伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

小山晃司講師 Feed

2020年8月18日 (火)

未来を変えるライセンス~これから司法書士を目指される方へ~

Koyama_2

 みなさん,こんにちは。小山晃司です。

 むせ返るような暑い日が続いておりますが,熱中症と新型コロナ感染症の両対策をしっかりととり,体調管理には十分ご留意頂ければと思います。

 さて,今回は「未来を変えるライセンス」というタイトルで,これから司法書士を目指される方へ向けまして,小山の想いと考えをお伝えさせて頂きます。

【せっかく法学部に入学したのだからと…】

 大学生になったばかりの頃,“せっかく法学部に入ったのだから,資格の一つでも取っておいた方が良いのではないか”と思い,色々と法律系の資格を調べてみたところ,「司法書士」というライセンスを知りました。ネーミングもカッコいい(「司法」という言葉が入っている)し,仕事内容も裁判とかあまりやらなさそうだし,“これは俺向きだな”と興味を抱いたものの,合格率を見て断念。

 結局,大学の4年間,法律系ライセンスについての勉強は全くせず,卒業後はおもちゃ会社へ入社しました。

【そのとき,脳裏に「司法書士」!!】

 おもちゃ業界でビジネスの世界に足を踏み入れたわけですが,社会人として世の中の仕組み分かってくるにつれ,「何か違うなぁ?」という疑問がじわりじわりと湧いてきます。

 頑張れば頑張るほどに疑問は疑念へと変わり,その度合いは強まります。

… そのとき,脳裏に「司法書士」!! …

 大学生の頃,早々に諦めたライセンス。「そうだ,俺には“司法書士”があるじゃないか!」とばかりに,休日は受験指導校のガイダンスに参加したり,司法書士に関する書籍等でその仕事を知るにつれ,興味はますます募ります。そして,ついに司法書士になろうと決断!

 “自分のアドバイス一つで,依頼者が救われる。しかも,報酬まで頂けて感謝までされて、、、これをやりがいと言わずに何をやりがと言うのか?!”

 “せっかくこの世に生まれてきたんだから,1回くらい己のすべてを賭けて挑戦してもいんじゃないか?!”

 司法書士というライセンスなしに今の小山はありません。その意味でこのライセンスには本当に感謝しています。

【現 状】

 今,新型コロナウイルスの影響で,世界は大変な状況となっております。しかし,このような状況でも,自分の生活をキチンと確保し,かつ,社会貢献できる「強さ」と「優しさ」が,司法書士というライセンスにはあります

 また,この「コロナ禍」がさった後も,社会や生活の再建に司法書士は「法律面の支援」をしていく必要があり,かつ,社会からはその期待が寄せられています。

 こういうパワーをもった司法書士というライセンスに,みなさんは挑もうとしているのです。

 もし,勉強できる環境にあるのであれば,その状況を意気に感じて頂き,大きな夢を実現し,世のため人のため,そしてなにより自分のため,力強きライセンスを携えた上で,更なる未来に向かって羽ばたいていって頂きたいと思います。

【秋・冬コースとスピード&フリーコース】

 これから司法書士試験に挑戦しようという方向けに,伊藤塾では「入門講座」という講座をご用意しております。講座名には“入門”というコトバが入っておりますが,合格に必要な法的知識と法技術のすべてが入っているオールインワンの講座です。

 今回の入門講座では,①10月開講で,じっくりと合格力を付けたい方向けの『本科生プラス秋・冬コース』と,②いますぐにでも学習を開始されたい方向け用の『スピード&フリーコース』(Web限定)という2つのコースがセットアップされております

 この2つのコースの詳細が記されているパンフレットが8月初旬にできあがりHPの方から無料での資料請求ができるようになっております。どっしどしと請求して頂ければと思います。なお,詳細な講座の紹介は伊藤塾のHP上の無料ストリーミングご覧いただくことができます。

 また,開講に先立ち,コースの内容や合格方法論などをお伝えするYTライブガイダンスを実施しますので,そちらも是非,ご視聴頂ければと思います。なお,秋・冬コース小山クラスは10月17日(土)に開講しますが,開講当日は14:00-YTライブ講義を実施・配信いたします。

【YTライブガイダンス】「司法書士試験に短期で合格する方法」

 百聞は一見に如かず。是非,伊藤塾の無料イベントや無料体験講義で小山の講義をご実感頂ければと思います。

 みなさんの未来がより良き方向へ変わるよう,全力でサポートさせて頂きます。

【無料ストリーミング】「21.22年合格目標 入門講座 小山クラスガイダンス」


【YouTube】 秋から始める「司法書士入門講座小山クラス」の特長

2019年12月11日 (水)

『“択一クイックマスター総整理講座”はじめました』

Koyama_3

直前期は「勝てる自分」を作り上げる必要があります。
どんな実力者でも不安いっぱいでは,勝負に勝てません。
「あれもやった,これもやった,それもやった,だから自分は大丈夫!」
直前期ではそんなトレーニングをする必要があります。
知識の有無が問われる択一式では,ややもすると物量主義に走りがちですが,本試験の現場で威力を発揮するのは知識の量ではありません。「質の高い知識」です。「100の不確かな知識より,10の確実な知識」が貴方を合格に誘ってくれるのです。
その理想を実現してくれる講座が,“択一クイックマスター総整理講座”!
過去多くの合格者を輩出しているこの講座で「勝てる自分」を作り上げて下さい。

