伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

« 超直前期について | メイン | 2020年本試験を受験された皆様へ~伊藤塾司法書士試験科講師からのメッセージ~ »

2020年9月24日 (木)

試験は笑ったら勝ち

Img20190703172658115904_2_2

9月27日の本試験まであと3日となりました。今回は、本試験当日の心構えについて話したいと思います。

本試験には魔物が潜んでいます。

「択一式の第1問目に個数問題」
「記述式の問題形式がいままで見たこともないような形式」
「見たこともない論点が出てきて1肢も分からない」

本試験ではこのようなサプライズが必ず起きるといっても過言ではありません。そこで大きく動揺してしまい、そのまま後の問題を解くと解けるはずの問題も解けなくなってしまいます。

このようなサプライズがあった時の対処法として最後に伝えたいのが「笑うこと」です。

サプライズが起きたら、「そうきたか」と無理にでもいいので笑ってしまいましょう。動揺を隠せず表情が硬くなると肩に力が入り、緊張してしまい、柔軟な発想ができなくなってしまいます。そこで無理にでも笑えば表情・精神ともに余裕ができ、落ち着くことができます。そうすれば柔軟な発想もしやすくなります。

また、「サプライズが起きたら笑う」という手順を事前に決めておくことで、サプライズを予想の範囲『外』から、あらかじめ予想の範囲『内』にすることができるのでサプライズによる精神的ダメージも事前に緩和することができ、効果は絶大です。
 
 「試験は笑ったら勝ち」

ばからしいと思えるかもしれませんが、この言葉を忘れずに本試験に臨んでいただけると嬉しいです。

そして、試験終了の1秒前まで決してあきらめず、最後まで問題に喰らいついていってください。最後までみなさんのことを応援しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏


YouTube: 【2020年司法書士試験直前合格応援企画】髙橋智宏の最後のファイナルチェック

>>>髙橋智宏講師のTwitterアカウントはこちら