受験生も分からない問題=合否に影響はない問題」と考えることができます。実際どうかは別として、本試験時にはこのように考えて開き直ることが重要です。

いかがでしたでしょうか。先程述べた通り、本試験当日の過ごし方は人それぞれです。あくまで参考として捉えていただき、自分に合いそうなところは活かしていただければ幸いです。

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏


YouTube: 【2020年司法書士試験直前合格応援企画】髙橋智宏の最後のファイナルチェック

>>>髙橋智宏講師のTwitterアカウントはこちら

2020年9月 3日 (木)

令和2年度認定考査を終えて

Img20190703173341743906

令和2年度認定考査を受験された皆様、お疲れさまでした!

感染症拡大の影響があちこちで出る中、勉強をするのはかなり大変だったと思います。
また、試験が延期される中、気持ちを維持するのにも苦労したことと思います。

さて、試験の内容として率直に受けた印象としては、
①お!結構、新債権法の内容について踏み込んで聞いてきたな!
②やった!今年も模擬演習の問題で出題していたところがかなり聞かれている!
【以下参考:予想的中論点】
◇売買を前提とする訴訟物・請求の趣旨・請求原因事実(新作2問目)
◇契約の内容に適合しないことを理由とする抗弁(新作2問目)
◇代理構成を含む相殺の抗弁(重要1問目)
◇金銭消費貸借の要件事実(重要1問目)
◇契約内容不適合の評価障害事実の再抗弁(新作2問目)
③要件事実部分は解きづらい問題だが、それ以外の難易度を落として救済しているな。
 (ただし、第3問は難しかったです。)

第1問の小問⑴~⑶(訴訟物・請求の趣旨・請求原因事実)までは、
目をつぶっていても書けたかと思います。
問題は、小問⑷~⑹の抗弁~再々抗弁まで。
再々抗弁まで聞かれることが殆どないこともあり、
この時点でドキッとしたのではないかと思います。
そのうえ、新債権法を真正面から問う問題。

〔言い分〕の分量がX、Y共に1ページ程度と少なめに設定されていることが
問題の難易度の高さを表しています。
つまり、問題文中のヒントが少なく、
また、検討に時間を要することを見込んで
あえて不要な「事情」相当の記述を減らしているものと推察できます。

抗弁としては、
・契約の内容に適合しないことを理由とする解除の抗弁
・代理構成を含む貸金債権を自動債権とする相殺の抗弁
の2つを考えることができます。
なんとなく「表見代理?」というのがよぎったかも知れませんが、
Xが基本代理権を与えた事実や、X自身が代理権を与えたとYに伝えていた事実は
存在しませんから、表見代理の構成は成り立ちません。
Bに代理権の存在を確認したところ、Bが「間違いない」と言った
という事実が混乱を誘っているだけです。

抗弁は、模擬演習の予想がかなり当たっていたこともあり
過去問に加え、模擬演習編の新作問題、重要問題をしっかり消化していた方は
その応用で相当程度書けたのではないかと思います。
模擬演習では、契約の内容に適合しないことを理由とする「同時履行」の抗弁を
聞いていましたが、これに「解除」の要件事実を組み合わせれば形になります。

再抗弁として考えられるのは、
・契約内容不適合の評価障害事実の再抗弁
・代理権濫用の再抗弁(「悪意」構成+「知ることができた〔有過失〕」構成)
を考えることができます。いずれも新債権法の影響を受けています。
評価障害事実は、「ドリフト走行」のくだりから作文すれば良いのですが、
代理権濫用は焦ったかも知れません。
過去に出題実績がなく、また、記述を省略している書籍も多いからです。
ただし、冷静に考えることができれば、新債権法で条文化される前から、
判例法理として確立していた論点ではあります。
効果が「無効(93条ただし書類推適用)」から「無権代理行為とみなす(新民107)」
に変わったということはありますが、要件事実の構造は変わりません。
すなわち、
➊代理人が自己又は第三者の利益を図る意図で当該意思表示をしたこと
➋相手方が➊につき悪意又は有過失であること
の2点です。
過去問未出であることも考慮してか、
〔Xの言い分〕7では、「Aは、私の利益のためではなく、A自身の利益のために」
〔Yの言い分〕8でも、「Xは…Aは自分自身のために30万円を借りた」
と繰り返し、かつ、わかり易い表現で書かれています。
そのため、不安ばかりが先行しつつも、何とか形付けることは出来たかも知れません。

再々抗弁として考えられるのは、
代理権濫用の再抗弁で示された過失の評価根拠事実に対する評価障害事実です。
評価根拠事実に対して評価障害事実をあてる
の構造は、抗弁・再抗弁のレベルでも登場しています。

小問⑺は、新法を前提とした「承認による時効の更新」(新民152)
の理解を問うていますが、難易度は低く得点したいところです。
また、小問⑻も「事実認定」レベルの問題というよりは、
「認否」レベルの「不知」「沈黙」がどう作用するかを聞いている基本問題です。
第2問の業務範囲の問題も繰り返し問われている基本でしたから、
サービス問題といっても良いと思います。

