伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

2017年受験生を伊藤塾講師陣が応援!

こんにちは。

今年も「伊藤塾講師陣による応援動画メッセージ」企画!
ぞくぞくとUPしています!!

不安からモチベーションが下がりがちになるこの時期
是非、伊藤塾講師陣からエネルギーと勇気をもらってください。



動画は、随時UPしていきます!!
2017年 行政書士試験受講生 応援ページはこちら

最後までやり遂げましょう!!

2017年10月22日 (日)

継続するために必要なこと その2

みなさん、こんにちは。

前回、このタイトルでは

人は「痛みを避けて 快楽(喜び)を得る」

という性質・法則をお伝えしました。


是非、ご自分の普段の行動に当てはめてください。
結構、面白いことが分かりますよ。


あぁ、私は、これが嫌なんだ。
とか

あぁ、私は、こういうことが好きなんだぁ。
とか

どんなことに「痛み」を感じ
どんなことに「快楽(喜び)」を感じるか?

は、人により千差万別です。
全然、違います。


それは、その人が大切にしている、
大切にしたい「価値観」が異なるからです。


この話は、また後でしましょう。


さて、その上で先ほどの法則を
「続ける」「習慣化する」にどう活用するか?
ですが


私は、

「痛み」で始めて
途中、「快楽(喜び)」に切り替える

ことがいいのではないかと思います。


ダイエットのためにスポーツジムに通う。
という例でお話してみます。


この目的でジムに通う人は多いそうです。
と同時に、この目的で続けられず挫ける人も大変多いそうです。


ダイエット。
体重がやばい。脂肪を落とさないとまずいetc
何らかの理由でウェイトを落としたい。

正確には「落とさなくちゃいけない」場合
が多いと思います。


この場合、ウェイトを落とさなくちゃいけない理由が本当
であれば、最初のころは通い続けら得ると思います。

ヤバイ!ですから。

この目的が本人にとって本気・重要であればあるほど
最初のスタートエンジンのかかりは爆発的になると思います。

それほど「痛みを避ける」パワーは強いです。


但し、このヤバイ!ヤバイ!
裏の意味は「今のウェイトが嫌だ!嫌だ!」だけでは長くは続けられません。
すごく我慢強い人で、半年、すっごく強い人で1年ぐらいが限界と思います。


ジムに行く度に毎回「嫌だけど…」という痛い思いをしたらいきたくなくなりますよね。
だって、毎回行くたびに鞭打ちですから。
そんな痛いところにいきたくないはずです。


ですから、「痛みのパワー」を使って
はじめること、スタートダッシュすることができたら

できるだけ早い時期に「喜び」に転換していきます。


この「喜び」への転換の仕方は
あなたが持つ「価値観」と紐づけると良いと思います。


例えば、定期的に測定器で下がったウェイトや体脂肪を記録して「やった!進んでいる」と確認したり
毎日、変化が現れたウエストや二の腕を鏡で見て「細くなってる!いいね!」と確認するとか
毎回行ったことを記録していって「今日も私頑張っている!」と自己認識したりとか
良い友達に毎回良いところを褒めてもらったりとか
着たい洋服を切れるように近づいていく自分を毎回「あともう少しで着れる!」と確認したりとか

何でも良いのですが、自分が喜びを感じる価値観に合わせると良いと思います。


ちなみに、私の場合は、
「成長すること」に転換しました。

最初、ウェイトダウンの目的で通い始めたジム。
行くたびに「やせなきゃ。やせなきゃ。とやせていない自分を見るのが嫌(痛み)」でした。
「ヤバイ!ヤバイ!嫌だ!嫌だ!」
でも、その分、毎週通い続けられました。

ただ、その際、途中からダンベルなどウェイトトレーニングを取り入れたのですが
最初5キロを10回行うのが辛くて、しんどいのが
少しそれを我慢し、続けると、次に7キロが10回できるようになる。
またそれを少し我慢し、続けると、今度は、8キロが10回できるようになる。
そして、また…

このおかげで、継続的に通うことができ
もちろん、ウェイトダウンはあっという間に実現しました。

私の場合は、この「伸びていく・成長していく」実感覚がたまらなく好きになり
いつの間にかジムに通うことに「快楽(喜び)」を感じられようになりました。
実は、10年経つ、今も続いています。

