伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

熱血!森先生の「モリエール」 Feed

2016年8月29日 (月)

熱血!森先生の「モリエール」 特別動画

みなさん、こんにちは。

直前期に入り
忙しいお時間を過ごされていらっしゃると思います。


中には、何をしていけばよいのか?
迷われていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。


今回は。そんな皆さんのために
森 広志講師が「おススメの書籍」と題した
特別動画を収録してくれました。


中身もよいですが、元気と勇気が伝わってくる。
そんな内容になっています。


限られたお時間の中だと思いますが
よろしければ是非一度ご覧いただけますと幸いです。


まだまだこれからですよ!


YouTube: 必見!直前期にオススメの書籍はこれだ!

2016年7月26日 (火)

熱血!森先生の「モリエール」 第11回

皆さん、こんにちは。

実力診断ハーフ模試も終わり
いよいよ直前期に突入していきますね。
一緒に頑張り、合格、絶対に手に入れましょうね。

さて、前回の答え合わせですね。
判例は、例外的に事前抑制が許される場合を、

①表現内容が真実でなく、
②専ら公益を図る目的のものでないことが明白であって、
③被害者が重大にして著しく回復困難な損害を被るおそれが
 あるときは、例外的に事前差止めが許される。

としております。

今回は、ちょっと細かいことを聞いてしまいましたが、
「北方ジャーナル」事件の判例に戻るいいきっかけに
して頂けたら幸いです。

以上、モリエールでした。

☆最新の「モリエール」は、『伊藤塾行政書士試験科通信「かなえ~る」』でお届けします。本日24:00までにご登録いただければ、明日の配信に間に合います。
登録がお済でない方は、是非、ご登録ください。
伊藤塾 行政書士試験科メール通信「かなえ~る」のご登録はこちらから

2016年7月19日 (火)

熱血!森先生の「モリエール」 第10回

皆さん、こんにちは。
晴れ間が続き、テンションも上げ上げのモリエールです。

「皆さんも、合格という名の花火、咲かせましょうね!」

それでは、記念すべき第10回目のモリエール、
今回は、さっそく憲法の問題といきましょう。

【問題】

表現行為に対する事前抑制は、規制側の予測に基づいてなされるため、濫用のおそれが大きく、また、実際上の抑止的効果が大きく、国民が委縮して、表現活動をやめてしまうことなどから、表現の自由に対する強力な禁圧方法となるので、一切禁じられている。

さあ、○か×か?


意外と、引っかかってしまう方もいるようですが、答えは「×」です。
「一切」禁じられるわけではなく、「表現の自由を保障し、検閲を禁止する21条の趣旨に照らし、厳格かつ明確な要件のもとにおいて許容され得る」と判例では言っております。


ふぅ・・、やっとここからが聞きたいことです。

「厳格かつ明確な要件」って具体的にはどんな要件でしたっけ?

さあ、皆さん、「Let's シンキング!」


☆最新の「モリエール」は、記述式対策について解説しています。明日配信予定の『伊藤塾行政書士試験科通信「かなえ~る」』でお届けします。本日24:00までにご登録いただければ、明日の配信に間に合います。登録がお済でない方は、是非、ご登録ください。
伊藤塾 行政書士試験科メール通信「かなえ~る」のご登録はこちらから

2016年7月12日 (火)

熱血!森先生の「モリエール」 第9回

皆さん、こんにちは。
今回のモリエールは、まずは御礼から。

おかげさまで、「うかる!行政書士過去問解法 パワフル実況中継!」
の初回視聴回数が1,000回を超えました!
観て下さった皆さん、本当にありがとうございます。

そして、まだご覧になってない皆さん・・・

「お1人、10クリックでお願い致します。」

・・・すいません、冗談です。 m(._.)m

お時間ある時に1回でもいいので、見てやって下さい。
うかる!行政書士 過去問解法 パワフル実況中継! ~憲法 1回~

過去問を解くことで
①「問われている知識の習得」はもちろん
②「出題のクセ、出題パターン、今後の出題予想」
等を読み取ることができます。

ただ、②をご自身1人で分析するのは
なかなか骨の折れる作業です。

そんな時こそ、我々伊藤塾の出番です。
講師のみならず、答練や模試などを
作成するスタッフ共々、日々一丸となって研鑽を積んでおります。

すべては、皆様のお役に立つため。

今後とも、少しでも皆様の負担を軽くできるよう
パワフルに頑張って参りますね。

「皆さん、一緒に合格を掴み取りましょう!」

以上、モリエールでした。

☆無料で誰でも参加できる「実力診断ハーフ模試」実施中です!是非、ご受験ください!
2016年実力診断ハーフ模試


☆最新号は、明日配信予定の『伊藤塾行政書士試験科通信「かなえ~る」』でお届けします。
本日24:00までにご登録いただければ、明日の配信に間にあいます。
登録がお済でない方は、是非、ご登録ください。
伊藤塾 行政書士試験科メール通信「かなえ~る」のご登録はこちらから