以下,講座の特徴を記します。

【特徴①】核となる知識を効率よく総整理

直前期では、いかに効率よくスピード感を持って、総復習することができるかがポイントになります。本講座は、極限まで情報を絞り込み、重要で密度の濃い知識を短時間で繰り返し復習できるように構成されています。
テキストは、左のページに過去問ベースの一問一答式問題、右のページに図表を中心とした知識整理、という構成になっています。これにより、「テキストと過去問集の行き来」という時間をカットでき、かつ、スムーズにインプットとアウトプットを行うことができます。またテキストは約900頁で,これは、試験範囲全体が「手のひらに乗る感覚」の分量です。このテキストを徹底攻略することで、高速で全科目を総整理することができます。
このテキストの反復学習により、問題に対する判断速度が上がり、解答時間の短縮を図ることが可能となります。
なお、民法改正及びそれに伴う他科目の改正点並びに最新の重要判例・先例も、すべて本編テキストに反映させておりますので、改正論点等を含め、より短時間で効果的に学習できるよう、昨年にも増して,さらなる効率化を図っております。

【特徴②】知識の「質」を高め,点数を安定化させる

効果的に点数をアップさせるには、出題可能性の高い部分を学習し、出題可能性の低い部分には時間をかけないことが重要です。本講座では,過去の出題データや合格者の正答率を解析し、①過去に繰り返し出題され今後も出題される可能性が高い知識、②正答率が高く合格者なら押さえておくべき知識、③出題の予想される知識を中心として学習していきます。短期間に詰め込める知識量には限度がありますから、その分、知識の質を高めることが得点の上昇・安定を図る上では大切です。

他にも,もっともっと言いたいことがあるのですが,このブログでは言いきれないので,ご興味のある方,受講を検討されている方につきましては,下記より,無料公開講座のストリーミングで,講座の趣旨・目的を確認してみて下さい。

<<<無料公開講座「択一式対策のスピードを上げる講義 」はこちら

今年のクイックマスターは,Web講義一本勝負(12月2日より配信開始)ですが,収録に際しては,魂を込めて講義をしております。そして,この講座を通じて,一人でも多くの方に,2020年の栄冠を勝ち取ってもらいたいと思っております。

Photo

<<<小山晃司講師による「択一クイックマスター総整理講座」はこちら


YouTube: 2019年司法書士試験合格者メッセージ~択一クイックマスター総整理講座が私の合格の原動力~

司法書士受験生応援団団長
小山晃司

2019年9月 9日 (月)

明日への希望を抱いて! ~会社員から司法書士になった小山の話~

Koyama_3

 みなさん,こんにちは。小山です。

 9月になりましたが,まだまだ,残暑が続いておりますので,体調には十分ご留意頂きたく思います。

 さて,今回は,タイトルにもあるとおり,会社員から司法書士になった小山の話をさせて頂きます。

 【せっかく法学部に入学したのだからと…】

 大学生になったばかりの頃,“せっかく法学部に入学したのだから,資格の一つでも取っておいた方が良いのではないか”と思い,色々と法律系の資格を調べてみたところ,「司法書士」というライセンスを知りました。ネーミングもカッコいいし(「司法」って入ってるし!),仕事内容も裁判とかあまりやらなさそうだし“これは俺向きだな”と興味を抱いたものの,合格率を見て断念。

 結局,大学生の間,法律系ライセンスについては全く勉強もせず,卒業後は㈱タカラ(現「㈱タカラトミー」)というおもちゃ会社へ入社しました。

 【そのとき,脳裏に「司法書士」!!】

 ㈱タカラでビジネスの世界に足を踏み入れたわけですが,社会人として世の中の仕組みが分かってくるにつれ,「何か違うくねぇ?」という疑問がじわりじわりと湧いてきます。頑張れば頑張るほどに疑問は疑念へと変わり,その度合いは強まります。

・・・・・・・ そのとき,脳裏に「司法書士」!! ・・・・・・・

 大学生の頃,早々に諦めたライセンス。「俺には,まだ,司法書士がある!」とばかりに,休日は受験指導校のガイダンスに参加したり,司法書士に関する書籍等でその仕事を知るにつれ,興味は募りまくり,ついには司法書士になろうと決断します。主な理由は次の4つ。。。

①組織の理論は登場しない

②社会的ステイタスがある

③司法書士というライセンスで十分生活できる

④やりがい!!

 たいした理由ではありませんが,この世に生まれてきた以上,社会に貢献しながら仕事がしたいと考えていた当時の自分にとって,④の「やりがい」が一番大きかったと思います。

 “自分の(法的サービスという名の)アドバイス一つで,依頼者が救われる?!しかも,報酬まで頂けて感謝までされて,これをやりがいと言わずに何をやりがと言うのか?!”

