伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

宇津木卓磨講師 Feed

2020年8月 3日 (月)

残り2か月!やってはいけない勉強法とフォロー講義のご案内

Img20190703170250033312_2

皆さん、こんにちは。
本試験まで残り2か月弱となりましたが、勉強の調子はいかがでしょうか。

今回は直前期にやってはいけない勉強法を紹介したいと思います。
結論からお伝えすると、
・「手を広げる」
・「インプットを全くしない」
・「科目ごとの学習配分が偏る」
この3つが挙げられます。

・「手を広げる」

直前期学習は、繰り返す回数を増やすことが非常に重要になってきます
繰り返すことにより記憶が定着しやすくなるからです。それにも関わらず、やみくもに手を広げてしまうと、繰り返す回数が減り、非効率的です。
中途半端な知識は本試験現場で全く使えません。この時期から新たな教材に手を出すことは危険なので注意しましょう。

・「インプットを全くしない」

これもよくありがちです。確かに直前期はアウトプットを中心に学習するのが有効ですが、インプットを疎かにしてしまうと、その周辺の知識等をブラッシュアップすることができなくなってしまうので気をつけましょう
演習して間違えた箇所や、あやふやな知識だと感じた箇所は、お手持ちのテキストに立ち戻りましょう。

・「科目ごとの学習配分が偏る」

月曜は民法だけ、火曜は不動産登記法だけというような計画はあまりお勧めできません。
触れなかった科目はそれだけ知識の鮮度が落ちるので、最低でも主要4科目は一日に取り入れていただくとバランスが保てます

以上の3つは頭のどこかにいれておきましょう。

また、各種中上級講座(中上級コース・中級コース・思考力完成コースなど)を受講の方は、
フォロー講義が8月1日から配信されています。
上記の3つを避けるためにも、是非受講して、日々のペースメーカーにしていただければと思います。

それでは引き続き頑張りましょう!

宇津木卓磨

★宇津木講師がTwitterをはじめました!フォローはこちらから

★宇津木講師によるYouTube動画シリーズ「2020司法書士『もう迷わない!最後の2択』」特集ページはこちら

2020年7月 6日 (月)

まだ間に合う~延期日程発表を受けて~

Img20190703170250033312_2

延期後の試験日程が発表され、筆記試験の日程は9/27(日)となりました。
さて、4月から7月5日までどのように過ごしましたでしょうか。
胸を張って、有意義に過ごしたと言える方は少ないと思います。

緊急事態宣言が4月7日に発令され、生活が一変した方もいらっしゃると思いますし、大小の違いはあれ、皆さん一人一人が影響を受けたと思います。
その影響により勉強のペースが乱れてしまった方も多いはずです。

しかし、まだ3か月あります。
この3か月を有効活用すれば、合格に一直線に進んでいくことが可能です。
とはいえ、ここからの3か月間、何をすればいいか迷う方も多いでしょう。
そこで、今後の学習指針を示す公開講座を実施しましたので、是非ご視聴いただければと思います。

★公開講座「2020年司法書士試験合格戦略~延期日程発表を受けて~」はこちら

本ブログでは、大きな幹となる総論部分、意識すべき3つのポイントをお話します。

point1 基礎知識のメンテナンス

本試験では、難解な知識や細かい知識ではあまり差がつきません。
司法書士試験合格の秘訣は、ライバルが知らない知識で差を付けることではなく、当たり前のことを当然に正確に処理できることです。
何よりも基礎レベルの知識とスキルの足固めを優先しましょう。

point2 弱点をなくす

本試験とは不思議なもので、自分が苦手な科目や分野に限って出題されたりします。
特に主要4科目は試験に占めるウエイトが大きいので、できれば毎日触れることが望ましくなります。
しかし、難解な論点や問題については後回しにしてしまいましょう。

point3 予行演習をする

一通りのサイクルが終わったら、公開模試や年度別過去問を解き、全科目のバランスの見直しや試験に関するカンを養いましょう。
自分に不足している点はないか、時間配分は適切かなどのメンテナンスを行いましょう。

