伊藤塾司法書士試験科HP

伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

伊藤塾校舎ブログ

小澤クラスマネージャー Feed

2020年5月 4日 (月)

択一答練の活用法

皆さま、こんにちは。伊藤塾クラスマネージャーの小澤と申します。

今回は、ご参考までに私の年明け答練(択一実戦力養成答練)の活用法についてお話をさせていただければと思います。

実際私は、全回を通じても想定合格点を採ることができたのは、1~2回程度だったと思います。特に、マイナー科目については、想定基準点にも満たないこともあったように思います。

それでも今振り返ってみると、択一実戦力養成答練で出題された問題を使って、最大限にテキストの復習をして知識を確実なものにできたと思います。

答練を受けている以上、必ず自分の得点に向き合わなければなりません。想定合格点よりも大きく下回った得点をした場合には、当然のことですが、気分が落ち込みます。しかし、これをチャンスと思って、淡々とテキストの復習をして知識を確実なものとすることが合格へ近づく大きな一歩となると思います。

択一実戦力養成答練の問題は、過去の出題論点のみならず、予想論点も含まれていて本当に全てが良問です。また、択一実戦力養成答練のテキストには多くの知識が記載されているため、復習の材料としては最適です。

しかし、全てを網羅的に復習しようとすると多くなってしまうため、宇津木講師が講義で強調していた点についてより重点的に復習を行うと効果的かと思います。また、補助レジュメを使用した重要判例や予想論点の箇所については、しっかりと理解をして記憶をできるように復習を行うとよいでしょう。

そして、間違えた問題や理解の甘かった箇所については、該当部分について再度過去問を解くとより効果的かと考えられます。

やるべきことをしっかりと決めて、淡々と日々学習を進めていけば必ず合格に近づくことができます。ここからが勝負です。絶対に合格するという強い気持ちをもって、これからの直前期を全力で駆け抜けていってください。

皆様のご健闘を心よりお祈りします。

2020年2月25日 (火)

行政書士から司法書士へのステップアップについて

皆さま、こんにちは。伊藤塾クラスマネージャーの小澤と申します。

先日、行政書士試験の合格発表がありました。合格された皆様、誠におめでとうございます。合格後のプランについて考えていらっしゃる方も多いかと思います。

私は、行政書士試験(合格年度は平成27年度)、司法書士試験(合格年度は平成30年度)ともに伊藤塾で勉強をして合格することができました(共に2回目で合格)。

そこで、私から、行政書士試験から司法書士試験にステップアップする際のメリットについてお話させていただきたいと思いますので、おつきあいください。

まずは、行政書士試験の合格体験が司法書士試験の勉強をするにあたって大きなアドバンテージとなります。既に合格をしているということで合格のために必要なノウハウが身についていることになります。講義の受講、復習の方法、過去問等の演習の方法、模試の受け方、直前期の過ごし方、本試験日当日等、資格試験合格のために必要な経験をしているということは、司法書士試験合格のための大きな強みとなります。

そして、行政書士試験と司法書士試験では異なる試験科目もあり、司法書士試験の方が試験科目も多いですが、行政書士試験の勉強段階で法的思考力が身についています。

そして、憲法・民法・商法については、行政書士試験の勉強段階で勉強しているため、既に基礎力はあると考えられますが、ここからは、憲法・民法・商法の各科目毎にお話させていただきます。

憲法に関しては、行政書士試験のほうが司法書士試験よりもより細かな判例等について問われる傾向にありますので、行政書士試験に合格していれば、司法書士試験対策としてさらに学習範囲を広げて学習をするという必要はないかと思います。

民法に関しては、総則・債権については、司法書士試験対策として新たに学習をする必要は少なめかと思います。しかし、物権・親族・相続については、司法書士試験のほうがより細かな知識について問われる傾向にありますので、こちらについては重点的に学習をされるとよいかと思います。

商法に関しては、司法書士試験のほうが行政書士試験よりもはるかに細かな知識について問われますので、新たに学習をし直すというような心持ちで学習をされていくとよいかと思います。

行政書士試験に合格するために多くの時間を学習に充てて、法的思考力を身につけられたことと思います。その法的思考力を活かし、更に司法書士試験に合格できれば、実務における業務範囲も大きく広がることでしょう。

私は、行政書士試験の学習時に学んだ法律知識だけではなく、試験に対する心構えなど多くのことを司法書士試験の学習に活かすことができ、結果として司法書士試験についても短期で合格することができました。行政書士試験の合格から更に、司法書士試験にもチャレンジして本当に良かったと心から思っています。

行政書士試験に合格された皆様、ぜひとも司法書士試験へのチャレンジを検討されてみてはいかがでしょうか。

★ネクストライセンス「司法書士」のススメ ~行政書士×司法書士Wライセンスで業務の幅が拡がる!~