伊藤塾おすすめリンク

  • お問い合わせ・受講相談
    伊藤塾各校舎へのお問い合わせ先、アクセスのご案内です。 お気軽にお電話・来校ください。
  • イベント
    ガイダンスや無料体験講義に参加して塾の特長や講座内容、担当講師、試験制度等をより深く知っていただくことができます。
  • メールマガジン
    定期的に学習に役立つ内容を発信しております。
  • 書籍案内
    皆さんの学習に、あるいは学習の合間に。本物の法律家になるために一度は読んでいただきたい書籍が揃っています。

学習方法 Feed

2016年1月28日 (木)

ロースクールでの学習を助ける補助教材

今回は、米国ロースクールに通う学生が使用することのある補助教材をご紹介します。LL.M.を対象にしたような発展的な科目については出版されていないものもありますが、司法試験で出題されるような基本科目については、かなりの科目について出版されています。

 

1 市販の参考書

(1)各法律分野の全体像を簡潔に解説する入門書

  • Nutshell Series (West)
  • Understanding Series (LexisNexis)
  • Concise Hornbook Series (West)

 

(2)ケースブックに対応しており、ケースブックで扱われている判例の重要事項を中心にまとめられている書籍

  • The Emanuel Law Outline Series (Aspen Publishers)
  • The Black Letter Outlines Series (West)
  • The Gilbert Law Summaries Series (Gilberts)

 

(3)各法律分野を解説するとともに、例題とそれに対する解答を豊富に掲載している書籍

  • The Examples & Explanations Series (Aspen Publishers)

 

2 各ロースクールのオンライン・システム

ロースクールによりますが、ロースクールによっては、学生によって作成されたOutlineやノートを集約したオンライン・システムがある場合があります。教授や科目ごとにまとめられています。授業ノートを取るのに苦労している学生にとっては、自身のノート・テイキングの助けになり得ます。ただし、あくまでも学生が作成したものであり、教授や他の学生のチェックが入っていない場合があることや、過去の授業のノートやそれに基づくOutlineであるため、内容が古い可能性がある点については注意が必要です。

 

3 その他のオンライン・システム

LexisNexisやOutline Depot等、Outlineを検索することのできるウェブサイトもあります。

 

以上のように、ロースクールでの学習の助けになる教材が多数出ています。ただし、どの教材に関しても、最後に改訂されたのがいつかを確認するなどし、判例変更等の新しい情報がきちんと反映されているかに注意して使用することが必要です。また、ロースクールでの学習は、あくまでも講義で指定されているケースブックと講義が中心です。参考書でケースブックを代用することはできません。英語で書かれた難しい判例を1日に何十ページも読むのは時間もかかりますし、大変苦労する作業ですが、まずはケースブックをしっかり読み込みましょう。その上で、疑問点を解決するためのツールとして、易しい英語で簡潔に説明する参考書を適宜参照することは学習の役に立つと思います。

2015年4月16日 (木)

Guidance: Helpful references for your LL.M. preparation

Legalinesprofseries

Preparing for your LL.M. study in the U.S. requires time and effort. With everything that has to be done prior to your move to the U.S. (such as securing housing, moving your stuff, getting a mobile phone, opening a bank account, securing your health insurance, etc.), it is easy to overlook your preparation for the actual coursework involved in the LL.M. program.

Going about the task of studying in advance for your LL.M., however, can be stressful if you have no idea where to start and which sources could help you the most. With limited time on your hands and a wealth of information out there, it is easy to feel overwhelmed. Here is a short list of resources to help you get started:

1. Your law school’s online system

Your first and one of your most important resources is your own law school’s online system where you can access information on law journals, school journals, and even outlines made on certain courses offered in their program. One example is the UC Berkeley online system which offers sample outlines for students to review.

2. Commercial Study Aids

There are numerous commercial publications out there that provide briefs or outlines of cases contained in casebooks used in the classroom. These are especially helpful when you have limited time to prepare for exams. The following are just some examples:

  • Concise Hornbook Series (West)

In the Concise Hornbook Series, legal concepts are discussed briefly and concisely to provide a clear profile of the said area.

  • Emmanuel Law Outlines Series (Aspen Publishers)

This series includes detailed and itemized discussions of various legal concepts in a wide range of topics.

  • Examples & Explanations Series (Aspen Publishers)

This series contains several practice exercises and relevant explanations helpful for students who want to assess their proficiency in various areas of the law. Most J.D. students use this series complemented by either the Gilbert or Emmanuel series.

Examples_and_explanations_28

  • Gilbert Law Summaries Series (Gilberts)

Similar to the Emmanuel Law Outlines Series, this also contains detailed discussions of various legal concepts.

  • Understanding Series (LexisNexis)

Similar to the Nutshell Series, the Understanding Series also provides an outline of the pertinent elements and concepts involved in a range of subject areas. The series, however, makes use of more case laws as samples which serves as good further reading to build on your knowledge of the common law.