公開講座では、その他にも択一式、記述式の戦略やモチベーションについても話をしていますので、是非ご視聴ください。

勝負はこれからです。
司法書士になって人生を変えてやりましょう。

宇津木卓磨

★宇津木卓磨講師がTwitterをはじめました!フォローはこちらから

YouTube: 宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさま”VOL.6~スピーディーに択一式を解く戦略~

YouTube: 2020司法書士「もう迷わない!最後の2択」Vol.1

2020年6月 8日 (月)

合格に向けて②〜休息も戦略の一つである〜

Img20190703170250033312_2

みなさん、こんにちは。

前回のブログでは、時間がない方におススメの具体的な学習方法をお話ししましたが、今回は『休息』についてアドバイスさせてください。

いきなりですが、みなさん休んでいますか?新型コロナウイルスの影響により、世の中は凄まじい勢いで変化をしています。人によって影響の大小はあると思いますが、みなさんにも何かしらの影響は出たはずです。
そして、試験も延期され、何もかもが初体験のことばかりです。
いろいろなことが立て続けに起き、疲れを感じている方もいるでしょう。
今回、お伝えしたいことは、『疲れたら、休みましょう。』ということです。

当たり前だと思うかもしれませんが、意識して休むことができている方は意外に少なく感じます。ここでいう「休む」とは、勉強をせずにダラダラして一日を過ごすということではありません。意識して脳を休ませることです。

私たちは、このSNSが発達した社会において、日々膨大な情報量に触れています。この講師ブログもそうです。そのことの良し悪しは横におきつつも、ネガティブなニュースなどに毎日触れていれば、自然と気分もネガティブになっていきます。
人は一日に六万回思考しており、その9割が同じ内容の繰り返しであり、かつネガティブなものが多いとされています。

そこで簡単なアクションプランですが、『何も考えない』時間を意識して作ると良いでしょう。例えば、家を掃除しているとき、掃除機をかけているときは何も考えないようにする。洗い物をしているときは何も考えないようにするなどです。
この際、「今、ここ」に自分はあると意識することがポイントです。

瞑想などもお勧めですが、まずは簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか。
なかなか試験に対するモチベーションが上がらない方は、是非取り入れてみてください。
自然と心と脳が整い、すっきりすることにより、モチベーションの維持がしやすくなると思います。

休むことに抵抗がある方は非常に多いですが、適度な休息は合格に必要不可欠なものであると私は思います。バランスをとりながら、前に、合格に向かっていきましょう。


YouTube:「宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさまでした”」のシリーズはこちら

試験実施延期を受けて増枠!「司法書士パーソナルカウンセリング制度」はこちら

宇津木 卓磨

2020年5月11日 (月)

合格に向けて①~焦らず,できることを淡々と~

Img20190703170250033312_2 

 いつも講師ブログをご覧いただき,ありがとうございます。皆さんいかがお過ごしでしょうか。新型コロナウイルスの影響により,今年のGWは今までに経験したことがない大型連休となりました。緊急事態宣言の発令・延長に伴い,テレワークに切り替えて働かれている社会人の方は多いのではないでしょうか。また,小さいお子様の育児をされている方や介護をされている方をはじめ,皆さん一人一人が非常に大きな影響を受けていると思います。

 そして,今現在受験生の方は非常に不安な気持ちになると同時に,試験勉強に対するモチベーションが低下してしまった方が多いのではないでしょうか。また,今後どのように学習を組み立てれば良いか悩んでいる方も多いと思います。

 まず,大前提としておかれた状況はみんな一緒です。誰もが一日に24時間しか与えられていないことと同じように,大小はありますが,みなそれぞれ新型コロナウイルスの影響を受けています。中にはテレワーク等でかえって勉強時間が減ってしまい,学習計画がうまくいかなくなった方も多いと思います。今回は,そんな方に対し,今後の学習計画等について具体的にアドバイスをさせていただければと思います。

