伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

« 2020年本試験を受験された皆様へ~伊藤塾司法書士試験科講師からのメッセージ~ | メイン | 学習再開に当たって~今後の学習指針~ »

2020年9月30日 (水)

2021年度司法書士試験合格戦略~未知の状況にどう立ち向かうか~

Yamamura_2

皆さんこんにちは。山村拓也です。

本試験、お疲れ様でした。今年は史上初の本試験延期や新型コロナウイルスの問題もあり、本当に大変な状況の中での受験だったと思います。そのような状況の中、最後まで諦めずに戦い抜かれた皆さんに心から敬意を表します。本試験まで張り詰めた身体と心には相当な疲労が蓄積していますので、まずはゆっくりと休息をとって下さい。そして、しばらくの休息の後は皆さんの状況に合わせて早めに次の一歩を踏み出しましょう。

さて、2020年度本試験はこれまでに例のない、延期という形になりました。2021年度本試験が例年通りの7月に実施されるとすると、来年度の本試験までの受験準備期間は例年と比べて約3か月短くなります。

しかし、試験範囲が変わるわけではない以上、受験生としてやるべきことは変わりません。準備期間が短くなるからといって、学習すべき範囲を従来よりも狭めると、本試験問題に対応できる幅も狭まってしまいます。かといって、むやみに広範囲にわたって学習するというのも、来年の本試験までに消化しきれない可能性があります。

以上を踏まえると、2021年度本試験では必要かつ十分な学習範囲を設定したうえで優先順位(メリハリ)を付けた学習をすることが例年以上に重要になります。 具体的には、学習項目の中でも基本的なところや自分の弱点となっているところを優先して取り組む必要があるでしょう。このように優先順位を付けた学習を行えば、少ない時間の中で効率的に実力を伸ばすことができるとともに、学習した知識の消化不良も防ぐことができます。

以上をまとめると、次の3点がポイントとなります。

❶ 可処分時間を踏まえた学習計画
❷ 優先順位を付けたメリハリのある学習
❸ 合格に必要十分な学習項目の網羅性

そこで、伊藤塾では上記のポイントを踏まえ、単にカリキュラムの短縮を行うのではなく、単元ごとの講義を行うことで自身の弱点となっている分野を優先的に学習できるようにする(単元制講義)、あるいは、基本的な内容を扱う講義と発展的な内容を扱う講義に分けて学習できるようにする(段階別講義)など、合格に必要かつ十分な分量を確保したうえで、優先順位をつけた学習を可能とする合理的なカリキュラムをご用意しています。2021年合格に向けて大幅にリニューアルした伊藤塾のカリキュラムで、是非合格を掴み取ってください。

また、10/3(土)には「2020年度司法書士試験本試験問題分会(YouTubeライブ)」を実施します。伊藤塾の総力を結集し、皆さんの自己分析に役立つ資料と講義を提供させて頂きますので、是非ご参加ください!

Img20200825184113973274

★10/3(土)実施!2020年度司法書士試験本試験問題分析会