 会社員では決して経験することのできない“司法書士としての仕事”に魅せられていくばかりの小山でした。

【司法書士の現在】

 司法書士=登記と考えられている方も多いと思いますが,現在,司法書士の仕事は,かなり多様化しています。後見,企業法務,財産管理等,司法書士は,登記以外にも様々な分野の仕事を手掛けています。その意味では,司法書士としての「やりがい」という部分は,(私が司法書士になろうと決断したときよりも)かなり大きくなっていると思われます。

【秋・冬コースのガイダンスや相談会】

 この10月より,入門講座の秋・冬コースが,順次開講します。小山ライブクラスは10月12日(土)に御茶ノ水校で,Web通信クラスは翌13日(日)に開講します。

 小山クラスの開講に先立ち,ガイダンスや相談会を実施致します。

★〔御茶ノ水校〕9/11(水)「小山クラスで2021年の絶対合格を目指す!~あなたの疑問や不安を小山晃司が解消致します~」

★〔御茶ノ水校〕9/21(土)「働きながらでも短期合格はできます!~その理由と伊藤塾の合格カリキュラム~」

★〔御茶ノ水校〕10/01(火)「忙しい方にこそ聴いてほしい!~小山晃司が語る短期合格方法論~

 司法書士にご興味のある方は,是非ご参加頂き,その想いや疑問点を小山にぶつけて頂ければと思います。

 みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

<<<入門講座小山クラスの特集ページはこちら


YouTube: 「司法書士入門講座本科生プラス秋冬コース」小山晃司御茶ノ水校に還る!

 
YouTube: 司法書士入門講座本科生プラス秋冬コース小山クラスの特長 御茶ノ水に帰ってきました!

 司法書士受験生応援団団長 小山晃司

2019年1月 1日 (火)

2019年 伊藤塾司法書士試験科講師からの新年の挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

2019年という年が受験生の皆様にとって、法律家への夢を実現する年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

伊藤塾司法書士試験科 講師・スタッフ一同、皆様を全力でサポートしてまいります。新たな年を迎えるにあたって、伊藤塾司法書士試験科講師陣からメッセージが届いております。

蛭町 浩 講師

Photo_18

「折り返し地点・・発想転換のチャンス」

年末年始を迎え、受験勉強が折り返し地点を迎えることになる。常々言っているとおり年明け後の勉強は、本試験当日から遡って何をやるのかを考える「実戦的な勉強」となる。

本試験当日に真に受験生の味方になるのは、量は少なくとも「正確な知識」のみである。生身の人間が行う受験勉強では、量と質は両立しない。したがって、年明け後(後半戦)の勉強は、出題予想論点を軸に大胆に勉強対象を絞って知識の正確性を確保する勉強を目指すことになる。

受験勉強の悩みは、やらなければならないと考える勉強量が、自分がやれる勉強量を超えることに起因する。この悩みから脱却するには、出題予想論点を軸に勉強対象を大胆に絞り込むしかない。勿論、勉強対象を絞り込めば、絞り込んだ勉強対象から出題されなかったらという不安に苛まれることになる。

受験勉強が「勝負ごと」というのは、受験生は上記のいずれかを選択しなければならないからである。いずれも選択しないという選択肢は残念ながら無い。新年を迎え、最初に皆さんがすべきことは何らかの勉強ではなく、上記のどの途を選択するのかの覚悟を決めることである。

勉強対象を絞れば絞るほどに、勉強は楽になる。前半戦の勉強で苦戦した受験生でも予想論点を軸に大胆な絞り込みができれば、勉強量が減る分、一発逆転のチャンスが生まれることになる。
発想を変えることで、絶対的に不利な形勢の戦いが、ウソのように楽な戦いに思えることになる。まさに「モノは考えよう」なのである。

年末年始とは、大胆に考え方を変えるチャンスであり、是非、このチャンスに大胆な発想の転換を図って頂きたい。

伊藤塾司法書士試験科講師 蛭町浩

 

山村 拓也 講師

Photo_2

新年明けましておめでとうございます。
いよいよ勝負の年、2019年の始まりです。
また、それとともに、みなさんの司法書士人生の第一歩となる大いなる飛躍の年の幕開けでもあります。
まずは、年始にあたって心新たに、なぜ司法書士試験に合格したいのか?司法書士になって何をしたいのか?をあらためて自分に問いかけてみてください。
そして、自分の答えを再確認できたら、「合格への決意」や「合格後の目標」を必ず書き留めておきましょう。そして、それを毎日見て新年の「決意」を決して揺るがないものにしてください。
あとは、その決意のもと、7月の本試験まで、自分にできる最大限の「努力(学習)」を日々淡々と積み上げていくのみです。その先に必ず合格はあります。
是非、自分を信じて最後まで諦めずに走り抜いて下さい。
今年も、本気の受験生の皆さんを全力でバックアップします。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

伊藤塾司法書士試験科講師 山村拓也

 

高城 真之介 講師

Photo_3

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

さあ、いよいよ皆さんにとって大いなる飛躍を遂げる年が明けました。
その飛躍を遂げるためにも残り半年、熱い心を持ち続け絶対に絶対に合格を勝ち取ってください。

2019年もやってやろうぜ!

伊藤塾司法書士試験科講師 高城真之介

 

小山 晃司 講師

Photo

2019年の勝利へ向けて…“乾坤一擲”!