2016年7月 7日 (木)

熱血!森先生の「モリエール」 第8回

皆さん、こんにちは。
では、さっそく前回の解説から。

判例では
「一定の範囲で、教師に対し教授の自由が
 保障される。
 しかし、(中略)普通教育における教師に
 完全な教授の自由を認めることは、到底許されない。」
と述べております。


さあ、みなさん、どうだったでしょうか?

「学問の自由」の論点は、
いつ本試験で聞かれてもおかしくないですので、

忘れてしまった方は、
是非お手持ちのテキスト・参考書に戻ってみて下さいね。


ちなみに、ドイツの心理学者
エビングハウスさんによると、

人は20分後には42%を忘却し
1時間後には56%を忘却し
1日後には73%を忘却し
1週間後には77%を
1か月後には79%を忘却するらしいです・・・


「どおりで一昨日の晩ご飯、何だったか思い出せないはずだ!!」

・・・あっ、私の独り言です。


というわけで、人は忘れる生き物です。

みなさん、めげずにコツコツ一緒に頑張りましょう!


☆最新の「モリエール」は、行政書士試験科メール通信「かなえ~る」で
 お読みいただけます。今すぐ登録!
「伊藤塾 行政書士試験科メール通信 かなえ~る」のご登録はこちらから

2016年7月 3日 (日)

熱血!森先生の「モリエール」

皆さん、こんにちは。

先日、白髪を染めに美容室へ行き
染めすぎちゃって「茶髪のモリエール」です。


今回は、さっそく問題からいきますね。


<問題>

中学高校等の普通教育においては、児童生徒に教育内容を批判する能力がないこと、教師に強い影響力があること、全国的に一定の教育水準を確保すべき要請が強いことなどから、教授の自由が認められる余地はない。

○か×か。




正解は・・・×ですよね。


実は、お聞きしたいのはここからです。


正しいフレーズは、判例では
「○○の○○で、教師に対し教授の自由が保障される。
 しかし、(中略)普通教育における教師に○○な教授の自由を認めることは、
 到底許されない。」
と述べています。


さあ、○○の言葉が浮かぶでしょうか?


正解は次回で!

☆最新の「モリエール」は、行政書士試験科メール通信「かなえ~る」で
 お読みいただけます。今すぐ登録!
「伊藤塾 行政書士試験科メール通信 かなえ~る」のご登録はこちらから

2016年6月28日 (火)

熱血!森先生の「モリエール」 第6回

皆さん、こんにちは。
伊藤塾専任講師モリエールです。


はい、今回は、これ位の小ボケで
前回の解説いきますね。

正解は・・・○ですよね。


判例の判旨では

「およそ代替措置をとることが
 その方法、態様のいかんを問わず
 憲法20条3項に違反するということが
 できないことは明らかである」

としています。


なんか、こねくりまわして言ってますが

要は、「代替措置をとったとしても
憲法20条3項(政教分離原則)には違反しない。」

ってことです。

ってことは、

→「憲法違反じゃないんだから、学校側は代替措置をとれたでしょ?」
→にもかかわらず、「代替措置を何ら検討することなく退学処分を
 することは、裁量権の範囲を超える違法なものでしょ。」

とつながることになります。


今回は、『判旨読み込みの重要性』をお伝えしたく
記事にしてみました。


もちろん、テキストや参考書に載っている判例の全ての判旨を
押さえることは、至難の業ですし、非効率です。


今回のように、
判旨の部分が問題で問われたときに

該当部分の判旨を読み込むと
より鮮明にフレーズが頭に入ってくるはずです。

是非、今回の出題を機に
該当判例の判旨を読んでいただければ
幸いに思います。

な~んか、そろそろ本試験で聞かれそうな
気がするんですよねぇ
・・・(講師暦15年の勘、たまに的中します。)

・・・たまにかよっ!!