  • Nutshell Series (West)

The Nutshell Series touches on the important points involved in each of the law subject areas. The book discusses legal concepts in a brief and concrete manner while explaining jargon. This book is a good introductory book for the study of the U.S. legal system.

Nutshell_4   

Audio Resources

There are also a number of audio resources in CD and MP3 Format that contain lectures covering a wide range of key legal topics.  

  • Bieler Audio Series
  • Casenote Legal Briefs (Aspen Publishing)
  • Sum & Substance Audio CD (West)

3. Online sources

Lexis Nexis and Westlaw are two essential online legal research tools that offer outlines and capsule summaries helpful for studying for classes and exams. These sites also provide various resources about surviving law school and to help you research about law firms.

C-Span’s US Supreme Court Case Law is an interactive timeline featuring facts, photos, interviews with experts, and other videos about significant events in the Supreme Court's history, dating from its first meeting in New   York in 1790 up to the present.

Websites like JD Supra and Law.com offer wide range of legal news and commentary on various areas of law. The American Bar Association has a comprehensive listing of law-related blogs, also known as blawgs.

Finally, law students often access websites such as Outline Depot where they can view outlines made by other law students.


We hope you found this list helpful. Indeed, there is no shortage of resources for those really want to learn about the law!

 

2015年4月 9日 (木)

Guidance: English Proficiency

02

Sometimes, specially in the case of non-native speakers, there may not be enough confidence in one’s English abilities. One must keep in mind that during your law study you will have no time to study English. So, prior to going to law school make sure that your spoken and written English is already fairly good to catch up with the sophisticated and complicated legal concepts in your class.

If your English level is not as strong as you want it to be, having a back-up plan could help you a lot. For example, during lectures you can ask the permission of your professor to record the discussion. Keep in mind that lectures are just as important as the textbooks as it is the professor who will be writing the exam.

Remember to pay attention to note-taking and to attend all the lectures and seminars.

The LL.M. Advantage

Having a U.S. law degree can be a highly valued credential among Japanese lawyers (civil law tradition). But beyond the degree, having the law school “experience” can bring you a competitive advantage. With your LL.M. degree, you can have the additional qualification that shows your knowledge of U.S. legal principles and attract a foreign client-base.

Your LL.M. degree can help you improve your credentials, allow growth in your career and expand your options.

2015年3月19日 (木)

【開催まであと2日!】アメリカ法学習講座 開講直前説明会

アメリカ法学習講座は、4月に新たな開講を迎えます。

そこで、講座内容やアメリカ法学習のメリットを皆さんにお伝えするため、

下記の日程で開講直前説明会を行います。

日時:3月21日(土) 11:00~13:00

場所:伊藤塾 東京校(渋谷)

詳細は下記HPをご覧ください。

http://www.itojuku.co.jp/shiken/llm/event/DOC_049620.html

途中入退室自由、参加無料のイベントです。また、事前のお申し込みは不要です。

お気軽にご参加ください。

2015年3月12日 (木)

【3/21(土)開催!】アメリカ法学習講座 開講直前説明会

アメリカ法学習講座は、4月に新たな開講を迎えます。

そこで、講座内容やアメリカ法学習のメリットを皆さんにお伝えするため、

下記の日程で開講直前説明会を行います。

日時:3月21日(土) 11:00~13:00

場所:伊藤塾 東京校(渋谷)

詳細は下記HPをご覧ください。

http://www.itojuku.co.jp/shiken/llm/event/DOC_049620.html

途中入退室自由、参加無料のイベントです。また、事前のお申し込みは不要です。

お気軽にご参加ください。

2015年3月 5日 (木)

【3/21(土)開催!】アメリカ法学習講座 開講直前説明会

アメリカ法学習講座は、4月に新たな開講を迎えます。

そこで、講座内容やアメリカ法学習のメリットを皆さんにお伝えするため、

下記の日程で開講直前説明会を行います。

 

日時:3月21日(土) 11:00~13:00

場所:伊藤塾 東京校(渋谷)

 

詳細は下記HPをご覧ください。

http://www.itojuku.co.jp/shiken/llm/event/DOC_049620.html

 

途中入退室自由、参加無料のイベントです。また、事前のお申し込みは不要です。

お気軽にご参加ください。

2015年2月26日 (木)

LL.M. Preparation Courses

Most people from Japan preparing for LL.M. study in the US still rely on books on American law written in Japanese. However, because LL.M. programs are designed for those with a basic understanding of American law, little attention is paid to detailed descriptions of basic principles during the LL.M. course lectures. As a result, many students end up spending most of their valuable time studying abroad without being able to adapt to the demands of the LL.M. course.

For this reason, Itojuku offers courses that will enable you to acquire basic knowledge and the necessary skills in preparation for your LL.M. study in the US. By learning the basics of American law before going abroad, you can reduce the burden of your preparations, deepen your understanding of the contents of your LL.M. study, and make better use of your time abroad.

Many of you may be thinking of beginning your preparation for your study of US law when you commence your study abroad. However, once you begin preparing for your study abroad, you will be become too busy with language study and application procedures that you may not have enough time to study American law. In order to pace yourself, we recommend that you begin preparing your study of American law at the early stages of your preparation for your study abroad.