 まず,「勉強時間が全然取れない…」と悲観的に捉えることはやめましょう。マイナスの感情からはマイナスの効果しか生み出しません。大変な時だからこそ物事をプラスに解釈することが重要です。その上で,状況に応じて学習対象を絞り込む必要があります。(目標設定のポイントは,直前期の過ごし方というブログを以前掲載しておりますのでご参考になさってください。)

 具体的な学習法ですが,択一式は「プレ模試+択一実戦力養成答練+全国公開模試」の問題を3回解きなおすことから始めてみてはいかがでしょうか。出題分野が重複しないよう工夫がされており,この3つを回すことによって本年度の出題予想分野が完結するつくりになっています。記述式はまずは,「記述式答案構成力答練」を復習しましょう。

 また,「全国公開模擬試験」は必ず受験してください。自分を客観視できる良い機会ですし,本試験のシミュレーションとしても有効です。注意点として,結果にあまりこだわりすぎないことです。思うように結果が出なくてもあまり気にしないことが大事です。また,結果が良くても油断してしまうと足をすくわれてしまいますので,気を引き締めましょう。自分の成績に振り回されて一喜一憂をすることは時間の無駄になります。

 残念ながら会場受験は中止になってしまいましたが,在宅でも緊張感をもって受験ができるように「時間管理ツール」がありますので,是非ご活用ください。

 
YouTube: 司法書士公開模試 午前の部 試験時間管理ツール

YouTube: 司法書士公開模試 午後の部 試験時間管理ツール

 もう皆さんは十分に頑張っていると思います。そんな皆さんに対し,頑張れと言うのは正直辛いです。しかし,非常に厳しい状況が続いている中,今できることをできる範囲で淡々とこなすことが何よりも大事だと私は思っています。人のことを気にする必要はありません。ご自身のペースで,少しでも、今よりも前に進んでいきましょう。


YouTube:「宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさまでした”」のシリーズはこちら

宇津木卓磨

2020年3月31日 (火)

直前期の過ごし方 目標設定編②

Img20190703170250033312_2

さて、今回は直前期の目標設定について具体的に考えていきたいと思います。
前回一番伝えたかったことは、「やらないことを決める」ということでした。
やらないことを決めることで、頭の中をクリアにすることによって、モチベーションが高まるのでお勧めです。

では、どのようにして分量を決めていけばいいのでしょうか。人それぞれ学習の到達レベルも違いますし、勉強できる可処分時間も当然異なります。
そこで、一つの目安として、これから使おうと思っている教材等が、最低3回繰り返せるかを考えていただければと思います。できれば6回繰り返せるとベターです。
3回繰り返せないようであれば、忘れるスピードに記憶が追い付いていけず、学習効果があまり期待できないので、思い切って手を付けない方が良い可能性が高いです。
「最低3回、できれば6回」このやるか迷ったら、この言葉を思い出しましょう。

また、繰り返す教材を決めて、学習計画を立てる際も、びっしり詰め込み過ぎないように注意が必要です。予定を詰めすぎてしまうと、達成できなかったときに、焦りが生じモチベーションが下がってしまいます。

なるべく大ざっぱに計画を立てることが大事です。具体的には「一週間」がお勧めです。また、イレギュラーで予定通り終わらないことが多いので、余裕をもって、自分の8割くらいの力で終わらせる量を設定すると良いでしょう。

ポイントは、「無理をせず、少し余裕をもたせる」ということです。

最後に、今現在コロナウイルスが猛威をふるい、中々思うように勉強ができない方が多いと思います。
外出の自粛などで、在宅学習をされる方も多いと思います。
伊藤塾では、YouTube動画をはじめ、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで様々なコンテンツを発信しています。また、カウンセリングも電話で行うことができます。是非ご利用ください。
厳しい状況が続いていますが、楽観的にも悲観的にもならず、今ある時間を大切にして共に頑張っていきましょう。合格に必ず近づくことできます。今年合格しましょう。

皆さんの学習を伊藤塾一同、最後まで応援します。


YouTube:「宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさまでした”」のシリーズはこちら

宇津木 卓磨

2020年3月24日 (火)

直前期の過ごし方“目標設定編①”

Img20190703170250033312_2

3月も中旬となり,だいぶ暖かくなってきました。答練もクライマックスですが、学習ペースは掴めていますか?