『迷わず行けよ!行けば合格(うか)る!!』

2019年1月1日
司法書士受験生応援団団長 小山晃司

2019_2

福満 賢一 講師

Photo_10

新年明けましておめでとうございます。

皆様は、決意も新たに希望の年を迎えられたことでしょう。

皆様が、本年、見事司法書士試験に合格され、この上ない幸せな年になりますよう
お祈り申し上げます。

これから試験日まで、大変な時期もあるでしょうが、初心を忘れず、最後まで諦めないで、前だけを見つめ、一歩ずつ着実に前進することを心がけてください。

今日の自分の頑張りが明日の自分を作ります。

共に頑張りましょう。応援しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 福満賢一

 

北谷 馨 講師

Photo_16

あけましておめでとうございます。

司法書士試験の受験生にとっては、年末年始は「中間地点」になります。
往路を終えて、復路に突入していきます。

不安もあるかと思いますが、不安を払拭する唯一の方法は、前に進み続けることです。

明日に襷を繋ぐのは今日しかありません。
一日一日を大切に、勉強に取り組んでください。

2019年が皆様にとって飛躍の年になれるよう、私達も応援しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 北谷馨

 

関 信敏 講師

Photo_15

受験生の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

2019年は皆さんが合格する年となる訳ですから、しっかりと気を引き締めて日々を過ごしましょう。昨年中の勉強があまりうまくいかなかったという人も、年が変われば運気も変わりますから、全く新たな気持ちでスタートを切って頂ければと思います。年明けというのは、司法書士試験の学習という観点では、まだまだ折り返し地点に過ぎません。従って、これからでも十分、本試験に間に合わせることができます。「むしろ勝負はこれからだ!」と思うべきです。引き続き最後まで応援します!一緒に頑張っていきましょう!

伊藤塾司法書士試験科講師 関信敏

 

坂本 龍治 講師

Photo_11

新年を迎えました。
覚悟は出来ていますか?
今年、合格する覚悟です。
ここまでの勉強が上手くいったかどうかは関係ありません。
理想どおりの勉強が出来た人であっても、
“ここからが勝負”の気持ちを忘れて油断してはいけません。
理想どおりの勉強が出来なかった人であっても、
ここからの一日一日を大切に過ごせば、
十分合格できるだけの時間があります。
思い通りに進まないこともあるでしょう。
それでも、
“何が起きても自分が置かれた環境の中でベストを尽くす”
を実践するだけです。
最後まで決して諦めることなく、全力を尽くしましょう!

伊藤塾司法書士試験科講師 坂本龍治

 

宇津木 卓磨 講師

Photo

新年明けましておめでとうございます。

年内、仮に思うように学習が進んでいなくても、「反省」をする必要はありません。
今からすべきことは、合格する確率を100%に近づけていくことです。
「今のある知識を本試験で使える知識に昇華させる」「できない箇所をできるようにする」
この2つを意識して学習していきましょう。
今は「合格」が遠く感じるかもしれませんが、努力を継続している皆さんには、確実に近づいてきています。合格は自分で思うよりも近くにあります。

人それぞれ学習環境は異なります。置かれた環境内での最大限の努力を尽くし、不撓不屈の精神で本年も駆け抜けていきましょう。

皆さんの一年が、飛躍の年になることを心より願っております。
今年も宜しくお願い致します。

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

 

髙橋 智宏 講師

Doc_054219dib

新年、明けましておめでとうございます。

新年を迎え、本試験に向けて決意が固まっていることと思いますが、確実な合格を手にするためには、「芯」を強く持つ必要があります。勉強法は人それぞれといえど、合格者に共通していえるのは、ブレない芯を持っていることです。

まずはもちろん、合格に対する決意という決意の芯を強く持たなければなりません。また、基本問題を決して落とさない確固たる基礎、すなわち基礎の芯を持たなければなりません。そして何よりも重要なのが、自分を信じるという信頼の芯です。

2019年度本試験に向けて、確かな「芯」を持って、決してブレることなく進みましょう。
私も精一杯あなたのサポートをさせていただきます。

今年があなたにとって飛躍の年になることを強く祈念しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏

2018年8月20日 (月)

司法書士に憧れて…~今秋から司法書士の学習を開始されるすべての皆様へ~

Photo

残暑厳しき折々…元気ですか~っ!!
司法書士試験科講師の小山晃司です。
今回は今秋から司法書士の学習を開始されるすべての皆様に,
“小山の想い”を伝えさせて頂きたいと思います。

-『迷わず行けよ!行けば合格(うか)る!』-

 私が司法書士試験へのチャレンジを決断したのは20代後半の時。
動機は幾つかありましたが,安定した収入の下で『独り立ちしたい!』という動機が一番大きかったと思います。
 当時はおもちゃ会社の営業マンをしておりまして,「おもちゃ会社の営業マンが法律家になんぞなっても大丈夫なのか?」と随分悩みました。
 そんなとき,私の背中を後押ししてくれたのが,アントニオ猪木の“あの言葉”でした。

~『この道を行けば どうなるものか危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せば その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかる。』~

 司法書士への道も行ってみないとわかりません。受験街道がどのようなものかも,やってみないとわかりません。また,(余計なお世話ですが)“やらない後悔”は,なかなか気分の良くないものです。
 皆さんが,司法書士への道を歩む決断をされたのであれば,迷うことなく,その道を歩み続けて下さい。“行けばわかる”のだから…。そして“行けば合格(うか)る!”のだから…。