このように、私の場合は「成長」という価値観に喜びを感じるタイプであったため
その価値観に上手に転換することで、嫌だったことを喜びに転換できました。

勉強についても、
「やらなくちゃいけない」という痛みだけだと
いつしか我慢の限界が来て続かなくなってしまうと思います。


なので、自分の価値観に基づいた「喜び」を結びつけるように
してみてください。


【ご案内】
いよいよ人気の平林クラスが開講します!10/24(火) 東京校。10/25(水) Webクラス。
2018年合格目標 行政書士合格講座 本科生 平林クラス 詳細>>

2017年10月20日 (金)

伊藤真塾長からメッセージ~これから行政書士試験の学習を始めようと考えている皆さんへ~

みなさん、こんにちは。

これから行政書士試験の学習を始めてみようと
考えている皆さんへ


伊藤塾 塾長 伊藤真から
動画メッセージをお送りさせていただきます。

Photo>>伊藤真塾長メッセージはコチラ


行政書士という仕事は、
自分の価値観を大切にしながら

等身大の自分で周りにに必要とされながら
生きていける。

そんな職業と思います。

それは大変なこともありますが
皆さん、事務所を開いて、ご家族を持って
お子さんの成長を見守りながら、笑顔のある生活をなさっているようです。

★法律をはじめて学習する方のための「合格講座 本科生 平林クラス」。
  いよいよ10/24(火) 東京校、10/25(水) Webクラスで開講します。
   開講日当日は無料体験受講ができます!
  >>人気の平林クラス 無料体験受講の案内はコチラへ

2017年10月19日 (木)

継続するために必要なこと

こんにちは。


何かを続けること。
何かを習慣化すること。


って意外と苦手としている方
多いですよね。


例えば、ダイエット、禁煙、そして、
勉強もそうかもしれません。


今日は、心理学の見地も少し入れて
このテーマについて考えていきたいな
と思います。


まずは、結論から。


私は、何かを継続、習慣化するには

「□□を○○へ転換する」

ことが必要かなと思っています。


人は、やはり「○○」がないと
継続ができません。


それは、人という生物が
進化・生存してきた歴史と関わりがあると思います。


もったいぶらないで、
□□と○○をお伝えしますね。


□□は、「痛み」。
○○は、「喜び(快楽)」。


「喜び(快楽)」は、ここでは「楽しさ」と置き換えても
良いと思います。


人も含め生物には

「痛みを避けて快楽を得る(向かう)」

という性質というか原理を持っています。


例えば、皆さんが遅刻したくないために
通勤の朝ダッシュしたり、来た電車に飛び乗るのは

遅刻する=賃金がカットされる、叱られるetc

の痛みを避けるためです。


例えば、普段忘れん坊の子が
ゲームの発売日だけの記憶がいい
外食する予定の日だけは覚えて帰ってくるのは

ゲームの発売日=あの待ちに待っていた楽しいゲームができる
外食する日=あのレストランで好物が食べられる。すっごい嬉しい!etc

の快楽があるからです。


加えていうと

「痛み」と「快楽」。
どちらのほうが強いかというと

痛みは、快楽の5倍程度の強さを持っている。
といわれています。

それだけ、「痛みを避けたい」という欲求は
人にとって大きいということです。

明日、朝5時に起きなかったら預金通帳から10万円を差っ引く。

明日、朝5時に起きたら預金通帳に10万円を振り込む。

とでは、前者のほうが行動する気になりやすいと思います。


もうひとつ加えると

この「痛みを避ける」というのは効果が大きい分だけ
副作用も大きく、人は長い時間耐えられません。

そのため「痛み」だけを与え続けた場合
ある時点でバーンアウトします。

所謂「根性」だけでは
人が続かないのはここに理由があると思っています。


一方で「快楽」にはその意味での副作用はありません。
どこまでも追い求めることができます。

少し長くなりましたので、一度、ここでしめて
次回にしますね。


【ご案内】
人気の平林クラスが開講します!10/24(火) 東京校。10/25(水) Webクラス。
2018年合格目標 行政書士合格講座 本科生 平林クラス 詳細>>

2017年10月17日 (火)