今現在、コロナウイルスの影響が多岐にわたり,日々不安に思っている方も多いと思います。在宅で学習をする機会が増えた方も多いでしょう。講師ブログを読んだり,Yooutubeなどの動画を視聴する機会も増えるかもしれません。

こんなときだからこそ、これから迎える直前期の過ごし方を踏まえて,「学習の目標設定」や「休息」について,ブログを執筆しました。

直前期になると,まず焦ります。

その焦りから、勉強に集中できなくなり,何から手を付けていいのか迷ってしまう方が多くいらっしゃいます。

その結果,色々な教材に中途半端に手を付けてしまい,繰り返しができないため,知識の精度が上がらない。→いたずらに時間だけが過ぎていく…。→そんな自分が嫌になって自己嫌悪に陥る。これでは悪循環であり,決して思うような成長も望めないでしょう。

直前期の学習で一番重要なことは、「絞込みと繰り返し」です。

この絞込みと繰り返しによって,知識の精度を上げ,本試験現場で「使える知識」に昇華させていくのです。換言すれば、「やらないことを決める」ということに直結します。

やらないことを決めることにより,頭の中がすっきりしてクリアになります。頭がクリアになれば、自然とモチベーションも上がっていきます。

今あれもこれもと手を出してしまい、やることに追われてしまっている方は,目標設定をする際に思い切ってやらないことを決めてみてはいかがでしょうか?

きっと,前向きに学習をすることができますよ。ブログを最後までご覧いただきありがとうございました。次回は目標設定について、もう少し具体的に一緒に考えていきましょう。

 
YouTube:「宇津木卓磨の司法書士”今日もおつかれさまでした”」のシリーズはこちら

宇津木卓磨

2020年1月29日 (水)

実戦力養成期と直前期の学習法

Img20190703170250033312_2

演習コースが開講し,早いもので択一式では民法の演習が終了しました。

やはり民法では,改正についての問題が思うように正解できない方が多くいらっしゃいました。改正に対しての不安は大きいと思いますが,まず大事なことは「改正の要点」を押さえることです。換言すれば,細かいことは気にしないことが非常に重要となってきます。

民法の改正に対して学習時間をかけすぎてしまうと,他の科目の学習に影響が出てしまい,合格から遠ざかってしまいます。

年明けから3月までの実戦力養成期は,主要4科目を中心に,全体をバランス良く学習することが重要です。その上で,今ある基礎的な知識を完璧に記憶しつつ,本試験の現場で実際に使う戦術を確立する必要があります。そのペースメーカーとして演習コースを活用すると効果的です。 

★民法改正に完全対応した新作問題で合格を掴む!大人気の「演習コース」はこちら

なお,この時期は演習が本格的に始まるため,どうしてもインプットが疎かになりがちになります。何事もバランスが大事です。演習(アウトプット)をしながら,お手持ちのテキストに戻る作業を意識してみてください。

そして,実力養成期が過ぎると,4月から直前期に入っていきます。

直前期は入門講座を受講している方も中上級講座を受講している方も,「絞込みと繰り返し」を意識することが重要となっていきます。

直前期になると,不安になることが多く,その不安から「あれもこれもやった方がいいのかな」と手を広げがちです。しかし,人間である以上は「量と正確性」は両立しません。

すなわち,直前期の学習は,自分が学習できる量を見極め,やると決めた教材を繰り返し,本試験で使える知識まで昇華させていくことが大事であり,そのツールとして最も適しているものが「出題予想」となるので,「直前パック」を有効活用していただけると良いでしょう。