-『秋から始めるメリット』-

思い立ったら吉日!勉強を始めるならば一日も早い方が良いに決まっています。そして勉強のスパンも(一般的には)長い方が有利であると言えます。読書の秋,食欲の秋,決断の秋,そして“開始の秋”…。
 秋には秋のメリットがあります。
しかも今年の秋クラスは新カリキュラムです。いままでの「体系編」と「本論編」の間に「ステップアップ編」が入る3STEP方式です。
じっくり,そして着実に合格するカリキュラムとなっていますので,何かと忙しい方でも安心して学習に取り組めます。

YouTube: 「新しくなった入門講座秋生、”ステップアップ編”の秘密を詳しくお話します!」

-『明るく,楽しく,新しく~小山のモットー~』-

『明るく・楽しく』
→敵が強ければ強い程ワクワクするドラゴンボールの孫悟空のように,難関試験だからこそ,常にこの気持を持ち続けて頂きたい!という私の想いの現れです。講義もこのモットーの下に行われていきます。
『新しく』
→この試験はやり方を間違えなければ確実に短期で合格することができます。そのため,“常に最新の情報と方法論を提供する”という使命を果たしていきたい!という私の決意の現れです。

-『最後に』-

合格は人生の景色を変えてくれます。皆さんには,その景色を是非とも堪能して頂きたいのです。そのために私は精一杯の力で講義をしてまいります。
一緒に,合格を目指して,頑張っていきましょう!


YouTube: 「新しくなった!司法書士入門講座秋生小山クラスの特長」

>>>※「伊藤塾司法書士入門講座」特集ページはこちら

司法書士受験生応援団団長
小山晃司

2018年4月 5日 (木)

希望の光が輝く春! ~入門講座 小山クラスの特徴~

Photo

みなさん,こんにちは。今回は,2019年の合格を目指す皆さんに向けまして,4月16日(月)より開講する『入門講座 小山クラス』の案内をさせて頂きます。

『オリジナルカリキュラム』

・入門講座は「体系編」と「本論編」で構成されており,小山クラスもその構成は同じです。ただし,「オープニングターム(=他の担当講師の“体系編”に相当)」が終了した後の本論編講義は,各科目とも「ビルドアップターム」と「コンプリートターム」の2つのタームに分かれて進行することになります。
・このカリキュラムの最終目的は,直前期(=カリキュラム終了後の約3か月)にこれだけやれば良いという完成形を作り上げることです。(随分と先の話ですが)試験である以上,直前期の攻略が合否を分けるからです。

①オープニングターム

  • オープニングタームの目的は「司法書士試験の攻略方法を知る」ことと「主要5科目の特徴を掴む」ことです。この2つの目的を達成することに割り切ります。
  • 合格のための方法論と主要5科目の特徴を知った上で本論編に突入するのと,漠然と本論編から学習するのとでは,最終的には大きな差がついてしまいます。その意味で,小山クラスのオープニングタームはたったの9時間ですが,非常に重要な期間と言えます。

②ビルドアップターム~自学力を駆使して合格力をつける330時間~

  • 最終的に,合格力は自分の努力で築きあげる必要があります。ただ,闇雲な努力や根性論だけでは合格力はつきません。皆さんが正しい努力を実践するために「講義」があるのです。
  • 講義では,「何を,どこまで,どのようにすればよいのか」というストライクゾーンを明示し,そのストライクゾーンをどのようにしてマスターするのかという方法論をお伝えします。あとはみなさんが日々の「良質な復習」をすることで,合格力が養われていきます。その大事な土台作りを行うことを目的とした期間が「ビルドアップターム」です
  • ビルドアップタームの講義では,入門講座テキストを使用し(一部後掲総整理テキストを使用),「肝となる大事な骨格」を中心に展開していきます。
  • 講義後の復習に際しては,小山作成の「復習シラバス(=復習マップ)」を配布し,皆さんが迷うことなく「良質な復習」(+入門講座テキストから総整理テキストへのシフトチェンジ)ができるように工夫致しました。

③コンプリートターム~情報の一元化作業を完成させ,知識を万全なものとする66時間~

  • ビルドアップタームで築いた土台を前提として,「合格に必要な知識を確立する期間」がコンプリートタームとなります。
  • コンプリートタームでの使用テキストは「総整理テキスト」となります。

※総整理テキストは,直前対策講座(「クイックマスター総整理講座」:毎年,多くの合格者が利用している講座)で使用するテキストです。

 
YouTube: 司法書士 小山クラスはここが違うPart1 小山クラスだけのオリジナル、総整理テキストの活用法

>>※小山クラス限定!「総整理テキスト」のサンプルはこちら

  • 司法書士試験は処理しなければならない情報量が非常に多いため,情報の一元化作業が不可欠です。そこで小山クラスでは情報一元化作業のツールとして「総整理テキスト」を用意致しました。
  • 先述したとおり,小山クラスの最終目的は,直前期にこれだけやれば良いという完成形を作り上げることです。
  • 合格に必要な情報をどんどんと総整理テキストに集約して頂き,皆さん自身が加工を施した総整理テキストが完成形(=自分オリジナルの120%合格テキスト)となるのです。そして,大事な大事な直前期 ―直前期の攻略が合否を分ける― は徹底的にそれをマスターします。その先にあるのは“無敵の自分”です。
  • なお,(当然ではありますが)「入門講義テキストを使用してのビルドアップ」から「総整理テキストを使用してのコンプリート」への“シフトチェンジの仕方”は,講義や(先述の)復習シラバスを通じてお伝え致します。