・・・はい、ボケ・ツッコミも決まったところで
今回はこれにてお開きとさせていただきます。


ではでは。


☆最新の「モリエール」は、行政書士試験科メール通信「かなえ~る」で
 お読みいただけます。最新22号は、明日6/29配信日です。
 本日24:00までのご登録で、明日の配信に間に合います!今すぐ登録!
「伊藤塾 行政書士試験科メール通信 かなえ~る」のご案内はこちらから

2016年6月21日 (火)

熱血!森先生の「モリエール」 第5回

皆さん、こんにちは。モリエールのお時間です。


『モリエール』、だんだん浸透してきたのでしょうか。
先日、「モリエール先生~!!」とお声がけいただきました・・

・・・

・・「周りの人、意味不明ですから~!!」

・・はい、では前回の答え合わせから。


正しくは、『憲法14条1項の規定』ではなく
『民法90条の規定』ですよね。
いわゆる『間接適用』の論点でした。


では、本日も問題いきましょう。

<問題>

信仰上の理由により剣道実技の履修を拒否した学生に対して
学校側が代替措置をとったとしても、政教分離原則に反するものではない。


さあ、○か×か。
これ、結構答えられない人多いんですよ。

では、答えはまた次回に。

【好評!配信中 伊藤塾 行政書士試験科メール通信「かなえ~る」 6/22水配信日です】
全国で5,600名以上の方が購読中の「伊藤塾 行政書士試験科メール通信 「かなえ~る」。
講師・合格者等が執筆した行政書士試験に役立つ最新情報をお届けしています。
本日6/21火 24:00までにご登録いただければ、明日の配信に間に合います!
「伊藤塾 行政書士試験科メール通信 かなえ~る」のご案内はこちらから

2016年6月 5日 (日)

熱血!森先生の「モリエール」 第3回

皆さん、こんにちは。
「あなたを優しく包む モリエール」のお時間がやってまいりました。


先ずは、先日お伝えしました、「うかる!過去問解法 パワフル実況中継!」
ですが、

おかげさまで、たくさんの方々に見て頂いております。
この調子ですと、順調に第2弾を配信できそうです。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

まだ見てない方は↓↓↓↓↓

うかる!行政書士 過去問解法 パワフル実況中継!~憲法 2回~
YouTube: うかる!行政書士 過去問解法 パワフル実況中継!~憲法 2回~



さて、今回は、いきなりですが皆さんに憲法の問題を出します!

「見せてもらおうか 君の憲法力とやらを!」

はい、分かる方には分かるセリフですみません・・・

では、さっそく。


<問題>

未決拘禁者の閲読の自由については、閲読を許すことにより監獄内の規律及び
秩序が害される一般的、抽象的なおそれがある場合には、制限することができる。

さあ、○か×か?


まあ、あえて聞く位ですので、答えは、「×」なのですが、聞きたいのは
こっからです!

どのフレーズが誤りで、正しいフレーズは?

さあ、どうでしょう?浮かぶでしょうか?

正解は・・・

・・・

次回につづく!

2016年5月29日 (日)

熱血!森先生の「モリエール」 第2回

皆さん、こんにちは!
本日も始まりました『モリエール』。



もう1回だけツッコんでおきますが、
「洗剤じゃないですよ!!」happy02


・・・はい。では、始めましょう!


今回のテーマは、【問題演習の解き方】です。

「各肢のどんな所に気をつけて正誤を判断すればよいのか。」
「正解に辿り着くためにはどのような思考過程を経ていけばよいのか。」

ピンポイントでレクチャーしてくれるものがあったらいいですよね。


「安心してください!ありますよ!」
・・・はい、それがこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓


YouTube: うかる!行政書士 過去問解法 パワフル実況中継! ~憲法 1回~


その名も『うかる!過去問解法 パワフル実況中継!』

・・・どうです?ツッコミどころ満載のタイトルでしょう。scissors

さあ、気になってしまった皆さん。
先ずは動画を“Let’s クリック!”
皆様のお越しをお待ちしております。happy01


YouTube: うかる!行政書士 過去問解法 パワフル実況中継! ~憲法 1回~

※当内容は、伊藤塾 行政書士試験科が発行しているメール通信「かなえ~る」から、バックナンバーを掲載しています。