本試験問題を予想することによって学習をする分量を大胆に減らし,知識の正確性を高めることができます。

★直前対策の決定版!宇津木講師の講座を含む「直前パック」はこちら

このように実戦力養成期と直前期では学習方法が異なっていきますので,直前期に入る前のこの時期に,本試験に対応できる力を養成していきましょう!また,4月までの学習スケジュールを大まかで構わないので,逆算して考えておきましょう。

厳しい寒さが続いており,体調を崩しやすい時期です。疲れたら無理せず休みましょう。


YouTube: 宇津木卓磨の「うかる択一式」で合格するための学習戦略

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

2020年1月 1日 (水)

決意新たに

Img20190703170250033312_2

新年明けましておめでとうございます。

元日というのは、本当に気分が一新され気持ちがいいものです。
たとえ去年の勉強が思うようにいかなくても全く気にする必要はありません。このタイミングでさっぱり忘れてしまいましょう。

今年勝負をかける皆さんは、当たり前ですが今年に目を向けなくてはなりません。まずは、『一年の計は元旦にあり』。今年の本試験日から逆算して、予定を立てることから始めてはいかがでしょうか?
このとき、大事なことは、自分が確実にこなせる量をワクワクしながら予定を立てることです。

計画を立て、いざ実行するときに全て予定通り、思い通りに進むことはほぼありません。
特に合格に近ければ近いほど、予想もしなかった出来事が起きたりするものです。計画をキツキツにしてしまうと、達成できなかったときにモチベーションが下がってしまいます。
したがって、実行計画を立てる際は、これだけは絶対に自分はできる分量を設定しましょう。
たとえ、それが小さい目標であっても全く問題ありません。一つ一つの目標を達成することにより、自分に自信が付き、合格へ邁進して行きます。
人がどう思うかなど、気にする必要はありません。
皆さんのペースで今年も一年間頑張っていきましょう。
そして近い将来、実務家になった自分を思い浮かべ、ワクワクしていただきたいと心から思います。

伊藤塾講師、スタッフ一同、皆さんの合格を心より祈っております。今年も全力でサポートさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

司法書士になって人生変えてやりましょうね。

★民法改正に完全対応した新作問題で合格を掴む!年明け開講の「演習コース」はこちら

★直前対策の決定版!宇津木講師の講座を含む「直前パック」はこちら

 
YouTube: 宇津木卓磨の「うかる択一式」で合格するための学習戦略

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

2019年10月22日 (火)

今後の学習の指針

Img20190703170250033312_2

日を重ねるごとに寒さも厳しくなり本格的な冬が近づいてきています。学習の調子はいかがでしょうか。また,台風19号等の災害により被災された皆様には,謹んでお見舞い申し上げます。

司法書士試験では,10月・11月は,学習のモチベーションが低下しやすい時期となるため,この時期に今一度2020年度の合格に,何が必要なのかということを今まで以上に考えていく必要があります。

入門講座を受講中の方と,中上級講座を受講中の方に分けてお話をします。

2020年度合格目標を目指し,今現在入門講座を受講中の方は,会社法の分量に圧倒されてしまい途方に暮れてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。会社法と商業登記法は学習する上での鬼門になりますので,講義を完璧に理解しようとはせずに,「とりあえずはそんなものか。」と割切ることも重要になっていきます。

司法書士試験はボリュームがあるため,最初から全てをこなすことは非常に難しいです。知識は後から身に付いてきますので,少し肩の力を抜いて学習をしていただければと思います。

続いて,中上級講座等をご受講の方に対してですが,大事なことは,自身の弱点を知り,基本的な知識を年内に固めておくことです。特に主要4科目(民法・不動産登記法・会社法・商業登記法)については,どこを補強するのかをきちんと把握する必要があります。復習する科目も増えてくるからこそ,これだけは必ず復習を終わらせるという教材を決めておくと良いでしょう。

