伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 本試験当日をどう過ごすか | メイン | 試験は笑ったら勝ち »

2020年9月22日 (火)

超直前期について

皆さま、こんにちは。伊藤塾クラスマネージャーの黒澤と申します。

今回は、超直前期ですから、特に、受験歴が浅い方に向けて直前期の心理面等についてアドバイスや激励をさせていただきたいと思います。

受験歴が浅い方で今年が初受験の方や2回目くらいの方は今の時期、模試等の結果を振り返り、落胆ないし不安になっている方が多いのではないでしょうか。一部の天才的な方を除いて「あんな点数を模試でとっていたら自分は確実に落ちる」だとか「本試験が不安でしかたがない」と感じている方が大半なんじゃないかなと思われます。

ただ、落ち込んだり、過度に不安になる必要はありません。

私の合格者の同期や後輩を見ていると、1回目、2回目で短期合格をしている方というのは実は、模試等で「とても本試験において合格すると思えないような点数」をとっていたりします。ですが、そういう方であっても本試験では「模試のときよりもはるかに良い成績」で合格していきます。

では、そのような状態になり短期合格する方と残念な結果になる方の違いは何なのでしょうか。

私が合格者・受験生と接している中で短期合格する方に共通していると思う部分は、以下の2点です。

『①自分がやると考えている学習対象が1年を通して明確でブレがない』

『②模試や答練の点数が低くても絶対に諦めずに本番まで学習をし続けるという意思の持続力が強い。そして、気持ちの割り切りがうまい。』

【①について】

①は、例えば、本試験までの1年間でやるべき学習対象が決まっているので、徹底的に1つのテキストをつぶしているといった感じです。①に該当するような人は本試験までに一つの教材をこれでもかというくらい繰り返していますので、その繰り返した知識は本当の意味でご自身の血肉になっています。特に、これは「自分が知らないことを知らないと明確に判断できる能力」に直結します。「自分のテキストに載ってないから知らない」と判断できることは現場では力になります。なぜなら、迷う要素がないからです。学習経験の浅い方は、特に学習教材に関して他に色々手を伸ばしていたりしていないかとおもいます。ですから、今目の前にあるご自身の教材を本試験の開始までやり続けるのが一番合格に近いです。多くのことをやらずとも、ご自身の教材を信じてやっている方は自信を持ってください。あなたには本試験で振るうことができる武器がきちんとあります。

「武器を持っているだけの人」が強いわけではないです。「武器を使いこなせる人」が強いのです。

【②について】

これが最終的には一番重要です。この時期になると模試でひどい点数を取って心が折れてしまっていたり、自分の学習してきたことが間違っていたのではないか?と不安になる方が続出します。

ですが、模試ができなかったからといって本試験でもできないということはありません。模試はあくまで模試であって本番ではありません。また、模試ができないからといってその人が1年やってきた努力が本試験にも通用しないということにもなりません。あなたのこの1年の努力はあなたの中に必ず積もっています。模試の結果は必ずしも本試験であなたが合格する実力がないということを意味しません。

短期で合格する方はこのメンタルの操作がとてつもなく上手です。

レアなケースかと思いますが、私の同期の短期合格者で模試は結果が悪いものは全て忘れるためにその日に問答無用で捨てるという荒業をする方がいました。その方がいうには「自分にとってこの一年間合格するためにやると決めたことをやり遂げることのほうが大事だから、それをブレさせるようなものは自分の世界から物理的に消す」「自分が合格に必要だからやろうと決めたことを、自分が納得するまでやりきることのほうが大事」「自分の決めたことをやりきってさえいれば自分の世界では完璧」だそうです。割り切りと自分がポジティブでいる状態を自ら作る姿勢は学ぶべき部分は多いと思われます。最高だと思える状態の自分を本試験に連れて行くのも自分の気持ち次第だということです。

皆さまのご健闘をお祈りします。がんばって!!

★講師陣のメッセージも掲載!特集ページ「2020Final Check」はこちら

Img20200916162526966788