『カウンセリング制度の充実』

 伊藤塾では,個別指導を徹底しており,その一つに「カウンセリング制度」があります。私は,この個別カウンセリングを利用してこそ,個別指導が徹底できると考えております。なぜなら,合格すべきトレーニング方法は,100人いれば100通りの方法があり,一人一人にカスタマイズされたトレーニング方法を実践する必要があるからです。講義内でも,その利用を促しておりますので,小山クラスの場合,受講生の利用回数や頻度は高いです。この個別カウンセリング制度は,ライブクラスだけではなく,WEB受講の方も利用できます。ドンドンと利用して頂き,2019年の合格を掴み取って頂ければと思います。

『最後に』

  • 合格は人生の景色を変えてくれます。その景色を是非とも皆さんに見て頂きたいのです!
  • 2019年の合格を目指し,一緒に頑張っていきましょう!
  • 「明るく,楽しく,新しく」をモットーに,最後まで,全力で皆さんをサポート致します!

“迷わず行けよ!行けば合格(うか)る!!”

>>※入門講座小山クラスの特集ページはこちら

>>※開講講義を無料体験できます!4/16(月)入門講座小山クラス無料体験講義はこちら

 
YouTube: 2019年合格目標 司法書士入門講座春生 小山クラスの特長

小山晃司

2018年1月 1日 (月)

2018年 伊藤塾司法書士試験科講師からの新年の挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

2018年という年が受験生の皆様にとって、法律家への夢を実現する年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
伊藤塾司法書士試験科 講師・スタッフ一同、皆様を全力でサポートしてまいります。

新たな年を迎えるにあたって、伊藤塾司法書士試験科講師陣からメッセージが届いております。

蛭町 浩 講師

Photo_18

「気分一新」

勉強とは、目的のために意図的に自分を変えていくことである。したがって、過去を振り返り、反省する必要などない点が、勉強の一番よい点といえるであろう。

年末年始は、丁度、受験勉強の折り返し点にあたる。前半戦の勉強が十分、満足がいくものでなかったとしても、そんな事で落ち込む必要はない。

まだまだ、時間はある。やりようは、幾らでもあるのだ。要は、考え方次第なのである。後半戦の勉強は、試験本番からの逆算となるのであり、最終的には、知識の精度を上げるため、知識を絞り込むことが必要となる。

大胆に知識を絞り込むことができればできる程、その分、勉強の対象は大幅に減少する。その分,時間が余るのであれば、その時にこそ、今までやれなかった勉強をやればよいと考えることもできるのである。

大胆に知識を絞るためには、出題の予想を欠かすことができない。試験は、一発勝負のトーナメントであり、本番のたった1回の試験だけ解くことができれば、他の模擬試験など連戦連敗でも何ら差し支えがない。

要は、そんな「勝負魂」を持ち、たった1度の勝負に全てを賭けて、準備する覚悟を決められるか否かなのであり、これからの勉強に大胆な優先劣後の順序付けをすることができるか否かなのである。

年末年始、是非とも、この機会に、これまでの経緯を全て忘れ去り、気分を一新し、勝負魂に火を付けて頂きたい。

伊藤塾司法書士試験科講師 蛭町浩

 

山村 拓也 講師

Photo_2

新年明けましておめでとうございます。
いよいよ勝負の年となる2018年の幕開けです。
まずは、年始にあたって心新たに「合格への決意」を再確認してください。
なぜ司法書士試験に合格したいのか?司法書士になって何をしたいのか?をあらためて自分に問いかけてみることです。

そして、自分の答えを再確認できたら、「合格への決意」を必ず何かに書き留めておきましょう。そして、それを毎日見て新年の「決意」を決して揺るがないものにしてください。
あとは、7月の本試験まで、その決意に見合う、自分にできる最大限の「努力(学習)」を日々淡々と積み上げていくのみです。

「決意と努力」が備われば必ず目標を達成することができます。
是非、自分を信じて、最後まで諦めずに走り抜いて下さい。
2018年が、あなたにとって司法書士人生の第一歩となる大いなる飛躍の年となるよう、心より祈念致します。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

伊藤塾司法書士試験科講師 山村拓也

 

高城 真之介 講師

Photo_3

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

さあ、いよいよ皆さんにとって大いなる飛躍を遂げる年が明けました。
その飛躍を遂げるためにも残り半年、熱い心を持ち続け絶対に絶対に合格を勝ち取ってください。

2018年もやってやろうぜ!

伊藤塾司法書士試験科講師 高城真之介

 

小山 晃司 講師

Photo

2018年の勝利へ向けて“乾坤一擲”!