また,記述式についても年明けに入る前までに,本試験レベルの問題に触れていくと今後の学習がスムーズになります。あまり時間が取れない方も最低限の問題演習は時間をとって行うと良いでしょう。

そうはいっても,学習状況は人によって違うわけですから,思うように学習が進んでおらず,今自分が何をやるべきなのか,あるいは,自分の学習スタイルがこれで良いのかなど,それぞれの悩みがあると思います。

そこで是非,伊藤塾の講師カウンセリング制度をご利用いただければと思います。講師カウンセリングでは,現状をしっかりと把握した上で,今後の学習の指針となるべきことをお伝えしていきます。またモチベーションが上がらない方もご利用していただければと思います。

<<<宇津木卓磨講師も担当する講師カウンセリング制度「パーソナルカウンセリング」はこちら

「やるべきこと」「やらないこと」を明確にし,2020年の合格に共に邁進していきましょう。

 司法書士になって人生変えてやりましょうね。

<<<民法改正に完全対応した新作問題で合格を掴む!年明け開講の「演習コース」はこちら

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨

2019年7月 7日 (日)

本試験を終えて

Photo

皆様、本試験、本当にお疲れ様でした。
これまで積み重ねた努力を思い切りぶつけたことは、本当に凄いことです。
試験の感触はどうあれ、サポートをしてくれた家族、友人などの大事な方に感謝の気持ちを伝えてあげてください。

そして、誰よりも自分自身に「良くやった。」「お疲れ様。」とねぎらいの言葉をかけてあげてください。

本試験が終わった今、何もする気が起きないという方も多いかもしれません。
しかし、実務家を志す皆さんは、いつまでも休んでいるわけにはいきません。
休む時間が長くなると、あっという間に「ただの人」に戻ってしまいます。
実務家は、ほぼ毎日自分の知らない知識が問われ、常に考え続ける力が要求されます。
そして、何より「タフ」であることが求められます。
「なんのこれしき」の精神でご自身を奮い立たせてください。

「鉄は熱いうちに打て」という諺があるように、本試験後すぐに、自己分析をすることは極めて大事なことです伊藤塾では、7/13(土)の東京を皮切りに、今年も講師陣・制作陣が総力をあげて「2019年度司法書士試験 本試験問題分析会」を実施します
自己分析のきっかけとして、是非本試験分析会にご参加ください。
毎年多くの受験生にご参加頂いている伊藤塾の分析会では、本試験の自己分析のための最良の素材となる詳細な解説冊子(択一・記述・自己分析ノート)をお配りし、それを用いて講師陣が本試験を徹底分析します。

>>※今年の本試験問題を伊藤塾講師陣が総力をあげて徹底分析!「2019年度司法書士本試験問題分析会」はこちら

分析会は単なる解説講義ではありません。今年の本試験でのポイントや来年への対策はどのようにすればいいかなど、次のステージに進まれる皆様に必ず役に立つイベントになっています。
分析会に参加することによって、自身を客観的に捉えることができ、何をするべきかが見えてきます。

特に来年は、改正民法による試験が開幕しますので、どのように対応するかが大きなポイントになります。その点についても、しっかりとお伝えしていきます。

また、伊藤塾では、7月・8月で全講師が集結し、特別カウンセリングを実施します。こちらも是非ご活用いただき、今ある不安を払拭していただければと思います。

>>※伊藤塾講師と話して不安を解消しよう!「本試験後の特別カウンセリング制度」のご案内はこちら

 これからも、伊藤塾講師一同、皆さんを全力でサポートさせていただきます。
共に前に進んでいきましょう。

Photo

>>※圧倒的な合格実績を誇る宇津木卓磨講師担当の「中上級コース」はこちら

>>※Youtube動画「宇津木講師が完全一貫指導「中上級コース」のご案内」はこちら

伊藤塾司法書士試験科講師 宇津木卓磨