第3問はかなり難しかったと思います。
Yが①Aに対する無権代理人の責任を追及することは、
②対Xとの関係においてAを代理人として成立した貸金債権をもって相殺主張する
という態度と矛盾するため(①②は両立しません。)、
①の時点で②の主張をしていないものとして、
Xの同意を前提に別事件として受任してもよい、との論述も筋が通るようにも思えます。
しかし、「第1問の設例において」が問題の前提であり、
②の主張が第1問の問題文中では現になされている以上、
これを無視することはできません。
そうだとすれば、①はXY間の訴訟におけるYの抗弁主張とも密接に関連しており
(①が棄却されればYとしては②の主張を維持する。)、
司法書士QがYの依頼を受任することは相当ではありません。
平成30年第17回第3問で、
無権代理人に対する責任追及を視点に含む問題が出題されており、
また、平成28年第15回第3問では、
形式的には主体を異にする別事件だが
実質は密接な利害関係があるから受任できない、
という視点を含む問題が出題されています。
このあたりの感覚を応用して何とか形づけることができれば御の字、
といった問題だったと思います。

昨年の問題は、難易度としてはそれなりに高かったにも関わらず
認定率はかなり高く、私も良い意味で予想を大きく外したのですが、
今年も高い認定率が維持されることを祈っています。
試験、お疲れ様でした!

伊藤塾専任講師 坂本龍治

2020年9月 2日 (水)

そもそも思考法2020~制度趣旨(そもそも)に立ち返り,未知の問題を撃破する~

Doc_054219dib

本試験日の9月27日まであと1か月弱となりました。

ここからの勉強で大切なのは、「やるだけのことはやった」というヤル気を纏った自分を仕上げ、本試験に送り出すことです。 中途半端に終わることのないように、今一度学習計画を見直し、本試験までに確実に終わらせられる分量に調整を行いましょう!

今回は、以前このブログで紹介した現場対応法「そもそも思考法」を、新たな練習問題を素材にして改めてご紹介したいと思います。

本試験においては,自分の知っている知識だけが出題されるわけではありません。もちろん,自分の知らない知識の問題は分からなくてもしょうがないといえますが、中には現場対応で解ける問題もあります。それは「現場思考力で解く」や「推理で解く」という言葉で片付けられがちですが、「そう言われてもどう考えればよいのか分からない」というのが、多くの受験生の心情ではないでしょうか。

そこで、現場思考の具体的な方法として、「制度趣旨に立ち返って未知の問題を撃破する方法」をお伝えします。

「制度趣旨に立ち返って未知の問題を撃破する」とは、自分の知っている知識の制度趣旨(そもそも)に立ち返り、そこから引っ張って未知の知識の問題の答えを出すというものです。私はこれを「そもそも思考法」と呼んでいます。

「そもそも思考法」の解法プロセスは以下の3ステップです。

〔STEP1〕 関連知識・似たような知識をもってくる。
〔STEP2〕 その知識のそもそも(制度趣旨)を思い出す(知らなければ現場で考える)。
〔STEP3〕 その制度趣旨を問題に当てはめる。

Photo_2

それでは実際に練習問題を通して実践例を紹介していきたいと思います(以下の内容は現場思考法の実践例を紹介であり、学術的な内容の解説ではありません)。


〔練習問題〕

「共同相続人の一人が,被相続人が作成した遺言書に欠けていた押印等の方式を補充した場合でも,被相続人の意思を実現させるためにその法形式を整える趣旨でしたものであるときは,当該相続人は,相続人となる資格を失わない。」

【〇】(最判昭56.4.3)

ここでは、上記の問題で問われている判例知識を知っていたかどうかは重要ではありません。仮に知っていた方も、以下のそもそも思考法のプロセスに沿って検討していきましょう。

〔STEP1〕 相続に関する被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した者は,相続欠格により相続権を失う(891条5号)。

〔STEP2〕 『そもそも』これは、遺言に著しく不当な干渉行為をした相続人に対して制裁(ペナルティ)を与える趣旨である。

〔STEP3〕 法形式を整える趣旨で遺言に手が加えられた場合は,ペナルティを与えるべきではないから,相続欠格には当たらない。


もちろんこれは現場での思考であるため、100%正答ができるわけではありませんが、時間的余裕がある午前の部では特に有効な解法となります。

なお、そもそも思考法では「深読みしすぎないこと」も大事です。そもそも思考法で答えを出したが、深読みしてしまってその反対の答えにして間違えてしまった、ということがないように、深読みをせずにシンプルに答えを出すようにしましょう。

とにかく、迷ったら制度趣旨(そもそも)に立ち返って考える。
ぜひ参考にしてみてください。

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏

>>>髙橋智宏講師のTwitterアカウントはこちら