『迷わず行けよ!行けば合格(うか)る!!』

 2018年1月1日
司法書士受験生応援団団長 小山晃司

Photo

 

福満 賢一 講師

Photo_10

新年明けましておめでとうございます。

皆様は、決意も新たに希望の年を迎えられたことでしょう。

皆様が、本年、見事司法書士試験に合格され、この上ない幸せな年になりますようお祈り申し上げます。

これから試験日まで、大変な時期もあるでしょうが、初心を忘れず、最後まで諦めないで、前だけを見つめ、一歩ずつ着実に前進することを心がけてください。

今日の自分の頑張りが明日の自分を作ります。

共に頑張りましょう。応援しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 福満賢一

 

北谷 馨 講師

Photo_16

あけましておめでとうございます。

司法書士試験の受験生にとっては、年末年始は「中間地点」になります。
往路を終えて、復路に突入していきます。

明日に襷を繋ぐのは今日しかありません。
一日一日を大切に、勉強に取り組んでください。
2018年が皆様にとって飛躍の年になれるよう、私達も応援しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 北谷馨

 

関 信敏 講師

Photo_15

受験生の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

2018年は皆さんが合格する年となる訳ですから、しっかりと気を引き締めて日々を過ごしましょう。
昨年中の勉強があまりうまくいかなかったという人も、年が変われば運気も変わりますから、全く新たな気持ちでスタートを切って頂ければと思います。
年明けというのは、司法書士試験の学習という観点では、まだまだ折り返し地点に過ぎません。
従って、これからでも十分、本試験に間に合わせることができます。「むしろ勝負はこれからだ!」と思ってください。

引き続き最後まで応援します!一緒に頑張っていきましょう!

伊藤塾司法書士試験科講師 関信敏

 

坂本 龍治 講師

Photo_11

お正月というのは“特別な空気”が流れているものです。
新たなチャレンジをスタートするには最も適しています。
これまでの勉強が上手くいった人にとっても、さらに上のステージへ向かって気持ちを切り替えるのには良いタイミングですし、これまでの勉強が思うように進まなかった人にとっても、これまでの自分とは違う“新生○○!”としてリスタートするチャンスです。

私自身、司法試験の勉強から司法書士の勉強に切り替えた初年度は、年が明けるまで勉強が思うように進まなかった経験があります。しかし、新しい年を迎え“新生坂本龍治!”として、そこからは爆発的な勢いで問題を解きまくり、穴が開くほどテキストを読み込み、短期集中で実力を伸ばすことができました。

まず大事なのは気持ちの切り替えです。
そして本番までの残り時間で自分にできることを見極め“完全消化”することです。
前向きな気持ちをもって、挑戦していきましょう!!

伊藤塾司法書士試験科講師 坂本龍治

 

宇津木 卓磨 講師

Photo

新年明けましておめでとうございます。

年内、仮に思うように学習が進んでいなくても、「反省」をする必要はありません。
今からすべきことは、合格する確率を100%に近づけていくことです。
「できない箇所をできるようにする」という単純な作業の繰り返しです。
今は「合格」が遠く感じるかもしれませんが、努力を継続している皆さんには、確実に近づいてきています。

自分の中でのベストを尽くし、一日一日を大切にし、不撓不屈の精神で本年も駆け抜けていきましょう。

皆さんの一年が、飛躍の年になることを心より願っております。
今年も宜しくお願い致します。

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

 

髙橋 智宏 講師

Doc_054219dib

新年、明けましておめでとうございます。

新年を迎え、本試験に向けて決意が固まっていることと思います。
ただ、ここで何か人と違うことをする必要はありません。
合格者は、当たり前のことを日々積み重ね、その結果、合格を果たしています。

司法書士試験に奇策は要りません。
「正攻法でいい」、更に言えば「正攻法がいい」のです。
当たり前のことを日々積み重ね、正攻法で本試験に打ち勝ちましょう。
私も精一杯あなたのサポートをさせていただきます。

今年があなたにとって飛躍の年になることを強く祈念しています。

伊藤塾司法書士試験科講師 髙橋智宏

2017年12月26日 (火)

輝け〇〇!!

Photo

-『元気が一番!~元気凛凛~』-

元気ですか~!!
元気に勉強してますか~!!
たまには元気に遊んでますか~!!

いやはや、カラでもいいから元気だけは持ち続けて下さい!
人間、元気が無くなると、本当に何もできなくなってしまいます。。。
“元気が一番!元気があれば何でもできる!合格できる!”の心意気です。

『元気がでなけりゃ泣きまくれ!~最後は、泣いて司法書士!~』-

「元気なんかでねーよ!(怒)」
この時期になると確かにそうかもしれません。
しかもこの先、動悸・息切れ・めまいに襲われ、恐怖、焦燥・不安・諦観にも苛まれ、「もう駄目か...。」と心が折れそうな時がやって来るかもしれません。
そんなときは、我慢せず、泣いて、泣いて、泣きまくって下さい。
動悸・息切れ・めまいはおさまり、恐怖、焦燥・不安・諦観といったマイナス要因は消え失せます。
その後には「希望」と「夢」が残るはずです。
その「希望」と「夢」を抱いて、ゴールまで駆け抜けて下さい。
そこには「合格」が待っています。
皆さんの合格を切に願う人間がここにもおります。

-『クイックマスター開講!~元気のない人は小山のところに来い!~』-

直前対策の決定版『択一クイックマスター総整理講座』が開講します。
 ・東京校ライブクラス:1月7日(日)14:00-
 ・Web配信:1月8日(月)18:00-
初回は無料体験もできますので、奮ってのご参加、お待ちしております。
小山晃司、、、持てる情熱と情念のすべてを振り絞って全14回、全力で(→最後はぶっ倒れるくらいに滾りまくって)講義していく所存であります。
興味のある方、詳細はこちらをご覧ください。

>>※小山晃司講師による中上級講座「択一クイックマスター総整理講座」はこちら

YouTube:「クイックマスター総整理講座 ガイダンス」

♪〇〇!さあ、立ち上がれ!
君の夢を叶えるため!
見守っているぜ!
その戦う姿を!
輝け!〇〇!!♪
↑〇〇にはあなたの名前が入ります。

司法書士受験生応援団団長
小山晃司

2017年11月16日 (木)