2017年「合格をかけたこの一問」~民法 時効~

こんにちは。

現在、伊藤塾 行政書士試験科では
中村・二見・呉3講師による

2017年度「合格をかけたこの一問」という
無料動画講座を配信しています。

この講座は、日々1問づつ、
2017年度合格にとって重要な問題(全55テーマ)を出題し
そのポイントを解説していく講座です。

講座は、伊藤塾マイページにご登録(無料)いただくと
どなたでも受講できます。
>>「合格をかけたこの一問」の登録はこちらから

一部の講義は、You Tubeでも配信しております。
どんなものなのか?見たい方は、
是非、下記よりアクセスいただけますと幸いです。


YouTube: 行政書士試験 合格をかけたこの一問! 民法 時効

2017年10月15日 (日)

2017年「合格をかけたこの一問」~憲法 表現の自由~

こんにちは。

現在、伊藤塾 行政書士試験科では
中村・二見・呉3講師による

2017年度「合格をかけたこの一問」という
無料動画講座を配信しています。

この講座は、日々1問づつ、
2017年度合格にとって重要な問題(全55テーマ)を出題し
そのポイントを解説していく講座です。

講座は、伊藤塾マイページにご登録(無料)いただくと
どなたでも受講できます。
>>「合格をかけたこの一問」の登録はこちらから

一部の講義は、You Tubeでも配信しております。
どんなものなのか?見たい方は、
是非、下記よりアクセスいただけますと幸いです。


YouTube: 行政書士試験 合格をかけたこの一問! 憲法 表現の自由

2017年10月14日 (土)

2017年「合格をかけたこの一問」~憲法 思想良心の自由~

こんにちは。

現在、伊藤塾 行政書士試験科では
中村・二見・呉3講師による

2017年度「合格をかけたこの一問」という
無料動画講座を配信しています。

この講座は、日々1問づつ、
2017年度合格にとって重要な問題(全55テーマ)を出題し
そのポイントを解説していく講座です。

講座は、伊藤塾マイページにご登録(無料)いただくと
どなたでも受講できます。
>>「合格をかけたこの一問」の登録はこちらから

一部の講義は、You Tubeでも配信しております。
どんなものなのか?見たい方は、
是非、下記よりアクセスいただけますと幸いです。


YouTube: 行政書士試験 合格をかけたこの一問! 憲法 思想良心の自由

2017年10月13日 (金)

2017年「合格をかけたこの一問」~民法 意思表示~

こんにちは。

現在、伊藤塾 行政書士試験科では
中村・二見・呉3講師による

2017年度「合格をかけたこの一問」という
無料動画講座を配信しています。

この講座は、日々1問づつ、
2017年度合格にとって重要な問題(全55テーマ)を出題し
そのポイントを解説していく講座です。

講座は、伊藤塾マイページにご登録(無料)いただくと
どなたでも受講できます。
>>「合格をかけたこの一問」の登録はこちらから

一部の講義は、You Tubeでも配信しております。
どんなものなのか?見たい方は、
是非、下記よりアクセスいただけますと幸いです。


YouTube: 行政書士試験 合格をかけたこの一問! 民法 意思表示

2017年10月12日 (木)

社会人の方におススメ動画のご案内~時間活用法~

みなさん、こんにちは。

本日は、普段お仕事などで


「何かにチャレンジしたい!
 でも、時間がなくて忙しい…。」 


そういう熱い気持ちをもたれている皆さんに
ご紹介したい動画があります。


YouTube: 時間がない!社会人の司法試験学習法

司法試験受験生向けとなっていますが
内容のほとんどは

「時間がないけれど
 何かにチャレンジしたい!」

皆さんにとって価値のある内容になっています。


是非、ご活用ください。
なお、講師は、伊藤真塾長です。

2017年10月11日 (水)

2017年「合格をかけたこの一問」~民法 制限行為能力者~

こんにちは。

現在、伊藤塾 行政書士試験科では
中村・二見・呉3講師による

2017年度「合格をかけたこの一問」という
無料動画講座を配信しています。

この講座は、日々1問づつ、
2017年度合格にとって重要な問題(全55テーマ)を出題し
そのポイントを解説していく講座です。

講座は、伊藤塾マイページにご登録(無料)いただくと
どなたでも受講できます。
>>「合格をかけたこの一問」の登録はこちらから

一部の講義は、You Tubeでも配信しております。
どんなものなのか?見たい方は、
是非、下記よりアクセスいただけますと幸いです。


YouTube: 行政書士試験 合格をかけたこの一問! 民法 制限行為能力者