Itojuku's LL.M. Preparation Courses>>

Highlights

1)       Simulates LL.M. study while in Japan. Includes lectures that help enhance various skills such as argumentation and negotiation skills in English.

2)       Deals with topics in the MBE(Multi-State Bar Exam)that are also found in the state Bar Exams.

Packed with the latest information on US Law Schools and LL.M. Study!

2015年2月23日 (月)

【講座のご紹介】LL.M.留学対策コース

日本からLL.M.留学するほとんどの方は、渡米前の時点では日本語で書かれたアメリカ法の本を読むといった準備にとどまっています。しかし、LL.M. では、アメリカ法の基礎的な理解があることを前提として講義が展開されるため、アメリカ法の基本原則などの詳細な説明には関心が払われません。結果としてLL.M.における学習のコツをつかめないまま、貴重な留学期間の大半を過ごされているという現状があります。

そこで、伊藤塾では、留学前に一定のアメリカ法の基礎知識や学習スキルを習得できる講座いたしました。アメリカ法の基礎を予め学習したうえで留学することにより、留学生活における予習の負担を軽減できるほか、LL.M.における学習内容の理解が深まり、時間をより有効に活用できるといった結果が期待できます。

アメリカ法の学習は留学準備を始めてから考えようとお考えの方が多いかもしれません。しかし、いざ留学準備を始めると語学対策や出願手続に追われ、アメリカ法の学習に充分な時間を割くことは容易ではありません。ご自分のペースに合わせて、留学準備の早い段階からアメリカ法の学習を開始することをおすすめいたします。

伊藤塾のLL.M.留学対策コース>> 

ポイント

1)日本にいながらLL.M.留学をシミュレーション。双方向で行われるLL.M.の講儀形式に対応するスキルや、英語による議論・交渉力も身につく。

2)名州のBar Examに共通して出題されるMBE(全米共通司法試験)の科目に対応!

3)米国ロースクールやLL..M.留学に関する最新情報も充実。

☆コース受講者のみの特典講義☆                                      

・スタートアップ講義 The Bar Experience for the Prospective LL.M. Students      

全4回/5時間

2015年2月19日 (木)

American Law Studies Courses

For those of you who are thinking of studying American Law, do you think reading books is enough preparation? A lot of people seem to think so. However, because the US, unlike Japan, makes use of the case law principle in its legal system and because of the complexity of the relationship between federal law and state law, systematic self-study can be very difficult. Even if one reads judicial precedents in earnest, it is possible to miss important points.

Itojuku’s American Law Studies Courses offer lectures that help Japanese students increase awareness of their weaknesses in understanding US law. Even those just starting to learn about American law may commence their study through Itojuku’s courses and be able to acquire the necessary and sufficient knowledge needed for work. In addition, those who have already studied American law can take advantage of our courses as an opportunity to organize their knowledge more systematically and to cultivate a deeper perspective.

With the use of leading cases in prominent/ noted/ notable/ renowned fields, and by being conscious of one’s perspective and reading of legal systems, legal terms, and case law, it is possible to learn effectively within a short period of time.

Itojuku's American Law Studies Courses>> 

Highlights

1)Step-by-step, systematic study of American law with a curriculum that is useful and relevant even for those without prior background in US Law.

2)Learn the essence of American law more efficiently than through self-study.

3)Gain an understanding of American law along with its application in real-life legal practice.

2015年2月16日 (月)

【講座のご紹介】アメリカ法学習コース

アメリカ法の学習を始めようとお考えの方の中には、本を読んで独学で足りるのでは?と思われる方も多いことでしょう。

しかし、アメリカは日本とは異なる判例法主義と呼ばれる法体系をとっており、連邦法と州法の関係といった複雑なテーマもあることから、独学では体系的な学習が難しく、ひたすら判例を読んでもポイントが掴めないという状況が生じます。

伊藤塾のアメリカ法学習コースは、日本人が陥り易い弱点を意識した講義内容となっています。そのため、アメリカ法の初学者の方でも無理なく学習を開始することができ、このコースを受講することによって、仕事をするうえで必要かつ充分なアメリカ法の知識を習得することができます。また、アメリカ法について学んだ経験をお持ちの方にとっては、知識を体系的に整理し、より深い視座を養う機会として活用いただきます。

名分野におけるリーディングケースは何か、法律制度や法律用語、判例の読み方と着眼点を意識することで、短期間で効果的な学習をすることが可能となります。

アメリカ法学習コースの詳細はこちら>>

ポイント

1)初学者にも安心のカリキュラム。アメリカ法を段階的体系的に学習できる。

2)独学の場合よりも効率的にアメリカ法のエッセンスを学べる。

3)実務とのつながりを意識しながらアメリカ法を学習することができる。

☆コース受講者のみの特典講義☆                                      

・スタートアップ講義 The Bar Experience for the Prospective LL.M. Students      

全4回/5時間