特別研修↝認定考査~今昔な話さ~

Photo

『昔のはなし』

私は第2回(平成15年)の特別研修を履修し,その第2回の認定考査に合格した人間です。
当時は,特別研修が新人研修に組み込まれておらず,現場の司法書士が,仕事をしながら,(今より厳しい制約のもとでの)特別研修を履修し,その特別研修終了日の午後に認定考査が実施されるというものでした。
つまり,普通に司法書士の仕事をこなしながらーの,特別研修をこなしながらーの,認定考査の勉強をしなければならないという“鬼のような環境”だったわけです。
当然ですが,その期間は,ほぼ睡眠時間がありません。
ですので,実際,からだを壊して入院される先生が(少なからず)いらしたと聞いています。
当事はブラックすぎました…。

『今のはなし』

新人研修に特別研修が組み込まれ,平成15年当初に比べれば,その特別研修もシステマチックに洗練され,かつ,認定考査の勉強時間も確保できるのが,今の状況です。
その意味では,かなりホワイトです。
にもかかわらず,今年の認定率は過去最低を記録しました(57.5%)。
問題が難化傾向にあるのが理由と考えられます。
しかし,合格率3%の司法書士試験を突破してきた方々の認定率としては低すぎます!!
認定考査は,早い時期から意識を高く持ち,対策を間違えなければ合格できる“資格試験”です。
逆に,「特別研修をきちんとやっていれば認定とれるんでしょ。」的な考えでは,不合格への道まっしぐらです(T_T)/~~~

『ライセンスは100%にしてこそ意味がある』

司法書士が裁判もできるというのは,一般国民の共通理解になっていると思われます。
ましてや,ビジネスで司法書士とお付き合いしているクライアントであればなおさらです。
「やろうと思えばできるけれども敢えてやらない」のと「やりたくてもできない」は雲泥の差です。「やりたくてもできない」はクライアントの信用を失うだけでなく,国民に対する背信とも言えます。
是非とも,ライセンスを100%に仕上げ,司法書士としての職責を果たし,自己実現できる法律家になって頂きたいと思います。

『小山&坂本タッグ復活』

今年の認定考査対策は,久しぶりの「小山&坂本タッグ」の復活となります。
蛭町先生の講義を楽しみにされていた方には本当に申し訳ありませんが,“蛭町スピリッツ”を受け継ぐ人間の一人として,受講された方の全員合格を目指し,精一杯,頑張っていきたいと思っております。
第1回目は『11/19(日)14:00-17:00@東京校』小山担当で実施します。
認定考査対策の詳細を下記に示します。

2018年取得目標 認定考査対策講座

来年6月の認定考査合格を目指して,一緒に頑張っていきましょう!!

>>※小山晃司講師・坂本龍治講師による無料公開講座「なめてはいけない認定考査 ~18年認定考査攻略法~」はこちら

小山晃司

2017年9月25日 (月)

『御無沙汰しております。小山です。』

Photo

【長っ!】

そろそろ筆記試験の合格発表ですね。

落ち着かない日々が続く方もいらっしゃれば,すでに来年に向けて始動されている方もいらっしゃると思います。

それにしても,“発表まで長すぎるよね”と思うのは私だけでしょうか?
いや,そんなことはないでしょう。

「国家試験だから仕方ない」ということではなく,なるべく早く結果を知らせて頂きたいと思うのが人情であり,結果が早く分かれば,その後,自分がとるべき行動も,今より早く決断することができます。

そういう意味では,8月第2月曜日に択一式試験の基準点が発表になったのは大いに評価できるところで,まさに「やればできる」のですから,その勢いで,筆記試験の最終発表も,なんとか予算を取り付け,人員を確保して頂き,少しでも早い発表を実現して欲しいと思います。

受験生のみなさんは,人生賭けて,この試験に挑んでいますからね。

まあ,山村先生曰く「発表までが試験」ですので,蛭町先生流に「なんのこれしき」の心意気で,ZOZOマリンスタジアムのライトスタンドに陣取る小山のように「でーん」と構えて,27日を待ちましょう。

あれこれ考えても不安になってドキドキするだけですので。。。

2_2

【合格報告会】

今年も,9月27日,28日,29日と3日にわたり,各校舎で,合格報告会を開催致します。

詳細は,このとおり(^_^)☞合格の喜びを、仲間・講師と分かち合おう!「2017年司法書士合格報告会」

講師・社員・スタッフ一同,一秒でも早く,みなさんと合格の喜びを分かち合いたいと思っております。本当に本当にSo思っております。

ですので,見事に栄冠を勝ち取られた方は,是非とも御参加ください!

【最後になりますが】

我々の想いは,いつも,みなさんと共にあります。
なにかあったら,遠慮せずに,相談してみてください。

季節の変わり目です。くれぐれも体調には御留意頂き,これからも人生を驀進して頂きたいと思います。

<<※講師に直接ご相談ください!「パーソナルカウンセリング制度」はこちら

<<※新たな門出を祝う合格祝賀会など、筆記試験合格発表後のスケジュールはこちら

1_3

司法書士受験生応援団団長
小山晃司